« GIANT エスケープR3 | トップページ | オリンパス L-3 »

2015年4月29日 (水)

オリンパス キャメディア C-760UZ

Dscn0669本カメラは同時期に発売した400万画素級のC-770UZのダウングレード版である。ボディはほぼ共通ながらサイズの小さい300万画素級撮像素子を搭載している。レンズも同じだからレンジが望遠側に振ってしまった。例の如く、スグに投げ売り状態だったらしい。85~300万画素級時代の第一黄金期が終焉した後に、オリンパスの糊口を凌いだのがC-700UZシリーズとμデジタルだったが、xDピクチャーカードが高くついたので、安売りしても効果は薄かったようだ。

Pb230040
動作は近代のデジカメに比べれば緩慢である。しかし、AFの精度も良く、しっかりホールディングすればそれなりの打撃力のあるカメラだ。しかし、本カメラの積極的にISO感度を上げてシャッター速度を稼ぎ、手ブレや被写体ブレを抑える機能が効果的に動作しているかは怪しいな。日陰でもISO64だったりする。

どうも、感度を上げると画質が劣ると言った呪縛にエンジニアもデザイナーもとらわれていたようだ。これはオリンパスに限った話ではない。ノイズが走ろうが被写体がブレていなければよい。

現在のコンパクトデジカメはISO1600でも画質劣化は問題にならないから、本当に積極的にISO感度を上げる。

コンテンツもご覧頂きたい。

|

« GIANT エスケープR3 | トップページ | オリンパス L-3 »

コメント

どもども。
770UZは、デザインが好みでした。請われて弟の所に嫁いだ幸せ物でした。

最後まであのメニュー画面には慣れなかったなぁ。逆に操作性云々を気にしなくなった今の方が自分には似合うかもしれない。

投稿: 大佐 | 2015年4月29日 (水) 19時37分

どもども、大佐殿。

あのバーチャル十字キーですね。

基礎的なアイデアは兎も角、階層メニューが場当たり的でイライラさせられるものですね。おっかなくて画像の削除も出来ない。

ウルトラマイクロモードとか、使いやすい位置にしたらもっと評価が高いんですが。

投稿: Rikkie | 2015年4月29日 (水) 20時42分

まいどっす Rikkie師匠。

>メニュー画面には慣れなかった・・・
右に同じです! ><)"。
セットボタン押した時に画面に出てくる、
十文字のメニューが一回分多いんですよね。
 

投稿: 鍛冶屋 | 2015年4月29日 (水) 21時44分

どもども、鍛冶屋殿。

鍛冶屋殿もそうでしたか!

困ったことに、あの操作系をオリンパスは気に入ってしまい、μシリーズもXシリーズも採用してしまいましたね。

打押数が多くなっちゃうんですよね。

投稿: Rikkie | 2015年4月30日 (木) 08時03分

はじめまして。
最近写真を始めまして、たまたま譲り受けたC-760UZで色々撮っています。
10年前のモデルにしては絵作りは悪くないような気がします。初心者なのであまり分かりませんが(汗)

投稿: ゆみしし | 2015年5月 1日 (金) 10時36分

どもども、ゆみしし殿。

こちらこそ、初めまして。

xDピクチャーカードの使い勝手に難ありですが、絵作りは立派なものですよ。手ブレも、積極的に自分で管理すれば問題ないと思います。

写真に必要な操作は出来るので、ガンガン楽しんでください。

投稿: Rikkie | 2015年5月 1日 (金) 16時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/61380573

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス キャメディア C-760UZ:

« GIANT エスケープR3 | トップページ | オリンパス L-3 »