« コダック DC3800 | トップページ | 地上軍直轄迎撃機CRM250Rオーバーホール »

2013年12月11日 (水)

エクシリム EX-Z55

Dscn6475 このところ更新が滞っているのだが、割とシリアスに忙しかったのだ。10月末くらいに気軽に参加した商工会議所の創業セミナーがきっかけで3週間くらいの間に、創業計画書をかいて金融業者の前で発表という機会を得たのだ。

 僅か6分のプレゼンなんだけど、10年近くヒモをしている拙僧にとっては大したことなのだ。向こうは「ふーん」て感じじゃないですか。しかし、こちらはガチじゃないとですよね。今回のプレゼンや資料が「本当の戦争」に役立つかもしれないじゃないですか。

それで担当税理士に前週末にプレ版資料とシナリオを送ったんですが、昨日の夜になって6ヶ決算書3ページを加えろって言うんですよ。無理に決まっているじゃないですか。6分のプレゼンでパワーポイント7枚に絞ったんですよ。更に3ページ追加なんて無理ですよ。言うんなら、せめてプレ版を送った前週に言ってくれないと。
 なので大幅にシナリオを削減して損益計算書とキャッシュフローだけは加えました。貸借対照表は聞かれた答えますけど、あっしの事業何て自宅でパソコン+ネット(クラウド)なんで資産何てたかが知れているし、借金もしないですよ。現段階でヒモで食っているんだから。そもそも、資産が900万円で負債が0円、純資産が900万円なんて貸借なんて恥ずかしくて出せないっすよ。どんな税理士行向けソフトつかっているの知らないけど。

Cimg0080 それで、当日なんですが他の発表が始まってから拙僧は体内時計の調整に入っていたんですよね。つまり、自分のカウントアップと時計の秒数の差を詰めていた。6分のプレゼンだったら、そんなことがクリティカルですよ。そしたら、その段階で税理士が

「発表の前にxxx税理士のxxさんとxxさんのご協力で発表させていただくことが出来ました。」

なんて文言を加えろっていうんですよ。既に発表は始まっているんですよ。無理っすよ、んなの。なので、その件だけはメモに書いて読みながら発表しましたよ。だって、無理ですもの。もっとも、他の発表者の方のプレゼンも、それなりだったですよ。6名の発表者の中で6分のワクを満たしたのは拙僧だけ。拙僧は1.5分を残しましたよ。事故が発生した場合を想定して1分は余裕を見たので、それなりにできたと思いますな。

 しかし、せーさく金融公庫の爺さんの質問に対して何度説明してもピンとこないので、質疑応答のプレゼンが終わった後、税理士に向って「あの人ってせーさく金融公庫っすか?ダメっすね、あの人。」って漏れたんだけど、ちゃんとピンマイクが拾っていたよ。そういうのが、拙僧がイマイチ人生を成功に導けないところなんだなあ。いいけど、金なんて借りるつもりはないから。

 金を借りるつもりないけど、金が懐に入ってくるのは嬉しいな。

 本カメラも売れそうだ。飛び抜けたカメラではないけど、カシオの伝統の「ベストショット」を搭載するし、そこそこの画像は期待できる。何ていったって電池がタフなのだ。このNP-40は信頼できる。

 コンテンツもご覧いただきたい。

|

« コダック DC3800 | トップページ | 地上軍直轄迎撃機CRM250Rオーバーホール »

コメント

EX-Z55使ってたんですよ〜
当時としては中々どうして
非カメラメーカーの製品も魅力的でしたよ
買って数日でおシャカにした前例のないカメラになってしまいましたけど(汗)

投稿: M | 2013年12月22日 (日) 09時20分

どもども、M殿。

そうなんですよね。500万画素級の時代のカメラとしては、標準以上の出来なんですよね。レスポンスは良いし、パンフォーカスモードとか通好みの機能も搭載しているし。

けっこうタフなカメラだと思うのですが、おしゃかにしてしまったのは、何かのお転婆があったのでしょうか。

投稿: Rikkie | 2013年12月22日 (日) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/58738548

この記事へのトラックバック一覧です: エクシリム EX-Z55:

« コダック DC3800 | トップページ | 地上軍直轄迎撃機CRM250Rオーバーホール »