« ニコン クールピクスS6000 その2 | トップページ | フジフィルム 160PRO NS (120判)  »

2014年11月15日 (土)

リコー GR10

Dscn4293高級コンパクトカメラとして一世を風靡したコンタックスT2やニコン35Tiが拙僧の様な赤貧モノの手に入るのも、フィルムインフラの悪化と無関係ではないから喜んでばかりはいられないな。しかし、そういうカメラが目の前に転がっていれば、やっぱり喜んで拾ってしまうのだ。

Image100リコーGR10は名機GR1の廉価版として登場した。しかし、基本的にはGR1のレンズを踏襲しており、そのパフォーマンスに遜色は無い。観心なのは28mmという焦点距離である。ニコン28TiやミノルタTC-1など、28mmのレンズを搭載した高級コンパクトカメラは他にもあるが、拙僧の師団配備は本カメラだけである。あえて言えばコンタックスTVSが28mmから始まるズームレンズを搭載している

Image54初夏のイタリア旅行で動員したリコーGR10の調子が悪くなってしまったのは、我師団にとって痛手であった。AEやAFのミスは稀で問題ではないのだが、フラッシュの発行禁止が出来なくなってしまったのは、スナップ撮影では致命的である。コンタックスTVSの調子もイマイチで、拙僧の師団ではハイパワーの28mmを搭載したコンパクトカメラが稼働状態でなくなってしまった。そうは言っても、簡単に補充できずに困っている。

Image15それで無節操に焚いたフラッシュのネガの露出がおかしいかというとそうではないのが悩ましいところである。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« ニコン クールピクスS6000 その2 | トップページ | フジフィルム 160PRO NS (120判)  »

コメント

Rikkie師匠、ご無沙汰しております。

リコーGR10の作例ですが、驚くほど繊細かつダイナミックな画質で、あのコンパクトでこのレベルと驚愕しました。

しかし、イタリアはいいですね。

ヨーロッパはドイツとオーストリアには行った事があるのですが、イタリアは無いですね。

イタリアの明るく楽しげで、軽いイメージに対し、ドイツは重々しく重厚感たっぷりな雰囲気でした。

トレビに泉にコインが投げ込まれなかったという事で、生涯の中で再度イタリアには行けない!?かもですが、フランスもイギリスも楽しそうですし、是非是非他国にも足を伸ばしてみてはと思います。

非常に楽しいイタリアの写真ありがとうございました。

投稿: nico nico | 2014年11月16日 (日) 20時35分

どもども、nico nico殿。

そうなんですよね。GR10は有る程度の即応性があるし、レンズがイイですから期待できるんですよね。28mmの高級コンパクトカメラが師団に欠となったのは痛いです。最近、コンタックスTVSもイマイチの調子ですし。

ドイツ・オーストリア・ハンガリー・チェコなど。東欧は行きたかったんですよね。しかし、英語は通じないし、治安的にもドイツ以外は不安だったのでパスしました。

次回はフランスをボルドーやロワール、ブルゴーニュなどワインの産地を縦断してニースからスイスに入りたいですね。5年以内には行きく予定です。

あっしらも歳をとってからだと大変だと思うので。

こちらこそ。稚写真にお付き合いありがとうございました。

投稿: Rikkie | 2014年11月17日 (月) 06時11分

律輝師団長閣下に於かれましては、益々筆力扛鼎、畏れ入る次第。
昨夜、文中に登場して参りました Contax TVS、また GR28㎜ のためにシルバーの DMC-GF3 を落札致しました。
仰る通りフィルムインフラ悪化及び中古ミラーレス飽和ゆえか、デッドストックの TVS、程度 AB ランクの GF3 が併せて六千五百円でありました。
両機ともアクセサリーシューがありませんので、外付けファインダーフリークのヤツガレでありましたが、ここで我が小隊は黒皮病克服並びに写メ風撮法に 『転進』 するやも知れないのであります。
昨夜落札ゆえ手元には無いのでありますが、GR28㎜ の銀梨地と GF3 銀色軍艦部の丸い天井は端から誂えたような風貌になるのではないか、とカメラのコーディネートに淫しているのであります。

投稿: 友軍機 | 2014年11月18日 (火) 05時51分

どもども、友軍機航空参謀長殿。

なんと、TVSとGF3が6500円とは。
やはり歴戦の参謀長殿は戦争の戦い方が違いますなあ。

拙僧などは液晶不良のGF1を3880円で鹵獲するのがやっと。その後、武威偵察中に専用EVFを撃破しました。これが7700円でしたから、1.2万円でEVF専用マイクロフォーサーズ機を構成可能となりましたが、既にG3を確保しておりますから、果たして損害に見合う戦いだったのか怪しいものです。

拙僧の衰えた眼では液晶ビュワーでの索敵は困難で、MDロッコールだのニューニッコールだのを運用するにはEVFに頼るしかありませぬ。
しかし、マイクロフォーサーズを普通のズームで使うには、そのインパクトの薄いスタイリングは敵地でも民間人と認識されますから、便衣任務にはGF5に利ありでございます。

GF5ならではの特殊任務としてはトキナー24mmF2.8をつけて目測戦に応えることが可能です。

もしかして、TVSのレンズをマイクロフォーサーズ化なさるのでしょうか。拙僧の技術廠では到底不可能な技です。やはり禁衛府に近い参謀長殿は優良な工廠をお持ちですなあ。

フィルムカメラのフィクスされたレンズの改造マイクロフォーサーズ化は近く報告させて頂きます。

投稿: Rikkie | 2014年11月18日 (火) 08時31分

追伸ご容赦。

まさか、V-Sonnar をばらして M4/3 にと思い立つことは決して無いのであります。
貴師団の T2、TVS の戦果を拝見するに、ただただ戦意喪失見とれているのであります。

もちろんコリメータなど持っておりませんから、目見当ではお話しにならないのであります。但し、Olympus、Pana 共に×7 ×10の拡大表示がワンタッチで出来るのは救いなのであります。

今や膨大となりましたフイルムカメラやコンデジの処理に迫られている我が小隊と致しましては、工廠にカメラ分解技術取得を命じたところでありますが、全兵卒不器用な現状如何せん、であります。

投稿: 友軍機 | 2014年11月19日 (水) 06時36分

どもども、友軍機工技廠参謀殿。

それが、最近、コンタックスTVSの調子がイマイチなんですよね。もともとAFがプアなレンズでしたが、センターの人物も外すようになってしまって、潮時かなと感じています。
もっとも、ニコン35Tiのように、肝心のモデル撮影で失敗して、街中のテスト撮影だと大丈夫だったりして、安易に処分できないのですが。

28mm機としてミノルタTC-1でも欲しいところですが、まだ、イイ値段がします。

我師団の新設マイクロフォーサーズ中隊では、MDマウントのトキナー24mmをつけた時は目測で大体のところは問題なかったのですが、50mmだとしっかりフォーカシングしないと外れます。拙僧の「3秒停止したら狙撃兵に撃たれる」というドクトリンでは大変な作業です。ちゃんと拡大して落ち着いて撮影すればいい結果が出るのも分かってはいるのですが。

我師団でもヤードの格納限界などはとうに超えているのですが、全てのカメラの5割も使い切らないうちにフィルムインフラが事実上の運用不能になってしまうのではと危機迫るものがあります。

それで使うのがコニカAF2だったりして、コニカプレスもローライ35もミノックスBも泣いてますね。

そうは言っても拙僧の寄せ集めの遊撃師団では満足な回収もままならずです。

投稿: Rikkie | 2014年11月19日 (水) 14時06分

度々の追伸ご容赦。

TVS、GF3 が届きました。TVS は新品ハードケースまで付いていて動作も満点のようです。

銀梨地 GR28㎜ の模様替えのつもりであった GF3 はシェルホワイトたら言う塗りで軍艦部はシルバーですが少々アテ外れでありました。粗忽の極み。ステンレス外装の E-P1 に Leitz SBOOI 風 (コシナ製) を付けた現状を超えるものでは無いのであります。

斯くなる上は、SWH-15㎜ を装着し雪中塗装の共匪95式 assault rifle としたいのであります。

お騒がせ致しました。

投稿: 友軍機 | 2014年11月19日 (水) 21時43分

どもども、友軍機航空参謀殿。

おお、TVSとGF3が届きましたか。TVSは、この際もう一度買ってもイイかなと思ってもいます。しかし、京セラのカメラですから、ニコンやミノルタのような耐久性は望めないと思うと躊躇しますね。それに名古屋は高い。中古カメラ市でも開くとイイんですが。

いや、実は12月に名古屋歳末中古カメラ戦争の勃発の情報を入手し、現在部隊を編成しているんですよね。GR10になるかTVSになるか、はたまた値付け間違いの28mm付き高級コンパクト機にでも遭遇したら戦闘・鹵獲したいものですが。

拙僧のGF5も似たようなものです。拙僧はこの、およそ戦争に似合わぬ女子供のスタイリングを気に入っています。便衣隊として相手を油断し、コシナ15mmにて目測の弾巻き銃として近接戦闘に効果ありではないでしょうか。

あっしもコシナの21mmとか25mmとか願っていますが、時間が足りないでしょうなあ。京セラコンタックスのディスタゴン25mmは殆ど諦めています。

投稿: Rikkie | 2014年11月20日 (木) 00時07分

おおイタリア!異国の地でも人混みにわけいってシャッターを切るその行動力、流石です。
南部欧州の日差しがまぶしいですね~カメラもラテンの陽気なまぶしさに調子を崩したのかも…
しかし古い電子化機は壊れちゃうとどうしようもないのが悲しいトコですね。こんなによく写るのにもったいない…

投稿: 無尽探査機 | 2014年12月 2日 (火) 20時37分

どもども、無尽探査機殿。

写りは最高なんですよね。
それだけに故障は惜しいです。
コンタックスTVSも怪しいので、現在、高パフォーマンスの28mmが欠になってしまいました。
ティアラやニコンミニでも写真が劣るとは思わないのですが。

TC-1はムリにしろ、クラッセWあたりは何とかならないかと思っているのですが。

投稿: Rikkie | 2014年12月 3日 (水) 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/60630821

この記事へのトラックバック一覧です: リコー GR10:

« ニコン クールピクスS6000 その2 | トップページ | フジフィルム 160PRO NS (120判)  »