« 青島相照机合資工廠 青島6型 | トップページ | PORTERTOWN 135mmF2.8(プラクチカマウント) »

2014年5月21日 (水)

ソニー サイバーショット DSC-S70

Dscn6129 一時期は北米の家電市場はサムソン一社に我が国の家電メーカーが束になっても敵わないとされていた。アベノミクスが効果的だったからなのかよくわからないのだが、日立とかシャープとか東芝とか、程度やスピードの差はあれ回復傾向にあるようだ。ところが、どうにも持ち上がってこないのがソニーなのである。

Dsc00006

 最近でも四半期決算だかでかなりの赤字を計上しているようだ。家電、オーディオ、パソコン、携帯などのIT端末など、世界中に植民地を形成していたソニー帝国の没落ぶりは寂しいものである。拙僧は独自規格のソニー製品というは好ましくなかったが、それでも世界のソニーは誇らしかった。そんな拙僧だってiPadでアップル帝国主義に下ってしまったからな。

 コンテンツで元気だったころのソニーもタマには思い出していただきたい。

 

|

« 青島相照机合資工廠 青島6型 | トップページ | PORTERTOWN 135mmF2.8(プラクチカマウント) »

コメント

毎度です Rikkie師匠。

ソニータイマーやらソニー規格等々、製品としては
自分はアンチ寄りですが、ソニーや同じくトヨタの株
(株価じゃなく)が下がるのは、やっぱり日本人として
心中穏やかじゃ無いですよね_ _)。
(これは、日本人の"ソニー遺伝子"なのかも)

>電池の持ち・・・
うちのカシオ軍(キャノン軍も)は、どもうなぜか大食い
ばかりで、どうも安心して連れ出せません。
反面Panaはどれも燃費が良く、最近持ち出すのは
Pana機ばかりになりました。
こないだFZ10をはじめて使ったんですが、バッテリー1ヶ
(1ヶしか持ってないので^^;)で写真を180枚、1分ほどの
動画を10本ほど撮れました。まぁ、モニターを切って
EVFで使っていたのでそれもあるでしょうが、予備で
回していたFX3も、1時間動画を撮り続けてバッテリー
残量が半分くらいでした。


投稿: 鍛冶屋 | 2014年5月22日 (木) 00時44分

どもども、鍛冶屋殿。

拙僧も、システム屋で互換性とか親和性で苦労しましたから、独自路線のソニーを好ましくは思っていませんでした。しかし、我が国としては北米も認めるブランドですから没落は寂しいですね。

トヨタはさほど落ちているという認識ではないのですが、北米とか売れていないのでしょうか。
その割には中米への投資が旺盛です。

キヤノンもカシオもバッテリーはモノに寄ります。NB-4Lはクズですね。そもそも、設計は大陸製で適当なモノをキヤノンもカタログで選ぶのでしょうか。我師団ではカシオの電池は持つ方ですね。

パナの電池も大抵は大丈夫です。DMC-FZ10も古いカメラになりますが、当時のデジカメだと180枚くらいは妥当ではないでしょうか。
DMC-FX3のブツは、ちょっと厳しいですね。あれも手振れ補正機構付きで動画が1時間も撮れれば、バッテリーの個体は良い方だと思います。

カメラは処分してもバッテリーはひとまず処分しないんですよね。ちょっと夢が残ります。

投稿: Rikkie | 2014年5月22日 (木) 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/59668771

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー サイバーショット DSC-S70:

« 青島相照机合資工廠 青島6型 | トップページ | PORTERTOWN 135mmF2.8(プラクチカマウント) »