« カシオ QV-2900UX | トップページ | GIANT エスケープR3 »

2015年4月22日 (水)

第二次春季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン会戦

P1070946第一次春季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン会戦では師団の消耗も激しく、大本営(スタフカ)には組織的な攻撃は不可能と打診していた。しかし、開戦から4日後の日曜日、シンサカエチョウ高原にて「エプロンのお姉さんを撮る」ゲリラ作戦に参加すると、マルエイ高地は隣の駅であり、参戦を拒否する正当な理由が無くなってしまった。なので残りの残存兵力と予備大隊で再び軽旅団規模の戦力を編成した。

P4190015マルエイ高地の戦闘は既に終焉に向っており、展開する諸国軍も少なく閑散としていた。ショウウィンドウの正規野戦域でハッセルを選ぶカップルなど微笑ましい光景も見られるほどであった。ジャンク戦域は既に荒廃しており、組織的な抵抗は無く、拙僧もあえて部隊を展開しなかった。しかし、拙僧が見つけた期限切れの120判アクロス(100円)を誰も買わないだろうと思って一度見逃たら、ちゃんと無くなっていたから目の鋭い諸国軍が存在したのであろう。

P4190016第一次会戦で最後まで奮戦していカメライトーウ堡塁のジャンクアクセサリーの山も既に既に制圧されており、残兵が散発的な攻撃を行っている程度だった。しかし、こういう時こそ思わぬ伏兵、死に馬に蹴られるのである。麾下の部隊には緊張を解かないように伝達する。

しかし、なにも買わないのは癪だ。なのでアクセサリー類とツマラナイレンズ数本の確保を決行した。だが、思いがけない大物に遭遇し、旅団は大打撃を受けてしまうのである。拙僧もよくよく運の無い男だ。戦闘資源の少ないゲリラ作戦の帰りに、こんな大物と弩遭遇するとは。

Dscn0852戦果は下記の通りである。

・コズミカール 35~70mmF3.5~4.5(1000円)

・AKAIズーム 11.5~90mm(カビ、Cマウント、500円)

・レンズキャップ類(100円)x5

・ラッキー 90M用ネガキャリア(ライカ判、100円)

・キヤノン IIC(?、5000円)

コズミカールの1000円は安くもなかったのだが、この時は後の大出血を予想していなかったので確保したのだ。コズミカール(COSMICAR)はペンタックスの工業用レンズのブランドなのだが、どういう訳か民生レンズにも与えているのだ。話題のネタとして鹵獲したような物なのだが、既に確保している28~80mmがちょっと重いので、軽快なこのレンズがちょっと欲しくなったのだ。

AKAIズームの素性は今のところ分からない。実はCマウント->マイクロフォーサーズのアダプターを確保したのでCマウントの格安レンズが欲しかったのだ。これはカビが酷いモノで、それで開戦から4日も経過しても残っていたのだろう。分解清掃は難しそうだが、500円なので確保。その後はアクセサリーやらで2000円ほどの出血で済んだ。ところが反対側のカウンターで思わぬ大物に遭遇するのだ。それがキヤノンIICである。




Dscn0851その戦域はジャンク戦域と正規野戦戦域との境目に存在した。崩落寸前の堡塁のプライスタグには「キヤノンS2」と書いてあったが、駐屯地に帰還後に調べると、どうやらIICらしいな。

拙僧もそろそろライカが欲しいと思っていたのだ。勿論、デジのMとかM6/M7では無くてクタビレまくったIIIAとかM2である。それでも2~4万円くらいするから拙僧の師団では対応できない強敵である。ところが、このイートウ堡塁の生き残りは5000円なのだ。イートウ堡塁では会戦初期のプライスタグを週末には半値にするのが常なのだ。つまり、このIICは会戦初期には1万円のプライスタグをつけていたことになる。当時の拙僧の打撃力では適わず担当する敵ではないので視界にも入らなかっただろう。しかし、5000円なら予備の独立戦車大隊を投入すれば撃破できないこともない。その代わり当面の間は組織的な行動は不可能になってしまう出血ではある。

Dscn0828拙僧は悩んだ。出血の覚悟も悩ましいのだが、この開戦から4日も経過した日曜日の午後に生き残っている物件は何かしらの問題を抱えているのではと推測したのだ。しかし、シャッターはスローを含めて動くようである。ファインダーも問題なし。あとは幕が星空になっていないかだが、こいつはバルナックライカと同等に裏蓋は開かず、底蓋からフィルムを装填するタイプなので確認できない。観察するとファインダー周りに樹脂の板が貼りつけてあり、どうも前オーナーがメガネさんだったらしく、メガネのレンズの保護の為に改造したようなのだ。これではコレクションにはならないな。生き残ったのは、この改造のせいだろうか。

さんざん悩んだ末、ナケナシの独立戦車大隊に自動車化狙撃兵部隊の生き残りで野戦部隊を編成し投入した。このキヤノンIICの賑やかな軍艦部に満足すれば、今更ライカなんぞに大出血しないで済むのではと踏んだのだ。

財布の奥に挟んだ予備の折りたたんだ一万円札を差し出した時には鬼のように後悔したのだが、駐屯地帰還後にキヤノン35mmF2.8をつけてみると、雰囲気が時代を感じさせて大出血の痛みを忘れてしまうのである。問題は撮影可能かどうかだが、それを確認するのは当面先になるだろう。

これでライカを買う可能性は消えたな。いやいや、まさか。

P.S.

第三次会戦も発動しました。

|

« カシオ QV-2900UX | トップページ | GIANT エスケープR3 »

コメント

クラシカルなキヤノンとはなかなかいいブツを。
ライツでなく、キヤノンで、レンズも同じくキヤノンの35mmというところが、「写真」を道とする、清い感じがしますね。

という私は、以前3aを持っていましたが、やはりシャッター幕にピンホールのある難モノで、パーマセルで塞いでました。

投稿: なお | 2015年4月22日 (水) 19時54分

どもども、なお殿。

Lマウントライカの実用を感じさせないクラシックなスタイリングも魅力的なのですが、実戦で馬車馬のように使うにはキヤノンなのではと思ってしまったんですよね。

可変ファインダーがどの程度役に立つかは疑問ですが、一眼式ファインダーは戦闘力が高そうです。

ピンホールは拙僧も怖いんですよねえ。
こればっかりはフィルムを通さないとですよね。

投稿: Rikkie | 2015年4月22日 (水) 20時38分

おばんです Rikkie師匠。

>AKAIズーム 11.5~90mm・・・
自分も持ってます(しかも、何故か2本も^^;)。
http://ayijak.blog.fc2.com/blog-entry-675.html
Canon製のこのレンズ、昔の産業用カメラ用として
沢山のメーカーが採用してたみたいですね。
 
"AKAI"と言えば自分ら世代は、中(高)?級の
音響機器を思い出します^^)。
 
 

投稿: 鍛冶屋 | 2015年4月22日 (水) 22時16分

どもども、鍛冶屋殿。

おお、どのコンテンツは以前拝読しました。流石、戦闘工兵を抱えている教導団長殿。懐が広い。

実はCマウントアダプターがどこかへ行ってしまい。本当にAKAIがCマウントなのか不安だったんですよね。

ようやく安心できました。

あとはカビ取りと、アダプターを探さねば。

投稿: Rikkie | 2015年4月23日 (木) 05時44分

こんばんは師匠!

ご無沙汰しております。

先日の第一次丸栄戦での熱も冷め切らないままに第二戦まで参戦されたとは...正直、羨ましいかぎりです。(第三戦も)

日曜日は会社で 「早く終わったら丸栄行きたいなあ....」と思っていたのですが、そんな日に限って居残りで、私の第二戦計画は計画で終了でした。

>思わぬ大物に遭遇するのだ。それがキヤノンIICである

これは超大物ですね。それが5000円とは....。引きの強さに脱帽ですが、初日の2時間で優良物件は売れたのかと思いきや意外や意外、残っているものですね。

しかし、私のNikon Fも5000円で、かつての高級カメラが5000円って何だか残念感が漂よいますね。

何はともあれ、おめでとうございます。


>エプロンのお姉さんを撮る....

何か凄い撮影会に参加されて羨ましいかぎりです。

顔が広いというか、さすが様々なコミュニティーに参加されている事はありますね。

私は、ひなびた感たっぷりな風景が大好きなので、お姉さんは撮った事が無いのですが、んー楽しそう....。

そうそう5月ですが、土日は休出なのですが、金曜日がシフト休で出かけられそうです。

平日にRikkieさんのご都合がつきそうでしたら、どっかの商店街でも行ってみます?

>思わぬ大物に遭遇するのだ。それがキヤノンIICである

投稿: nico nico | 2015年4月23日 (木) 22時19分

すみません。

コメント中に送信してしまいました。

>思わぬ大物に遭遇するのだ。それがキヤノンIICである

>こういう時こそ思わぬ伏兵、死に馬に蹴られるのである

何だか素晴らしいフレーズですね。
よくぞ!思いつくなあ...と毎回、感心というか、凄いなあと思います。


>今更ライカなんぞに大出血しないで済むのではと踏んだのだ。

国産カメラに限っている私でも、万が一ライカが1万円だったら、堪えきる自信がありません。
その時は素直にライカに飲み込まれます(笑

投稿: nico nico | 2015年4月23日 (木) 22時27分

どもども、nico nico殿。

使い勝手ではキヤノンPやキヤノン7の方が良いと分かりつつも、このクラシック然としたスタイリングには惚れてしまいますよね。

キヤノンで満足。とは言いつつも、以前中野フジヤカメラでライカIIIAが2万円だった時には真剣に考えました。既にペンタックス645用のレンズとかもろもろの大出血を経ていたので手が出ませんでしたが。

第二会戦は残兵掃討戦ですから気を抜くんですよね。そこで思わぬ強敵に遭遇すると狼狽えてしまう訳です。手に入れてしまった以上、ちゃんと撮影出来ることを祈るばかりです。

かつての高級カメラが捨て値で転がっているのは拙僧も複雑な想いです。しかし、運用にはそれなりに投資が必要ですから、ありがたい話だと思っています。

たまにはお姉さん撮影もイイものですよ。

平日でもあっしはOKですよ。今のところは5月は空いているので、お声掛けお待ちしております。

一時期は2万円台のM2とか日東商事(だったかな)で出ていて悩みましたねえ。結局ライカは避けられないかもしれません。

投稿: Rikkie | 2015年4月23日 (木) 23時12分

キヤノン砲撃破とは、大戦果おめでとうございます。
自分は2S改でとても満足していますが
ライカも欲しい^_^;

投稿: M | 2015年4月24日 (金) 21時35分

どもども。
エプロンお姉さん撮影を装いながら、敵の秘密基地に潜入しIICを奪取するなど、トムクルーズ並のミッションまでこなしてますね。

と思ってたら、最後は底引き網でゴッソリとは、最後まで手抜きなしというプロの仕事振り。以前お会いしたときのバックにギュウギュウ詰を思い出しました。

投稿: 大佐 | 2015年4月24日 (金) 23時48分

どもども、M殿。

ありがとうございます。

金を払った時は大分後悔したのですが、実物を駐屯地でしげしげと眺めると、愉快なものです。

とはいえ、やっぱりライカも欲しですよね。
また格安のIIIAでも転がっていないかなあ。

投稿: Rikkie | 2015年4月25日 (土) 04時37分

どもども、大佐殿。

白状すると、お姉さんを撮影しながらも、頭は中古カメラ市の事が離れなかったんですよね。
一種の変態なのではと怖いのですが。

他に1000円の黄色玉のスーパータクマー55mmF1.8とか2500円のスロー不良で美品の海鴎4Aとか、心が揺らいだのですが、自転車や単車に掛ける金もあるので自重しました。

そう言えばキムラー500mmF8を買った時はチベットの行商のようでしたよね。
また、ご一緒させて頂きたいものです。

もしかしたら6月辺りに帰京するかもしれません。

投稿: Rikkie | 2015年4月25日 (土) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二次春季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン会戦:

« カシオ QV-2900UX | トップページ | GIANT エスケープR3 »