« 去らば「フジフィルム プレスト400」 残れ「コダック トライX」 | トップページ | ニコン クールピクスS3300 »

2014年4月18日 (金)

2014年春季名古屋中古カメラ大バーゲン戦争第一次会戦

Imgp1963  かつて我らが老赤兵同志(クラスナヤ・ベテラーニ・タバーリシチ)が解放した同胞(ドルジーバ)の地が脅威に曝されている。 ガス代もロクに払わない兎斯楽偽政府を打倒し、帝国主義者の悪魔どもから同胞を解放するときが来た。 幸いにも我軍は東方の要衝地に部隊の展開を完了した。カテゴリーの低い辺境の我師団も動員を受けたが(定員には満たないものの)十分な装備で編成を完了した。方面軍麾下の親衛空中機動旅団の先兵に続きカフカス山脈を越える。白雪姫作戦(オペレイツイア・スネグラーチカ)の発動である。

Dscn0958  という嘘を広げようとしたのですが諦めました。ちょっと悪いチリの安ワインを半分以上飲んじゃって、そうでなくても不安定な文体が崩壊しそうなんですよね。最近はチリの安ワインも飲めたものなんですが、久しぶりにダメなのを引きましたね。よく見たら口上書きに「ジャムとキャラメルの甘い風味」とか書いてある。そんな罠を見逃すとは、拙僧も迂闊なのでしょう。やっぱり、少なくても葡萄の品種が書いてないと安心できないですね。念のために明示しますが、上記のキリル語風とか漢語風とかはイイ加減です。スネグラーチカさんはキリル人のサンタさん(?)の娘さんで「雪娘」とか「雪姫」とか訳すのが多いのですが、アフガン戦争を題材にしていたキリル人のチンピラ映画が「白雪姫」と訳していたんで、そんなに勘違いでもないでしょう。

Dscn0959 今次会戦では拙僧にしては師団の編成に余裕があった。勿論、資金的には切迫しているのだが、丁度良い具合にネットオークションで優良物件が捌けたのだ。ターム的に幸運だった。師団の本陣は戦場である名古屋は栄高地に作戦発動時間よりも前に到着した。玄関口がオープンになる前に待つなどというのは、しばしば行軍に支障の出る拙僧の雑多は編成の師団では稀なことで、思わずガンプラブームを思い出したな。 既に前祖国防衛戦争の古参兵が半ダースほど待機していた。そのうち、新兵も到着して作戦発動時には1.5ダースくらいの「それらしい連中(拙僧を含む)」が集結。革命歴100年(?)4月17日10:00、作戦発動である。

 玄関口の割といい位置に布陣した拙僧の師団だったが、老紅兵に先軍を許してしまう。早足でエスカレーターを登る老紅兵だが、やはり御歳がらか疲労の為に突撃が滞ってしまい、結局、拙僧や新兵に追いつかれてしまったな。もっとも、拙僧も行軍は間に合ったがメモ用のデジカメを忘れてしまい、何かと迂闊なのだ。話が長くなってきたので戦果を報告させていただく。ちょっと記憶が怪しいが撃破順である。

・ AF-Sニッコール18~200mmF3.5~5.6G (フィルター枠破損、埃有) - 500円

・キヤノン AV-1 + FD50mmF1.8 (動作品) - 300円

・シグマ 50mmF2.8マクロ (FDマウント、Zen仕上げ崩壊) - 300円

・フジ写真光学 フジナールW 15cmF6.3 (ホースマン4x5ボード付き?、スロー怪しい) - 3000円

・ビスカワイド16 ST-D (スプール、UVフィルター付き) - 3000円

・キング スプール + ベルト + 軸棒 - 200円

・レイノックス 映写機ランプ8V50W(フジカスコープM25他用) - 500円

・オートタムロン 135mmF2.8 (プラクチカマウント旧アダプトール付き、若干カビ) - 500円

・フジフィルム プロ400 (2010年期限切れ)x6 - 100円

・ニコン ライカ判カートリッジ - 100円

・ニコン フォーカシングスクリーン FA・FE2用 (TYPE B2)x2 - 100円

・ニコン フォーカシングスクリーン FA・FE2用 (多分、方眼) - 100円

・ニコン フォーカシングスクリーン F501用 (TYPE J) - 100円

・オリンパス フォーカシングスクリーン 機種不明 (中央プリズム?) - 100円

・ペンタックス リバースアダプター K - 100円

・OPTIS 単眼スコープ 4x12 - 100円

・4x5用フィルムホルダーx2 - 100円

・Rexer Cマウントアダプター(?) - 100円

・メーカー不明 ダークバック - 100円

・ヘキサノン 135mmF3.5 (コニカFマウント) - 1000円

・CAMERA COLLECTOR NEWS (同人誌?)x5 - 100円

Dscn0967 ブツは丸栄の紙袋に詰め込んでいたのだが、先ほど戦果確認の為に広げたら軽く線香の香りがして泣きたくなったな。何れ我々を受け入れてくださるエリアの話なので大した問題じゃないけど。戦前のツアイスのファーストオーナーなんて、確実にバルハラに栄転なさっているんだから。

 戦果で最も興味深いのはビスカワイド16であろう。拙僧も戦場を忘れて笑ってしまった。 3年前だったら実際に撮影するかどうかは兎も角、好事家(我々のことだ)向けに2万円を切るのも珍しかった。これの詳細は後日にさせていただきたい。ミノルタ16用に切ったフィルムだと長さが足りないのはイイとして、問題はキングのベルトを改造した自作の16mmフィルム用ベルトの長さが足りなさそうなのだ。

Dscn1120  奇襲で始まった戦闘は速やかに乱戦となった。やたらと小物が多いのから、戦場の混乱ブリを確認できる。同人誌を除いた100円物件は同じセラーボックスで確保したものだ。100円均一のジャンクアクセサリーの山に拙僧は師団の統制が不可能だった。気づくと、隣の若者が110判やらAPSやらを含んだ期限切れフィルムが山となった小籠で悩んでいるのだ。拙僧は速やかにオートバイ隊とBRDM-2で編成した武威偵察隊を編成し、使えそうな具合の期限切れのフジフィルムのプロ400を全て確保。2003年に期限が切れたプロビアとか、90年代の遺物とかを残して瞬く間に撤収。新兵の若者は抵抗も出来なかったが、機動の確保が戦場の勝利者であり、敗北者は去るのみだ。

Dscn0994_2 冷静に考えるとFD50mmF1.8付きのキヤノンAV-1が300円ていうのは、歓喜よりも退廃って感じだよな。フィルター枠が破損しているからとはいえ、デジ時代のVRニッコール光学10倍ズームレンズが500円ってどうよ。ニコンD70Sに付けても使えそうなんだけど。しかし、戦場の狂喜は感傷を許さない。フジナール15cmF6.3が3000円は安いのかなあ。なんだか、相場って形成しているのかねえ。速度戦優位だったのでロクに考えもしなかったのだが、レンズボードも多分だけどホースマンの4x5用だなあ。ハンマートーンのテクスチャーからホースマンは想像できるのだが。拙僧の師団配備のトヨビューにもホースマンプレス670にも使えないなあ。最初はスローが怪しかった「SEIKOSHA-SLX」も弄っているうちに大丈夫になったみたい。こういうのってレンズを外すかシャッターごとレンズボードから外すとトヨビューかホースマンプレスで使えるのかねえ。わかんないっすよ。拙僧だって、まさか21世紀も干支を一周して大判使うとは思わなかったから。ダークバックや4x5フィルムホルダーを確保したのも、トヨビュー運用で惨敗が確定しても、夢を見ちゃうのよね。

Dscn1081 ああ、長くなったので巻かないと。OPTISというブランドは全く知らなかったのだが、以前からコンパクトな単眼スコープが欲しかったから確保。100円だしねえ。「KAKAO ENDO’S 70 YEARS OLD」と印刷されているのが、多めに訳が分からなくて素敵。新品同様で綺麗なケース付き。70歳の高尾さんは実際に1度でも使ったのかしら。

 色々と突っ込みどころがあるんだが、徐々に展開させていただきたい。

 戦争は来週の水曜日まで継続するのだが、第2次会戦があるのか。幸いとなのか日曜日にも名古屋に所用があるのだが。

|

« 去らば「フジフィルム プレスト400」 残れ「コダック トライX」 | トップページ | ニコン クールピクスS3300 »

コメント

まいどです Rikkie師匠。

パノラマカメラですか! 面白い^^)。
戦果報告が待たれますな。

投稿: 鍛冶屋 | 2014年4月19日 (土) 07時34分

どもども、鍛冶屋殿。

首をふる動作がキュートですよ。
ちょっと恋愛に近いモチベーションが沸きました。

実際にフィルムを切って装填するのは素晴らしく面倒なことになりそうですが。しかし、価値のある仕事になりそうです。

問題は現像ですよね。
自作のベルトで足りるかなあ。ミノルタ16mmとか110判相当に切ったモノは大丈夫だったのですが。

投稿: Rikkie | 2014年4月19日 (土) 10時39分

スネグラーチカ、というと某ゲームでの必殺技の名称のひとつとして使われているのを思い出しました。

記事を読んでいて、フィルムを使う寫眞機やその周辺の品々の値段が完全に崩壊しているのをひしひしと感じます。

ところで、とある方から機械式寫眞機を使うことをすすめられたのですが、小型軽量の一眼レフで今後も安定して運用出来る品というとペンタックスSP辺りなのでしょうか?
それとも、重いのに目をつむってニコンF辺りなのでしょうか?
どれも運用にあたっては一長一短あると思うのですが、ご意見いただけましたら幸いです。

投稿: 輪音 | 2014年4月19日 (土) 12時46分

す、すごい

投稿: M | 2014年4月19日 (土) 22時22分

どもども、輪音殿。

必殺技だとブリザードが拭いて敵のスライム=ベスを凍らせるのでしょうか。

機械式シャッター機はイイ物ですよ。
巷で言う「電池がなくても動く」とか「現在でも修理が可能」という受け売りを、あまりあてにしなければですが。
「動く」だったらモダンなカメラの方がイイですよ。やっぱり、古いカメラは正常に動いていればイイですが、幕が不安定で異常露光していたしますしね。「修理可能」ったって、使えそうなFD50mmF1.8付きのキヤノンAV-1が300円で転がっているんですから、ペンタックスSVを3万円くらいかけてOHするのは気合が要りますよね。そういう方もいらっしゃって素敵だと(嫌味ではなく)思うのですが。

ボディは何かというよりは、やはりレンズの選択だと思います。何をどう撮りたいかですが、あまり細分化して考えても融通が利かないので、大体なモチベーションでイイと思います。ポジで撮りたいかモノクロで撮りたいか。或いはデリケートな諧調でプリントしたいか、スキャナーでPC映えしたコントラストの張った画像として公開したいのか。

ペンタックスならSP以降、ミノルタならSRT101以降、キヤノンならFTb以降だと大丈夫な場合が多いですね。その辺で何かしらの設計や製造の技術が確立して信頼性が飛躍的に向上したのでしょう。ニコンはニコマート以降なら大抵の場合大丈夫です。その辺が、流石のニコンですね。何れにしろ、露出計はちょっと諦めた方がイイでしょう。拙僧の個体は割と大丈夫なのですが、ダメだという方が多いですね。もっとも、この世代のカメラでポジで厳格な露出で撮るってのは図々しいと思いますね。

ニコンFはフォトミック物を持っているんですが、使わないですね。やっぱり、この世代になるとアンティークカメラになってしまうんですよね。あくまでも個人的な見解ですが。近代的な戦闘で運用するならF2ではないでしょうか。これもフォトミック物なら、かなり安いですね。数多のフィルムカメラと同様に暴落していたのですが、去年の夏か年末あたりから値を戻していますね。イイですよ。付け焼刃のニコンFで開拓した市場を、合理的な技術のバックボーンで完璧にした感があります。高級機って感じです。ただ、重いですよ。なので、結局のところ、拙僧はニコンEMとかニコンFE10を出してしまいますね。

小型軽量の機械式シャッター一眼レフというと、ペンタックスMXとオリンパスOM-1が王道ですが、ちょっと小型すぎますね。それに、レンズが少ないか高い。そういう意味で言うと、レンズも東西を選べてプレミアムなもの以外は安く、掘り出し物率が高いのはプラクチカマウントです。それに相応なボディとなれば、ペンタックスSPは外観ぼこぼこでシャッター幕がよれていても、ひとまず撮影は出来る可能性が高いですね。

お買い求めになるなら、ちゃんとしたお店で整備したかチェックをした物をお勧めします。常識的な店なら、ペンタックスSPなら8000~1万円で2週間くらい保証を付けるのではないでしょうか。

拙僧などは気さくにジャンクの500円ブツを拾ったり1円落札しますが、フィルムのプロパー価格が600~1000円くらいしますから、写ってないと悲しいです。

投稿: Rikkie | 2014年4月20日 (日) 07時42分

どもども、M殿。

いやいや、「すごい」かもしれましんが、あまり人に見せられる話ではないですよね。

1畳分くらいのスペースに100円均一のジャンクアクセサリーの山があったのですが、我ながら機械的な速さで価値を判定してイイ物を抽出しましたね。

ひよこの性別判定って、あんな感じなんでしょうね。

投稿: Rikkie | 2014年4月20日 (日) 07時51分

ご丁寧にお答えいただきまして、ありがとうございます。
聞いてよかったです。
ネット・オークションを覗いてもみたのですが、今一つ不安材料が残る感じです。
キタムラかちゃんとした写真屋さんで探してみます。
現状では、レンズは二八ミリくらいから五〇ミリくらいでF値が二以下のものが一本あればいいです。
コンタックスG1でも二八ミリ一本あれば大抵の状況で対応出来ますし、オリンパスL-1を使っていた頃も五〇ミリ以内で殆ど撮影していたので、言い方を変えるとその辺りで済むような撮影しかしないです。
ともあれ、いただきましたコメントを参考にして名機を探したいです。

投稿: 輪音 | 2014年4月20日 (日) 12時46分

Rikkie禅師に申し上げます。

やはりここは、一触即発ウクライナ軍v.s.ロシア軍の歴史的対峙を記念して、ウクライナ KIEV-4am とロシア Jupitar-8 50㎜F2.0 の 『友好セット』 を購入すべきでありましょう。3480円也!
あまりの安さについ ビオゴンコピーの Jupiter-12 35㎜F2.8 も鹵獲。3640円也!

第3帝国製の元祖 CONTAX-Ⅱ を想像出来ない程までに退化させながら USSR 崩壊前夜まで造り続けられたこの 『友好セット』 こそ縋(すが)れ往くフイルムカメラ史を象徴するものではないでしょうか。法事のお供にいかがでしょう。

投稿: にっこーる | 2014年4月20日 (日) 14時39分

どもども、輪音殿。

小型の一眼レフにF値の暗い小型レンズを広角と標準で2本というのはスマートで一種の理想を感じます。見習いたいですね。

拙僧は逆にG1でイイから28mmを1本を欲しいと思っていますね。

しかし、フィルム資源の供給減の消滅の方が先のようで諦め始めています。

投稿: Rikkie | 2014年4月21日 (月) 09時13分

どもども、ニッコール戦闘団長殿。

むむむ、そこはどの戦域ですか。

しかし、拙僧の遊撃師団は本日も、これから名古屋の戦争に部隊を投入しようかと本気で思っているんですよね。戦力を割く余力があるかどうか。

しかし、ユピチェリ8とキエフ4Mのドルジバセットは魅力的ですね。キエフ4系は3台くらいあるのですが、それでも冷やかしに買ってもイイかしら。プーチングラードに名前が変わる前に。

ボディは兎も角、ユピチェリ12は確保してもいいかもしれないですね。あれも個体差が多いし、Lマウントの物しかない筈なんですよんえ。なんか、コンタックス/キエフマウントも1本あった気がするんですが。

何本か確保して、イイのを残すもの一興ですよね。でも、そこの戦場にLマウント物件が有ったら、そっちの方が欲しいかもしれないです。

投稿: Rikkie | 2014年4月21日 (月) 09時17分

武運長久大隊千人針小隊にっこーる一等兵でアリマス。
『戦場ハ何処ナルヤ』 との御問ひ賜り、げに不規則な金額にて察知頂いて居られる通り、恥かしながら、ばーちゃる戦域やふおく回族村落でアリマス。
低価格落札の事由は里程錯誤を致し居ったる事であり、我が大隊野戦病院にて即座に全快。鮮明に400m先の避雷針に合致致し、戦艦大和の日本光學測距儀も斯くやなんぞと世迷言しきりでアリマス。結果懲りずに同機ヘリオス50㎜F1.8 付きも鹵獲致したところでアリマス。
ユピチェリ12につきましては、ライカマウントに非ず、コンタ・ニコン小隊にキエフ同様所属し居ります。

Rikkie師団長閣下に於かれましては本日も暁の出撃行との事、華々しき戦果は今朝(我が国)の誉れと存じます。努々ハナトチルこと無きようお祈り申し上げます。
千人針小隊一同

投稿: にっこーる | 2014年4月21日 (月) 12時50分

どもども、東宮殿武官にっこーる殿。

閣下がが兵卒の階級にて活発となれば、相応の特務でございましょう。

どうやら仮想的「あの関東」方面で特務工作のご様子。さもや「あの関東」で国民軍を編成して人民軍を名乗る偽装国家の「国民化」に活発なさっていらっしゃるのでしょうか。半島不安定な情勢、絵空事とは思えませぬ。
さすれば、さる機関の中枢である閣下が御身分を御隠しになる事情もご察しが。

いやいや、拙僧のような下級技術下士官から戦時短期課程で士官に引っかかっているものの推測はご迷惑。慎みいたします。

陸軍隷下にて「あの関東」でご活発となれば、地理的に連続する蘇製距離計機装備の奔走なさるのも合点でございます。
しかし、拙僧の師団のように錬度が低く、雑多な混成連合となりますと、距離計機にて夜戦、或いは視認外戦闘で統率を維持するのは困難ですね。どんなに、信州中野光学技術部の光学測定枠が優れていても、兵卒レベルの錬度が伴いませぬ。
硬直的とはいえ、戦闘レベルから戦略レベルまでテンプレートを共通化した教本を作成し、錬度に依存しない運用が必須。蘇連赤軍と大して変わりませぬ。さすれば、やはり標準装備は一眼レフに至ります。

本日の第二次会戦は掃討戦も終焉。戦場は閑散としており、教皇側の敵将校と談話しながら呑気に持参の電池を装填し、ゆっくり動作確認偵察を行い、消耗戦を避けることができました。

上記、協議により確保した要衝は

コンタックス 139
ペンタックス ME
キヤノン AV-1

のみであります。面白くもなんともありませんが、拙僧の混成師団では相応です。

他にも「f64の中古バック(巨大)」とか「諸般情報雑誌」なども戦果ではありますが、追って正式報告させて頂きます。

閣下特務の成功を、信州不滅の御霊のご加護と共にお祈りいたします。

投稿: Rikkie | 2014年4月21日 (月) 14時34分

閣下の御無事の凱旋、並びに戦果を伺うにつけ誠に目出度く衷心より御慶び申し上げます。
とくに強襲偵察機ペンタME、高高度戦闘機コンタ139の鹵獲は今後の我が国両機種研究開発に飛躍的進展をもたらすものと信じ居ります。

はて、筆力扛鼎なる師団長閣下に於かれましては、私儀富嶽大隊玉砕の折怖め怖め唯一生還致した恥ずかしき兵卒でアリマス。そも特務とは何の事でゴザイマショウ。

千人針工廠用務兵

投稿: にっこーる | 2014年4月21日 (月) 23時16分

おお出費はゲリラ戦クラスにしてこの立派な戦果!いやはや恐れ入りまするΣ(`0´*)
パノラマは可動品なのですね~実写期待してます。
ps。ボードマウントレンズは穴径が規格化されてるので外して別のボードにってのは一般的ですね。穴径メモって(文字通り穴のサイズの円を書いておく)ジャンク廻りすればそのうち適合ボードが見つかるやもしれませぬ。

投稿: 無尽探査機 | 2014年4月22日 (火) 00時41分

どもども、ニッコール機関補佐官殿。

元箱付きのコンタックス137もあったのですが、モーターチャージャーの動作音や装備重量が、我が遊撃師団の主任務である奇襲・後方攪乱の支障となると判断しました。やはり手巻きが静粛性に優れ、部品点数も少なく京セラ製ボディの信頼性に期待しました。

ペンタックスMEも、そろそろ製品寿命が尽きる個体も多く、生きている物件はひとまず確保です。

特務は秘匿が身上。拙僧ごときが流出しましては支障をきたしましょう。

御迷惑をお詫びし、かの憶測は墓場まで同伴いたします。

投稿: Rikkie | 2014年4月22日 (火) 08時26分

どもども、無尽探査機殿。

拙僧のような装備も構成民族の属性もバラバラな混成諸兵科連合部隊にしては珍しい正規戦でした。しかし、戦果の数の割には損害は軽微なんですよね。ツマラナイ小物が多いのですが、やはりビスカワイドなどスイートな物も確保できました。

そう考えると、出鱈目なレンズが付いたホースマンプレス用ボードを手放したのが痛いですね。ホースマンプレスで全くフォーカスが出ないレンズだったので手放しました。レンズはダメでもシャッターとボードで2000円の価値がありました。

現存装備のホースマンプレスやトビューのボードを外してもイイのですが、ここはちょっと待つことにします。この種のアイテムを名古屋で発見するのは困難なのですが、何れ東京方面に遠征の機会もありましょう。

トヨビューのレンズボードなんて、ジャンク館か日東商事にあれば捨て値ですよねえ。ネットオークションだとやたら高そうですが。

投稿: Rikkie | 2014年4月22日 (火) 08時33分

どもども。こちらでは初めて書き込ませていただきます。いやはや羨ましい環境です。こちらの地元の、唯一の中古カメラ店では、「本当に売る気があるのか?」と怒りさえこみ上げてくるような接客態度が高飛車なお店しかなく、当然買う気にもなれないので、現物をほとんど見ることなくネットで購入する手立てしかありません。
期限切れフィルムもまたなんとも魅力的です!アクセサリ群が豊富というのも・・・あぁそのためだけに名古屋行けるんだったら、電車賃かけても・・・いやいや往復運賃で何が買える?(笑)

投稿: kyouji | 2014年4月22日 (火) 23時19分

どもども、kyouji殿。

そういえば、こちらのブログでkyouji殿のコメントを頂くのは初めてですね。嬉しいものです。

頭を下げてまで買ってやりたくはないですよね。どうも、お偉くなった爺さんは叱られる機会もないので、ああいうところで無礼な対応をされるのが嬉しいようなんですよね。それで、稀に常連に面白い物をとって置いたりするらしい。一種のツンデレですか。

あっしなんざ常に叱られているから不愉快で楽しくもなんともありません。

最近はネットオークションで買うのも少ないんですよね。単車とか四ツ輪とかいろいろ要り様なのですが、何しろフィルム運用費が高くなってしまって、流石の拙僧も資金繰りに余裕がありません。前から余裕は無かったのですが。

プレスト400が無くなるとフィルム3本の買値が500円くらい上がっちゃうんですよね。

ちょっと泣きそうなのですが、それでもフィルム(とくにモノクロ)はデジカメの代わりにならないんですよねえ。

投稿: Rikkie | 2014年4月23日 (水) 06時27分

どもども。
ビスカワイドとは素晴らしい!
これ欲しかったんだよね。

それにしても18-200が500円とな。
墓場屋でも500円では何も買えませんぜ。

投稿: 大佐 | 2014年4月29日 (火) 22時27分

どもども、大佐殿。

ビスカワイドは痺れましたね。
これを本気で使うつもりなんですよ。
何か情報をお持ちならお願いします。

18~200mmを使ってみたのですが、問題なしですね。結局フィルター枠は脱落したのですが、気にもなりません。

ただ、鏡筒を伸ばしたら「¥100」というプライスタグが現れました。500円で十分得をしていると思いますが、ちょっと惜しい気分も。

投稿: Rikkie | 2014年4月30日 (水) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/59490913

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年春季名古屋中古カメラ大バーゲン戦争第一次会戦:

« 去らば「フジフィルム プレスト400」 残れ「コダック トライX」 | トップページ | ニコン クールピクスS3300 »