« キヤノン パワーショットG1 | トップページ | チノン スーパージェネシス »

2013年7月 3日 (水)

カシオ QV-3000EX

P8161405_1_1_3  「Rikkieさんの恋愛観を教えてほしいんです!」

なんすか、藪から棒だねえ。ありがたい物で、拙僧のような妄想癖が有って言葉を知らない半端物にも友人がいて、帰郷するたびに5~6人は集まってくれるのだ。勿論、別に拙僧の為じゃなくて、「帰郷した友人と久しぶりに会うから、ちょっと飲んでくるわ。」という理由がないと、我々もアラフォーで家庭持ちだから級友と酒を飲むのも細君に響きが悪いというのが真実だろうが、それでも拙僧としてはありがたい物である。これだけでも、埼玉県でx番目に馬鹿な高校を卒業した幸いがある。

レギュラーメンバーの中には親しくさせて頂いている方もいらっしゃるのだが、ちょっと後輩で拙僧個人とは接点が薄い方もいらっしゃるのだ。それで、その薄い方が酒がまわった頃に口から出したのが前述の言葉なのだ。そんなハイティーンの頃じゃあるまいし、今更と思ったのだが、事態はもっと深刻だったのである。

Image1  我々が若い頃は合コンに勤しんでいたものだ。今では街コンなんてのがあって、地方自治体が婚活をサポートしてくださるそうだ。羨ましい話だが時代が違うので仕方ないな。それで、拙僧の故郷のイルクーツクで友人の主催した「アイススケート合コン」があったらしい。らしいというのは拙僧は全く記憶に無いのだ。それで、拙僧が誘った女子と仲良く話をしたり手を繋いでスケートを滑っていたりしたそうなのだ。拙僧のような運動神経ゼロ人間がスケートを滑っていたというのは信じがたいが、まあ、拙僧のやりそうなことである。ややこしいというのが、その発言の主が狙っていた女子というのが拙僧が仲良くしていた女子だったそうなのである。つまり、拙僧が恋の邪魔をしたというのだな。

Image3 でもねえ。拙僧はその時に電話番号も聞いていなければ名前も聞いていないのよ。そもそも、「拙僧が邪魔して実らない恋は実らなかったんじゃないのかい。」とは、流石の拙僧も言わなかったですよ。白状すると、拙僧は高校を卒業してから東京に住んでいたじゃないですか。専門学校も卒業したし、かなりハードな仕事もしていた。それで、東京ではそれなりに失恋して傷ついたりもしていましたよ。だから、イルクーツクに帰るときは骨休めだったんですよね。だから、別に戦争をしようなどという気は無く、「久しぶりに故郷の友人に会えて嬉しいね。初めて出会う女子もいてもっと嬉しいね。今日も楽しかったわ。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。」で東京に帰りたかったんですよね。拙僧が迂闊だったのは、拙僧は骨休みだったのだが、彼らにとっては戦場だったのだ。

Image2

 それは確かに申し訳なかったなあ。でもねえ、それはその時に言ってくれないとねえ。言われれば拙僧も気を使うわあ。それに、それって15年くらい前の話だよねえ。15年前に言ってくれよ。

「今でも俺はその子を押し倒そうと思えば押し倒せるんだ。」

じゃあ、押し倒したらいいじゃん。いや、今度は拙僧も黙って見ているわ。多分、彼はそういいながら10年先も20年先も酒を飲むのだろう。ファンタジーなのだな。それはそれで結構な話だろうな。実らなかった恋だからこそ、永遠に楽しめるのだ。礼を言われてもいいくらいだな。

ちなみに、上記の画像は拙僧がバンクーバ在住時代の物である。10年も前の話だし、外国人同士ということもあって親近感を共有した標準的なコミニュケーションなのである。決して、いちゃついている訳ではない。紳士な日本人像を(概ね東アジア方面に)アピールしたのだから、褒めていただいてもイイな。

Dscn4786_2 本カメラはカシオが旧世紀に送り出したデジカメである。諸説はあるが我が国で最初に発売された300万画素級デジカメなのだ。レンズがキヤノン製というのが不安定な当時の政治状況を思わせるな。最初の300万画素級デジカメとして競っているのがキヤノンのパワーショットS20なのだが、本カメラのような優秀なレンズは搭載していない。なかなか素晴らしい画像を撮影するのだが、当時は「カシオのカメラだから画質は良くないに違いない」と言われて売れ行きは芳しくなかったようだ。言っていたのはライターやガジェット好きである。全く足を引っ張ったものだな。

05230005

 もっとも、当時のカシオが画質で戦争をしていなかったもの事実だ。QV-10で成功したカシオは、カメラとしての基本性能よりも既存のカメラのイメージに捕われない使い勝手で勝負していたところがあった。本カメラで懲りたのか、カシオはその後もカメラとしての基本性能よりは、他社にないユニークな特性で売っている。例えば超高速連射のエクシリムEX-F1とか、それを小型化したエクシリムEX-FC150とかだ。それはそれなりに成功しているように見える。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« キヤノン パワーショットG1 | トップページ | チノン スーパージェネシス »

コメント

おはようっす Rikkie師匠。

>ファンタジー・・・実らなかった恋だからこそ、永遠に楽しめるのだ。
あははっ^^;) まさにそのたうりですな。
アラフィフっともなれば、もうそれだけが唯一の肴です。
美化・脚色・妄想の衣を付け、時間壺でじっくり発酵させてますから、
他人様にはかなり芳ばしいでしょうが。
ちょっぴり(...盛大に)後悔の薬味を利かせて、丼三杯は行けます^^)。

カシオのQVっといえば、QV2300~2900の面白カメラが(こそが)、
"カシオらしい"っと思います。また何時か掘り下げてやってつかぁさい。

投稿: 鍛冶屋 | 2013年7月 3日 (水) 08時08分

どもども、鍛冶屋殿。

拙僧も若くて勢いのある頃には、自分の若い頃を語る「おっさん」は鬱陶しいなと思っていました。しかし、自分が「おっさん」になると日々の暮らしはきつすぎて、「あの頃」の話をしたくなりますよねえ。もっとも、そういう話は時代を共感できる世代の中でに限ったほうが無難でしょう。

拙僧は方々でそういう「女子がらみ」の恨みを買っていたとは思うんですよね。旧世紀のツーリングクラブだと、男子は頑張って速く走ろうとするじゃないですか。そういうのは女子には全く響かず、逆に「なんか怖い」と思わせるんですよね。なんで、「あの連中は好きにさせておけばいいよ」と言って残った女子とゆっくりコーヒーを1杯やっていましたよねえ。ちゃんとした理由が無くも無くて、当時の男子は今どきの若い連中とちがって、デリカシーが無いから、女子の「ちょっとトイレに行きたい事情」とか察することが出来なかったんですよね。その辺を拙僧が調整したのですが。念のために言っておきますが、それで拙僧がモテたかというと全くモテなかったですよ。「女性にマメ」と「女性にモテる」は全くベクトルの違うセンスであり、前者が後者に成り替わることは100%不可能なんですよね。
もっとも、それでも当時の女子と今でもちょいちょいメールをしたり帰郷の際に会ったりするのは、拙僧にしては良い仕事だったと思っていますが。

カシオのQVシリーズ。とりわけレンズが回転する物件はちゃんと報告させて頂きたいものです。なのでちょっと温めています。回転レンズと光学8倍ズームの組合せというのは、21世紀ではなかなか不可能でしょうな。本当に、それで娘さんの運動会を撮影できるのか、ちゃんと考証したいですね。
カシオが一度決めたデザインのポリシーを変えないのは、コダワリのある現場技術者に裁量があるというよりは、硬直的な官僚組織でフレキシブルな対応ができないのではと、ちょっと思っています。エクシリムEX-Zのきめ細かいマイナーチェンジを見るからに。有名なNHKの「QV-10誕生神話」を思い返しても、満更見当違いでもないと思うのですが。

それでいて、EX-F1のような思い切ったカメラが登場するのも、官僚機構を突破した若いパワーを感じて良い物です。

投稿: Rikkie | 2013年7月 3日 (水) 10時05分

どういう訳か過去落札したカシオはみ~んなピントが合わなかったのです。幸い馴染みの出品者でしたから返品送料から落札金額まで、一報と同時に振込んで来る律儀さで何の被害も無いのでアリマス。
カシオの電卓は合計金額が違ってたのでは。んな訳ゃナイですよね。
世事に疎いので恋愛トレンドにつきましては言及できません。

投稿: プラ亀 SS | 2013年7月 3日 (水) 15時36分

どもども、近衛教導団長殿。

拙僧の戦歴ではカシオは突然死することが、ちょいちょいありますね。撮像素子がパーになるとかメモリを認識しないとかではなく。AFとかAEがダメになるのは200~300時代のファインピクスでしょうか。特にA310が壊れる。実はファインピクスが良かった時代はファインピクス4500とかファインピクス30iとか、その頃なのではと思うことがあります。A201/202も良かったですなあ。

白状すると、「濃い方のブログ」で閣下の宿題に答えるのにかなり消耗しました。正直言うと「国家社会主義」だけは自信が無くてWikiを開きましたね。

しがし、我師団の士気は上がっています。今後も御叱咤のほどをお願いします。

投稿: Rikkie | 2013年7月 3日 (水) 18時13分

それはそれは毎度ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
ワタクシメも白状致しますと、古代中华史と思想が朧げながら、ホントうっすらと分かっている程度のモンでアリマシて、現代に通用するものではアリマセン。
そのような者に時間を割き消耗するようなことは以後無きようお願い申し上げます。

投稿: プラ亀 SS | 2013年7月 3日 (水) 22時42分

どもども、閣下殿。

いえいえ、拙僧も自分の知識が断片的であり、この際なので閣下の宿題をきっかけに、ちゃんと時系列に沿って考えたいと思っています。ネット社会の仮想性で誤魔化されていましたが、やはり時間をかけて基礎的な知識のリンケージで物事を理解しなければ、ツイッターにしFacebookにしろ、浅い知識の露頭にしかなりません。

貴重な閣下の御叱咤、是非、続けてご教授ください。

投稿: Rikkie | 2013年7月 3日 (水) 23時26分

デジカメの時代に移行するにつけ
フィルムの時代には「カメラのカの字もなかった家電メーカー」が続々参入しましたが
現時点でブランドが残っているのは少数ですね。
中にはソニーみたいに既存のフィルムメーカーを食っちゃったところもありますが・・・
日立とか東芝とか三洋とか普通には売ってないですもんね。
なんかのOEMとか作ってんのかも知れませんが・・・

恋とか愛とか・・・もう全然過去の話ですなぁ・・・(遠い目)
もっと若い頃、分別があっていろいろ慎重にことを運んでおけばよかったと、一ヶ月に一回くらい強く後悔の念にさいなまれますなぁ(´Д`。)

投稿: nakky | 2013年7月 4日 (木) 11時04分

どもども、nakky殿。

デジカメを構成する電子部品(ほぼ完成品)を作るメーカーが、これは自社ブランドて行っても何とかなるのでは。と思ってしまうのは人情ですよね。でも、女子とのカメラサークルで

「どこのカメラを使っているんですか?」

と聞かれて「俺、東芝。」というのは、ちょっと楽な道のりから外れますよね。

日立リビングサプライが割と最近までトイ時カメを作っていた形跡があります。しかし、今ではニコンJ1の棚ずれ新品がWズームレンズ付きで2.5万円で転がっていることもありますから、安いデジカメっていうのは楽な商売ではないでしょう。三洋は本当になくなって待ったようです。ブログで何度も言わせていただいたのですが、EVOLTAなんて全く使い物になりません。充電完了直後なのにロクに動かないデジカメが沢山あります。ひとつ例を挙げるとパワーショットA70ですね。こいつは、そんなにデリケートなカメラではないのですが、EVOLTAは役に立たない。使い物になるのはエネループですね。今後の三洋を吸収したパナソニックの単三型充電池がどうなるのか心配です。見栄でEVOLTAを残すと、状況は悲惨ですね。なんとかエネループは継続し欲しいのですが。

拙僧も、高校生カップルが仲良く自転車を押している姿は羨ましいですよ。拙僧は高校時代をコンピュータシステムの知識とモスクワ放送で過ごしてしまったので、「ねるとん紅鯨団」すら見なかった。今はとても後悔しているのですが、こればっかりは仕方がないですね。

投稿: Rikkie | 2013年7月 5日 (金) 09時55分

日付を画像に入れない方法が載ってました。69ページっす。
http://support.casio.jp/storage/pdf/001/qv3000ex.pdf

投稿: ピロリ | 2015年8月16日 (日) 14時17分

どもども、ピロリ殿。

やっぱり方法はあるのですね。情報提供、ありがとうございます。
この物件は元箱付きで手に入れたから、取説もあるはずなんですよね。

やっぱり、ちゃんと読まないとダメだなあ。

投稿: Rikkie | 2015年8月16日 (日) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/57531747

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ QV-3000EX:

« キヤノン パワーショットG1 | トップページ | チノン スーパージェネシス »