« ニコン FM10 | トップページ | 北海道ツーリング2015 4~7日目編 »

2015年8月26日 (水)

ソニー サイバーショット DSC-F55V

Dscn3985北新鮮が南韓に向けて155mmロケット弾を発射したそうである(8/20)。1発らしいから多連装発射機じゃなくてカノン砲からロケットブースターで飛ばしたんじゃないだろうか。南韓も反撃したらしいが水遊び程度であろう。それでも少しは笑いの種になるから半年に一遍くらいは仲良く喧嘩してほしいものである。

Dsc00031
対立といえば我が国の家電業界が元気だったころ、よく比較されたのがソニーとパナソニックだった。ソニーは独創的で開拓者であり、パナソニックは大衆化と大量生産である。デジカメ大戦ではソニーが先行した、パナソニック(というか松下)はデジカメなどという香具師じみた商売はしたくないから、参戦は限定的だった。それがルミックスの登場で全面戦争に発展する。浜アユのルミックスDMC-F7の登場も、今の若い方々は記憶にないかもしれないな。この戦争はソニーの企業体質的な不手際でパナソニックの後塵を拝することになった。

拙僧はモダンなデジカメニュースに詳しくないのだが、最近のソニーは元気を取り戻しつつあるようだ。もっとも、ソニー対パナソニックのような旧態然とした構図にはなっていないようである。拙僧などは独自仕様より互換性が好きだからソニーはそれほど好ましく思っていない。デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼で持っていないのはソニーだけだからな。α100を持っているが、あれはコニカミノルタの遺産だろう。

本カメラもどう設定してもフォギーがかかってしまい、ソニータイマーの嫌味を感じるのだが、海外で評価を得ているのはパナソニックなどよりも遥かにソニーなので、民族的には頑張ってほしいものだ。

コンテンツもご覧頂きたい。

|

« ニコン FM10 | トップページ | 北海道ツーリング2015 4~7日目編 »

コメント

おはようございます。
これこの前みつけて気になってました。
ただ実写みるとツァイスのキレがないなあ。


古い機体だから仕方ないのかもしれません。

ソニーやパナはフィルムの呪縛がないのだから既存のカメラの形にハマらずもっと独創的なカメラを作って欲しいです。

そういえば、昔、ナショナルがラジオ付きのワンテンを作ってたのを思い出しました😃

投稿: ざっく | 2015年8月26日 (水) 06時21分

どもども、ざっく殿。

この個体はジャンクなので致し方なしでしょう。
マイナーチェンジ版のDSC-F55DXのコンテンツを描いているんですが、こっちはパキッと写りますよ。ただ、逆光にはあまり強くないですね。

カメラ付ラジオというとコーワのラメラも思い出すものです。

投稿: Rikkie | 2015年8月26日 (水) 08時32分

コレ、レンズの内部で曇ってるんですかね・・・
実は、ウチもジャンクで買ったPwershot S10が同じような症状なんですよ

この時代で「独創的」なのは、ミノルタと京セラですかね?
でも、ソニーもこの数年後には、DSCR1と828という「お化けカメラ」出してますからね

カメラ業界では、ソニーVS松下の戦いって全く話題にならないですよね、やっぱ、この業界ではニコンVSキャノンの唯我独尊対決でしょうね・・

投稿: 秋刀魚 | 2015年8月26日 (水) 19時52分

どもども、秋刀魚殿。

レンズのクモリではないようなんですよね。
サイバーショットDSC-U20とか、旧いソニーでちょくちょく見られる現象です。

京セラは独創的でしたね。SL300Rあたりは今でも結構好きなんですよ。京セラがデジカメから撤退したのは内部抗争的な事情があったともされますが、どうなんでしょう。

ミノルタもディマージュ7あたりから本格的にデジカメ戦争に参戦したのですが、初戦の失敗を取り戻せなかったようです。

カメラメーカーのライバルと言えばニコンvsキヤノンですよね。一時期は大分キヤノンに置いてかれましたが、最近は取り戻しているでしょうか。

一時期はミラーレスばかりで一眼レフは縮小なのかなと思っていたのですが、最近、実際に撮影している方をみると、一眼レフを再び多く見るようになった気がします。

投稿: Rikkie | 2015年8月28日 (金) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/62121114

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー サイバーショット DSC-F55V:

« ニコン FM10 | トップページ | 北海道ツーリング2015 4~7日目編 »