« オリンパス ペンD (イタリア上陸作戦稼働機) | トップページ | フジフィルム スーパープレスト1600(ベネチア編) »

2014年8月 9日 (土)

カシオ QV-R61

Dscn0043本カメラも我が国では全く注目されていないカメラだろう。QV-R61と採番が降ってあるがQV-R60があるのかもわからない。登場は2004年であり、単三型電池を採用した600万画素級デジカメとしてはよくできている。しかし、「よくできて綺麗な画像が採れる安いコンパクトデジカメ」では利ザヤが稼げなくなってきたのが2004年あたりではないだろうか

Cimg2115こういう普通で地味で安くてきれいに撮れるカメラは北米では受ける。そもそも、連中はパワーショットとかルミックとか買えないからな。カメラの稼働も少ないから専用電池は割高になるし。なので英語のコンテンツがちょいちょいヒットするが、国内で取り上げたコンテンツは少ない。

それでも、かつてデジカメ市場のパオニアとなったQVを冠するモデルが、普通のユーザ向けのカメラとして終わりを迎えるのは、一種のカシオの愛なのかもしれないな。 コンテンツもご覧頂きたい。

|

« オリンパス ペンD (イタリア上陸作戦稼働機) | トップページ | フジフィルム スーパープレスト1600(ベネチア編) »

コメント

これはなかなかイイカメラですね。
会社に置いておく用とかに
買っちゃおうかな。

投稿: ポン太 | 2014年8月 9日 (土) 06時30分

どもども、ポン太殿。

後々のオリンパスのEFシリーズやパナソニックの乾電池仕様のコンパクトデジカメに比べると、電池消耗はそこまでタフじゃないですけど、カメラの出来は本カメラの方はイイですね。

転がっていれば格安です。ご検討を。

投稿: Rikkie | 2014年8月 9日 (土) 20時14分

まいどっす Rikkie師匠。

このシリーズも映像素子が弱いみたいですね。
前に、QV-R4~61色々 一山(20台)¥1,000で
買いましたが、半分はCCD不良でした^^;)。

投稿: 鍛冶屋 | 2014年8月10日 (日) 13時58分

どもども、鍛冶屋混成大隊長殿。

QVシリーズ20台を1000円で包囲戦ですか。流石、気骨が違いますなあ。

そこは、施設科との混成演習でならした大隊長殿ですから、前線回収で何とかしてしまうのでしょう。

施設科と言えば、拙僧が若かれし頃に施設科の娘さんと仲良くさせて頂いたことがあるのですが、xxx駐屯地の前で単車を止めていたら、ジャケットにソビエト戦車隊章が貼ってあって、ヤベエと思ってバンダナで隠しましたね。それで、台場埠頭に行って(以下略)。

どうも、400~800万画素級の撮像素子はお亡くなりになりますなあ。撮像素子メーカーもたくさんは無いと思うのですが、それでもフジフィルムとソニーとキヤノンだと違うと思うのですが。

投稿: Rikkie | 2014年8月10日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/60061675

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ QV-R61:

« オリンパス ペンD (イタリア上陸作戦稼働機) | トップページ | フジフィルム スーパープレスト1600(ベネチア編) »