« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

コダック DC260Zoom

Dscn6131 週に2回のペースで更新している、本ブログですが、ちょっと滞ってきました。例の「Yahooフリースペースの品質悪化 」にも対応体したいのですが、もっと別のベクトルにパワーを集中する必要に直面しているんですよ。「忙しい」なんて言ったって、ヒモの身分の拙僧なんて比べ物にならない程、皆様の方がシリアスに忙しいんですから、ただの子供の言い訳なのですが。

P0003884 3週間くらい前から、創業計画書をたてているんですよ。経緯を話すと長くなるので割愛しますが。
 火曜日の夕方から金融業者を前にして6分のプレゼンがあったんですよね。たいしたモノじゃないですよ。向こうだって「ふーん」じゃないですか。

 しかし、こちらの姿勢はガチじゃないとですよね。今回のプレゼンや資料が「本当の戦争」に役立つかもしれないじゃないですか。

 それで担当税理士に先週末にプレ版資料とシナリオを送ったんですが、前日の月曜日の夜になって6ヶ年決算書3ページを加えろって言うんですよ。無理に決まっているじゃないですか。6分のプレゼンでパワーポイント7ページに絞ったんですよ。更に3ページ追加なんて無理ですよ。言うんなら、せめてプレ版を送った先週に言ってくれないと。
 なので大幅にシナリオを削減して損益計算書とキャッシュフローだけは加えました。貸借対照表は省略。だって、税理士のよこした貸借なんて資産が900万円で純資産が900万円で負債が0円なんですよ。そんなもの発表しない方がイイ。聞かれた答えますけど、あっしの事業何て自宅でパソコン+ネット(クラウド)なんで資産何てたかが知れているし、借金もしないですよ。現段階でヒモで食っているんだから。

P0003861 それで、当日ですわ。拙僧が順番待ちをしていたんですよね。他の方々の発表は大して見ていないんですが、皆さんも熱意と商品はお持ちなんですが、プレゼンのリハーサルはしたんですかねえ。 プロジェクターにパワーポイントの資料を写すんですが、どう見ても6分のプレゼンじゃ無理な内容ですよ。精度は無視しても。案の定、半分も説明できない方々ばかりでしたね。拙僧は6分のプレゼンなら「6分」がクリティカルで「精度」はそれなりと認識しているんですよ。だって、6分で商品の詳細な魅力や6年後の決算予測の根拠何て説明できないじゃないですか。せいぜい、ビジネススキームのアピール程度でしょ。違うんですかね、三河の方々のプライオリティは。

P0003881

 

  他の方のプレゼンよりも、自分のプレゼンですよ。それで、拙僧は体内時計と実際の時計の差を調整していたんですよ。そしたら、税理士がプレゼン冒頭に「”xxx税理士のxxx様とxxx様のご支援を頂いた”と加えてください」っていうんですよ。無理っすよ。拙僧は体内時計の調整の段階なんだから。でも、入れましたよ。拙僧の理想的なプレゼンは4分30秒何ですよね。絶対、PC系の事故が起こるし、そのリカバリを考慮すれば最低でも1分の余力は残したいじゃないですか。でも、「税理士さんありがとう」のくだりは入れました。でも、流石にそこだけはメモを書いて読みながらプレゼンしましたね。

 会場は商工会議所としては大きめのホールでしたよ。通常は端っこのプリーストテープルでプレゼンしながら税理士がパソコンでページを送る形態でした。レーザーマーカーを用意してくれたんですが、あっしは嫌いでねえ。パワーポイントを投影している、ひな壇に上がってイイか?って聞いたらいいっていうんで、壇上の上がりましたよ。ピンマイクでね。それで踊る様なプレゼンをしましたよ。最後の「ありがとうございました」のページではプロジェクターレンズの正面に立って、スクリーンに自分のシルエットを投影させましたね。もっと、落ち着いたプレゼンにするつもりだったんですが、血が沸きましてねえ。仕方ないですね、性分でしょう。

P0003851  それでライブ感だけで乗り切ったのは大した問題じゃないんですが、プレゼン後ですよね。質疑応答の段階で、拙僧も油断しちゃったんですよね。トンチンカンな質問をする「せーさく金融公庫」のおじーさんがいらっしゃったんですよ。何度も分かりやすいように切り口を変えて説明しても同じ質問をするんですよ。「だからさあ」という拙僧の至らない性分が出てしまいましたね。でも、決定的なのは質疑応答の終了後に税理士の所に帰って、「あの人、せーさく金融公庫の人?ダメっすね。」と言ってしまったんですが、しっかりピンマイクが拾っていましたね。「せーさく金融公庫」の担当者は絶対拙僧には金を貸してくれませんなあ。

妻からは

「あんたは紛れも無く40代なんだから40代に相応なプレゼンをしなさい。」

と言われていたんですがねえ。どうにも「合コン進行」感が抑えられないですよね。

P0003804  それでプレゼンの後に税理士にちょっと言ったんですよ。プレゼン前なら泣きごとになっちゃうから、終わった後に。直前にクリティカルなページを何ページもブッコミ過ぎだって。そしたら、

「いや、Rikkieさん。出来ていました。感動しました。」

って、言うんだけど、そりゃ拙僧は出来ますよ。これでも、そうやって打撃的パフォーマンスプレゼンで味方も敵も作って東京で生きてきたんだから。そしたら

「いや、創業を希望する方は熱い思いがあります。そのくらいのアクシデントを乗り越える人でないと、創業は出来ません。」

って、言うんですよ。つまり、税理士からすると想定の範囲内だったと。本当かねえ、そうでなくても他の方々は6分のワクに埋めることもできないのよ。普通は無理でないかい。

Dscn6133  本カメラはコダックの理想と野心に満ち溢れている。こういうのも熱意って言っていいんでしょうねえ。でも、熱意のある打撃的パフォーマンスプレゼンが通っちゃったのかなあ。本カメラが搭載するOSは汎用性があり、グラフィカルで当時としては良くできている。しかし、当時の限定的なハード資源で活用するのは無理があるな。本カメラをリコーやカシオが作ったらバランスがイイだろうなあ。

 つまり、拙僧の熱意を打撃力に転換したパフォーマンス系プレゼンは意味がないってことよね。三河の商売の意識なんて、本カメラの登場した1998年と変わらないんだから。

 そうはいっても、田舎で生活するのを選択したのは拙僧と妻だし、上手くいマッチするスタイリングを検討しなきゃねえ。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

10年目のCRM250R(中古で購入の’96)

1434392_img_3  2004年に帰国し、購入したのが96年式のCRM250Rだった。実は拙僧はAR直前の「’96のR」がCRMでは最高だと思っているのだ。勿論、購入時も中古。走行距離は2700km低走行。しかし、走行距離が短ければ良いという物ではないのだ。運用が健全で、ちゃんとしたタームで消耗品を交換した個体の方が、雨ざらしで寝かした個体よりもはるかに良い。その個体は素晴らしくきれいだった。単車屋の駐車場を軽く試乗してもイイ具合。但し、安くは無かった。任意保険込みで47万円くらいした。しかし、整備費抜きで36万円くらいのCRM250RやDT200WRも見たが、明らかに経たっているのだ。結果的には良い個体だった。傷一つないクリアな外観も、拙僧が三河の無茶な連中のツーリングに参加してしまい、珠のチャンバーに凹みを付けた時は泣きそうになった。今でもふと思うのはXR600にも関心があったのだ。しかし、近所の単車屋にブツが無かったのだ。あれはあれで人生が変わっていたかもしれないな。

Dscf0069_2

(今でもチャンバーの傷を見ると悲しくなる)

 CRM250Rのコンディションは最高だ。購入当時はオフロードに未練があったのだが、今は完全に関心を失っているので、本来のパフォーマンスは発揮できていない。しかし、拙僧のオフロード走行スキルなんて、全く「のび太君」だからな。どっかの崖に落ちる前に林道・廃道探しの趣味はなくなって良かった。なので、朝起きていたらCRM250Rがウルフ250かR1-Zに変わっていたらいいなあ、と思った時期もあった。しかし、今はCRM250Rで全く不足は無い。視点は高いし、低速から中速への加速は現在においても素晴らしい。現在のエコやらアイドリングストップやらでフヌケタ四ツ輪なんざに比べたら、CRM250Rに失礼だな。ほぼ全てのロードステージでイニシアチブを確保できる。拙僧は高速道路は乗らないしね。

Dscn1302_2(樹脂製のチェーンガード)

しかし、CRM250Rも拙僧が確保してから10年になった。96年のモデルだから17年落ちになるな。ということは、拙僧の軍管区直轄のユーノスロードスターNA級軽巡洋艦が16年落ちだから、1年古いんだな。ちなみにジェベル250XCが93年か94年のモデルだから、拙僧は一人で旧世紀を堪能していることになるな。

 

 それは兎も角、96年のCRM250Rだから、あちこちの消耗品の寿命が尽きている。そもそも、理想的な交換時期はとっくに前だな。この間は駐車スペースから押し出そうとしたら、樹脂のプレートだった。なんだろうと頭を捻ったのだが、これはチェーンがスウィングアームに当たった衝撃を緩和するチェーンガードなのだ。ああ、廃番だと面倒だなあと思ったのだが、そこはホンダなので部品は手に入った。自分でつけようと思っているのだが、ちょっと忙しくて手が付けられないのだが。

Dscf0078_2(チューンも調整しないとなあ)

拙僧もオイルとプラグ、エアフィルターは人並に交換していたのだが、まとまった金額になる消耗品が耐久年数を過ぎているので、徐々に手を入れないとなのだ。ブレーキパットも山は残っているんだが、経年を考えると交換した方がイイ気がする。そしたらブレーキフルードだって気になるなあ。タイヤもそろそろ、ロード用の高パフォーマンスのブツに換えたいのだが。電装系も怪しいのだが、不安要素はターンシグナルくらいなのでバルブかなあ。とにかく、手を入れたいところは沢山あるのだが、創業計画書も融資担当者を前にしたプレゼンも控えているし、時間が・・・。

Dscf0100_2(山は残っているがストリートバトルには不安が残る)

拙僧のコ仕事が終わったら徐々に整備の手を入れ、リフレッシュ計画も立てるつもりだ。拙僧がCRM250Rを大切にしていることは妻も分かっているから、資金提供は前向きだ。でも、いっぺんに全部と言う訳にはいかないから、自分でできる調整から優先順位を割り振って進める必要があるな。

Dscn6236_2

 我師団の敷地は限られているので、一方の単車は奥まっているスペースに格納せねばなのだ。その入れ替えは、妻のレガシィ戦闘巡洋艦が出港中でないとできないのだ。今の、拙僧には250ccが適切だな。

 これらの単車が押せなくなる歳になったら、拙僧もオシマイだと思うな。割と本気で。

Dscn6237

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

キヤノン FT + FL50mmF1.8

Dscn6453 本カメラはオーソドックスなデザインである。スタリングも奇抜が無く、安定的。当時のキヤノンに求めていたのは、そういうことなのだ。キヤノンは戦後のフィルム時代から、他社との差別化を目指していた。しかし、それが必ずしも撮影のニーズに沿った物とは思えない。Lマウント距離計連動機の八角形で構成するボディライン は、人間工学的な使い勝手と言うよりは、単にLマウントライカのエッジが曲線で構成していたから、同じにしなかっただけだろう。それは使い勝手に大した影響はないが、トリガー巻き上げがメジャーなニーズだとは思えないな。キヤノンにとっても模索の時代だったのだろう。しかし、旭光学の一眼レフ市場の開拓という画期的で当時としては冒険的な挑戦に比べると、小手先の工夫に思える。

Image31 それでキヤノンが失敗したかというと、大成功だ。個別のモデルが商売的に失敗だったとしても、キヤノンが真剣に投入した戦略モデルは大成功している。だが、よくよく考えると、キヤノンが思うように成功したのはキャノネット(初代) 以降の気がするな。キヤノンが、ニーズ確定とカメラデザイン、設計や製造のノウハウ、生産能力や品質管理、原価計算などの自社の強みを正確に認知し、「売って商売になる商品」としてパーフェクトなバランスを初めて成立したのは、キャノネット(初代)な気がする。

 本カメラは凡庸である。しかし、個体のコンディションが健全であれば撮影に困らない。写真を撮る都合では、魅力的な被写体の前に立ち、レリーズボタンを押下した後、カメラは正確な露光をしていればイイ。ところが、キヤノンFTのコンディションは悲観的なケースが多い。スタイリングが安定的で空シャッターは切れるので、モルト交換くらいで撮影できると思ってしまうのだ。しかし、現像結果が自分の認識の甘さを突きつける。

Image15  そういっても、半世紀の前のカメラのコンディションに安易に期待する方がどうかしているだろう。肝心な撮影なら、少なくても1回は試写をしないとな。それで、今回も肝心の撮影のネガが残念だ。それは拙僧の管理が不十分なのだが、こういう写真にしてしまうのは、カメラにもレンズにも、被写体にも失礼だよなあ。

 キヤノンFTコンテンツと、FL50mmF1.8のコンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

フジフィルム ファインピクスA345

Dscn9229  「エフ2」というコンテンツのフリースペースがある。かなり歴史があり、初期の頃はブラウザの下の方に露骨な風俗やサラ金の広告を表示して、拙僧も抵抗があった。しかし、ニフティのフリースペースは簡単にオーバーしちゃったし、ヤフーのフリースペースも限界になってしまった。なので「エフ2」を使用したのだが、広告の出方が抑え気味になって、今はQRコードをポップアップするのみになった。嫌がらせのようにデカデカと広告を表示し、コンテンツを侵害するヤフーよりよっぽど良心的である。ヤフーの広告の露出は悪意に満ちていて、フリースペースから追い出したいのだろう。ハッキリ言って不愉快だから、広告主の方が把握しているのか心配になる。

Dscf1167  「エフ2」の話に戻すと、フリースペースにアップロードした多くのコンテンツが改ざんされていた。フリースペースだから、脆弱なのは仕方ない。全てのコンテンツが改ざんされているわけではないのだが、法則性が分からない。しかし、タグ情報は健全で、日本語のコードだけ不明なコードに改ざんされるってのはどうなんだろう。単純に端末側のファイルを再アップデートしたが、ちょいちょいチェックをする必要があるな。同じ「エフ2」でも別経由のホストで構成する単車のページとかは無事なのだ。
 なんかその改ざんされたコードに「ぺーきん」からの形跡を感じるのだが、そういうことは深追いしないのが吉だな。「ぺーきん」は国内だけでも大変そうで関わったら損だ。

 本カメラは単三型電池2本を使用する廉価カメラである。400万画素級だが、被写体に光が当たっていれば、パフォーマンスは十分である。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

ソニー サイバーショット DSC-W170

Dscn5930  実験的なモデルを市場投入し、フィードバックして製品の完成度を高める。かつてのソニーの「攻めの姿勢」である。もちろん、先行して発売したモデルには、何かと不都合があるのだが、確信的なアイデアやメカニズムでイノベータ―は喜んで試金石になった。しかし、そういう時代でもなくなってきたのだ。何しろ、不景気というか社会構造が世知が無くなって可処分所得が低い。デジカメに実験的投資ができるのは恵まれた方に限られるようになる。

Dsc02268 本カメラを簡単に説明すると、ソニーが作ったルミックスかエクシリムだな。もっと露骨に言うとリコーR7である。光学ファインダーを登載するのが特徴だが、こんなものを喜ぶのは拙僧のような遅れた人間だけだと思う。それでカメラとしての出来が良ければ文句は無いのだが、なにかとパワー不足を感じるな。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

ペンタックス67 165mmF2.8

Dscn9873  秋祭りをマミヤM645辺りでブイブイ言わせたかったのだが、ことごとく台風で中止となった。残るは紅葉くらいだが、流石の拙僧も紅葉はカラーで撮るしな。期限切れで確保したポジも無くなったので、残るのはフジフィルムのISO400カラーネガくらいだな。冬はイベントが少ない。イルクーツクの夜祭の為に帰郷したい気もするのだが、今年は入り様だったし、本気で忙しいので無理だなあ。

Image17  写真はちょっと古いのだが、ペンタックス67用のSMCペンタックス165mmF2.8で撮影したモノクロネガを集めた。名古屋の動物園と三河の公園のスナップである。何時撮影したか覚えていないのだが、こいのぼりが写っていたので4~5月の物だろう。服装から推測しても、妥当なところだ。

 割と普通で地味なスナップだが、ペンタックスと楽しむスナップってのは、そういう感じではないだろうか。

 コンテンツもご覧いただきたい。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

コダック DC220Zoom

Img_8346  地方自治体が「萌えキャラで村おこし」の世の中なので、「萌えキャラ」が氾濫していても、全く不思議ではないのだ。でも、「戦車娘」とか言われると分からないよな。流石の恥知らずな拙僧も、そういう本をブックオフで買うのは嫌なので知らない。なんだけど、「ナチ帽を被って寺沢武一氏の”コブラ”に出てくるような裸同然のスーツを纏ったダイナマイトボディの娘さん」のイラストが流失しているのを見ると、もしかしたら「ケーニッヒティゲール2娘」さんなのかなあ。そういえば、rajikoが勘違いして関東のAMラジオ局が聞けたときに、「ブラックエンジェルズ」の平松伸二氏がゲストに登場したのだ。やっぱ、すげえよなあ、東京のラジオは。東海系ラジオなんて不可能だよな。鳥山明氏に頼み込んでもCBCラジオなんかに絶対に登場してくれないだろうし。それにしても、当時小学生だった拙僧からしても、平松伸二氏の描く「女性の扱いの酷さ」は小学生が簡単に買える「週刊少年ジャンプ」で掲載するのは如何なものかと思ったな。ラジオでも、軽くその話題には触れていたけど。でも、そのちょっと前まで「銭ゲバ」を掲載していたからな、ジャンプは。同時にすがやみつる氏の漫画も掲載していたんだから、70年代の少年誌は無法地帯だった。秋元に対する闘争を続けていた拙僧も、真の敵は「萌えキャラ」なのではと思いつつある。その辺の話題をサブブログでも綴ったが、今更、武装闘争による革命の時代じゃないから、さっさと忘れるのが吉と言う気もするな。

P0001792  コダックのコンシューマデジカメを語るうえで、「萌えキャラ+デジカメ」というのを想像してみた。「ファインピクスA210娘」とか「クールピクス950娘」とか、誰か擬娘化してくれないかなあ。当然、コダックの本カメラはゴージャスダイナマイトボディでな感じで。お姉さんのDC260ZoomはAFユニットも搭載して、ボディの見てくれに反してお利口なのだが、妹さんは母ちゃん譲りのパンフォーカスで足りない感じで、ダラシナイって設定でお願いします。

 あっしが描くのは止めておきます。腕もないしねえ。

 コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

ペンタックス ME

Dscn6393  先日、念願のモーターが空回りしないペンタックスMZ-7を手に入れたのだ。その価格は300円である。もちろん、ジャンク駕籠のブツだったのだが、CR2x2を持参していたので動作確認したのだ。ペンタックスAF35~80mmF4~5.6も確保した。こちらは500円であった。当時のペンタックスエンジニアが見たら泣きそうだよな。それで、懲りたかというと、今日も同じコメ兵(コメ兵との戦いは何れ戦記として報告させて頂かなければと思っている)で28~80mmF3.5~5.6付きのMZ-7が転がっているのよ。いや、今回は籠じゃなくてショウウィンドウの中だったけど。それで店員に出してもらったんだけど、今日はCR2の持ち合わせがなかったのよねえ。そういったら、店員がテスト電池を用意してくれたのよ。それで詰めたらひとまず動くのだ。店員も例の「モーター空回り」がいつ発生するか保証できないって言ったけど、28~80mm付きでレンズキャップも付いていたのよ。そしたら買うしかないよねえ。他にミノルタAF24~85mmとトキナー24mmF2.8mm(MDマウント)があったのだ。ミノルタAFが2000円でトキナーが3000円。悩んだ末にトキナーだけ確保。ミノルタAF24~85mmは既に持っているしね。それにミノルタAFは次回まで売れ残っているかもしれないけど、トキナー24mmは無いだろうしね。

Dscn6394  そういう事なので、ペンタックスだと財布のひもが緩むのだ。拙僧とペンタックスの出会いはペンタックスMXだったが、ペンタックスMEも思い深い存在である。最初がMXだったのでニコンEMの絞り優先AEのみのスタイリングが特殊だと思っていたのだが、後に普通だったと知る。拙僧の幼少期にミノルタX-7は記憶にあるが、それは「志村けん」の「宮崎さん」のモノマネであって、カメラの構造と結びつくのは1990年代まで先送りになるな。

 当然、本カメラも報告済みだと思っていたのだが、かなり中途半端なコンテンツのまま掲載していたと、今更気づいた。なので、ちゃんとしたコンテンツに修正させていただいたのだ。恥さらしなコンテンツを5年近くも曝していたのだ。

 直したコンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »