« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月27日 (土)

チノン 35F-II(2)

Dscn4518「イタ飯」というのはおっさん言葉らしい。現在では「イタリアン」というのだ。なので、迂闊に「イタ飯奢るよ」などと若い娘さんに言おうものなら、ギラついたバブルオヤジに思われてしまうらしいから気をつけないとな。

Image101本カメラのペットネームは「ヤングミニ」らしい。「ヤング」という語感も若さから程遠いよな。「ヤングジャンプ」だって「ヤングサンデー」だって、イイオヤジが読んでいるんじゃないだろうか。今どきの若者はスマートフォンでLINEかネットゲームだろう。

そういう意味では本カメラの固定焦点(パンフォーカス)というのもアンティークなギミックである。トイカメラのムーブメントもそろそろ終焉だろうから、CDやMDの早々に表舞台から消えるだろう。

この種の廉価カメラに、今や高価なフィルムを通して使う男気を認めていただきたい。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

北海道ツーリング作戦発動(メンテナンス編)

Dscn1132北海道ツーリングが現実化してから、頭の中は北海道で一杯である。実際にはジャンクのルミックスDMC-FS3を拾ったりしたのだが、これは200円の物件だし、拙僧のペースからしたらノイズみたいなものだ。毎日、ツーリングマップル北海道編とガイド誌、とほ宿ガイドブックとYHガイドブックを読んでいる。数年ぶりにYHの会員にもなった。成年パスの2500円が得になる程YHを使うか微妙だが、これも旅情というやつである。

Dscn1097単車にも手を入れなければならないな。何せ、4年ほど前に素人のやっつけ仕事で動くようになったキリ、殆ど手を入れていないからな。いや、リアタイヤは新品に交換した。これだってネットオークションの安売り新品を自分で交換した物なのだが。問題はフロントで、これは中古2000円のモノをひとまずハメたのだ。山は残っていたのだが、流石にヒビを確認したので交換を決意した。

Dscn1131勿論、今回も素人仕事でやっつける。ちゃんとお店でやってもらうと3万円くらいかかるからな。ブツはネットオークションの安売り新品で送料込みで7300円くらいだった。念のためにチューブとリムバンドも新調する。これはリアルショップで買った物でチューブは2300円でリムバンドは220円だった。作業は案外スムーズであった。結局、リムバンドはダメージが無かったので交換していない。

Dscn1133ちょっと面倒だったのがプラグ交換である。試してみたのだが、タンクを外す(ずらす)必要があった。もっとも、あちこち増し締めが必要なことが分かったので良い機会ではあった。

Dscn1134プラグは少し白く焼け気味だろうか。作業はスムーズに進んだと思ったのだが、組んでキーをONにしたらメーターが表示しない。当然セルも廻らない。マジで!?再びカウルを外してバッテリーをチェックすると、端子は正常に接続しているようである。再びONにするとメーターは表示し、エンジンもかかったのだが不安だなあ。

それより困ったのが単車を押すとメーター周りからキーキー音がするのである。どうも、フロントホイールから繋がるメーターケーブルが怪しいなあ。他っておくのも心配だから、単車屋に見てもらう必要があるか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

オリンパス ズイコー200mmF5

Dscn1013拙僧がカメラ人民として目覚めたのは1997年くらいだから、既に一眼レフカメラは当然のようにAFだったし、技術の推移も頂点に達しようとしていた。そんな中、主要国産メーカーの中でオリンパスだけはレンズ交換一眼レフはMFのみだった。OM707等というカメラを知るのはずーっと後のことである。時代はまだパソコン通信のニフティサーブの時代で写真フォーラム(FPHOTOH)では一段と濃いグループを形成していたのがオリンパスファンだった。それだけこだわりが強かったのだ。

Image22
オリンパスのこだわりは軽量・コンパクトであった。妙にレンズマウントに設置したシャッター速度設定リングの利点を声高らかにしていた方もいらっしゃったが、拙僧は特に利点とも不利とも思わない。その軽量・コンパクトを象徴するのが本レンズである。200mmF4があるのに200mmF5を出したのだ。

これも大粛清で手放そうかと思っていたカビ有物件なのだが、出来あがりを見ると決心が鈍る。どうせ二束三文だしなあ。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

北海道ツーリング作戦勃発

P1010009突然だが、8/1の東京決起会は順延とさせて頂きたい。参加表明を頂いた方には大変申し訳ない。

というのも7月中旬から北海道に3週間ほどツーリングに行くことにしたのだ。妹の結婚式?×2の結婚式何て知ったこっちゃないっすよ。しかし妻が許してくれたのにも理由があるのだ。つまり、今年度でジェベル250XCを退役せよとの御達しなのだ。CRM250Rとか4stと2stでまるで違う単車なのだが、妻からすると似た様な単車が2台あるのが許せなく、前々から糾弾されていたのだ。連隊連絡機のGIANTも就役し、単車の稼働率が下がっているので、拙僧も覚悟を決めたのだ。

P8100051
具体的なプランは全く決まっていない。それよりも、新調したテントのテストも含めて試験ツーリングをおこなわなければだな。本稿公開時にはどこかしらでキャンプを張っている筈である。

ジェベルを手放すのは惜しいが最後の奉公を願いたいものである。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

タムロン 80~210mmF3.8~4

Dscn1356どこのジャンク籠にも転がっている望遠ズームレンズである。エッジも立っていて質感も良く、結構カッコいいのでよく売れたのだろう。なので、当然、価格は捨て値である。むしろKマウントのアダプトール2の方が価値があるくらいだ。開放値F3.8にするくらいならF4通しの方が使いやすいと思うのは拙僧だけだろうか。実際にはダイエー商法と同じで100円よりも98円の方が売りやすいのだろう。実際、誤差の範囲という気もするし。

Image11写りはフラットでデリケートである。拙僧のようなやっつけ仕事でプリントするには難しいネガだ。しかし、カラーネガだと優しい描写になるのかもしれないな。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

リコー R50

Dscn0971年金機構の情報漏れが話題にになっている。個人情報の入ったホストコンピュータと誰が閲覧するかわからないHPのサーバが繋がっていたというのはちょっと驚きだな。現に藤沢市(小田原だったかも)は個人情報の端末は別になっていた。キャラクターコンソールでCOBOLで書かれていたのには感心したなあ。あっしも移植仕事の面倒なC言語なんかじゃなくて、真面目にCOBOLをやっておけばよかった。

Rimg0082リコーは我々にとってはカメラメーカーだが、オフィス機器・サービスの総合供給メーカーだろう。実際にリコーの公式HPのトップページではパーソナルユースの扱いは小さい。それでも、リコーの攻めているデジカメへの姿勢は強力なフォロワーを形成し強い。

本カメラはリコーがまだ廉価カメラを出していた頃の廉価機である。出来は露骨に平凡だが、廉価機などは儲からないジャンルだし、リコーのブランドに貢献するとも思えない。なので、現在のリコーは廉価機に手を出していない。

勿論、条件次第では綺麗な絵を描く。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年6月 6日 (土)

キヤノン FD55mmF1.2

Dscn2519本レンズは以前に紹介させて頂いたことがあるのだが、かなり前の話だし、先日のnico nico殿との瀬戸市撮影共闘でも動員したので、改めて報告させて頂きたい。

F1.2という明るさは拙僧にとってはモンスターであり、通常では手に入るレンズではない。最近、ミラーレス一眼のレンズアダプター遊びでMF時代のレンズが高騰しているのだが、本レンズを購入した時期は底値であった。確か3000~4000円で拾った気がする。数点のカビがあるのだが、写り具合には影響ないとしてイイだろう。巨大なレンズで遊撃を身上とする我師団では稼働が低いのだが、打撃力は素晴らしい。

Image64とはいえ、慢性的に財政困難な我師団だから、カビが広範囲に育つ前に処分したいという気もするのだ。nico nico殿との共闘で本レンズを動員したのは、使ってみて処分する腹積もりであった。今ならそこそこの価格がつくはずだ。しかし、モノクロの仕上がりを見るとほれぼれしてしまって決心が揺るぐなあ。以前、撮影した夜景のカラーネガを見てもイイ具合なのだ。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

ニコン クールピクスP300

Dscn0020クールピクスP1の続きになってしまったが、ポジション的にはまるで別物である。クールピクスP1が廉価デジカメに気分程度のマニアル機能を付加したのに対し、本カメラは本格的なマニアル機能を搭載しているらしい。「らしい」というのは、拙僧の個体は液晶ビュワーが壊れているのでその恩恵に与れないのだ。それでも、hdmi端子を搭載しているのでTVに繋げて諸設定は出来る。

Dscn2089フィルムコンパクトカメラから外した光学ファインダーをつけてみたが、無いよりましの目安でしかないな。妙に周辺が引っ張られると思ったら、広角側がライカ判24mm相当だそうだ。完動品はさぞかし立派なカメラなのだろう。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »