« 2015年秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役第一次会戦 | トップページ | 南知多モデルポートレイト撮影会 »

2015年9月30日 (水)

2015年秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役第二次会戦

Dscn0017先の会戦では師団の損害は200%に及び、当面の組織的な戦闘は不可能であった。ところが、明ける9/28からサカーエ高地に隣接するシン・サカーエ丘陵にて友人が個展を開くのだ。拙僧は戦力はないが時間は有るので初日に拝観することにした。駆逐艦「メイテツ」の手配は名古屋に定期的に通っている漢方医へ行くためという名目で師団長兼妻から了承を得ていた。勿論、名目だけではなく、本当に医者にも行ったのだが。

Dscn1559戦場は既に残兵討伐の段階だった。ジャンク関係が軒並みに50%引きセールになっている。そこが、狙い目なのだ。

戦果報告は下記の通り。

コニカ FM(1000円、露出計NG)
ミノルタ SRTスーパー(250円、露出計動く)
ミノルタ MCロッコール28mmF3.5(500円、後玉カビ)
オートキノール”KINOR” 28~80mmF3.5(1000円、ヤシコンマウント)
テフノン 28~50mmF3.5~4.5(500円、キャップ付き、後玉カビ)
カメラバック (300円)
朝日新聞社 入門ライカの世界(500円)

トップカメラ大須店:

オリンパス ペンEF(1000円、ケース付き)

Img_5203ひとまず戦闘に耐える動員が可能だったのはジェベル250XCの修理代が思ったよりも安く済んだのだ。だからと言って放出しちゃいけないよな。

コニカFMは前から欲しかった。露出計がNGなのは残念だが、これはあてになるものではないし、これで初代Fを除いたコニカFシリーズが揃ったので嬉しい。

ミノルタSRTスーパーは冗談のような価格なのでついGETしてしまった。かなりくたびれた物件だが動作は問題ないようだし、露出計も精度は兎も角動く。安くなったなあ。

MCロッコール28mmF3.5も持っているのだが、後玉カビも簡単に清掃できそうだったので、500円ならと確保。無事清掃は出来て得した気分だ。逆に失敗したのがテフノンのズームで、ロッコールで気を良くしていたので簡単な気持ちでばらしたら後群が一気に落ちてきて組立不能になってしまった。この程度のカビは気にしなくても良いレベルだったので惜しい。テフノンは以前も28mmF2.8をダメにしたことがあって、拙僧には鬼門だな。

オリンパス ペンEFは散歩対でのスナップ撮影で大須まで向かった時にトップカメラ大須店で見つけたものである。露出計もOKで、程度もよさそうなので確保した。最近、nico nico殿のブログで取り上げていたので気になっていたのだ。1000円は安くもないが、相場だろうか。

Dscn1563思ったよりも出血は大きかった。スナップ散歩で時間を潰し、漢方医を経由して友人の個展へ向かう。友人の個展はまだ時間帯が早く、客は拙僧だけだったので友人と有意義に写真の話ができた。普段、カメラとかレンズの話ばかりなので真摯に写真の話をするというのは充実して楽しいものである。しかし、拙僧は不純だから頭の中から離れない物件があったののだ。それがキヤノン7である。

そのキヤノン7は初日には1万円だったのだが、月曜日には50%引きになって5000円だったのだ。拙僧の6000円の物件のように改造は無い。しかも、ボディキャップが付いて綺麗に見えたのだ。友人とはビールを飲みながら1時間強ほど会話を交わし、再びサカーエ高地へ転進してしまうのだ。

ところが、残念というか幸いというか件のキヤノン7は露出計NGの物件であった。外観もシャッター幕も綺麗だったが、露出計がひとまず動くのと完全に動かないのでは天と地も差がある。なのでキヤノン7のことは無かったことにできた。折角なのでショウウィンドウの中を覗くと、やっぱりそれほど安くないな。クセナー付きのローライコードVが3万円なのはちょっと魅かれたが、そんな戦力は無い。実はペンタックス6x7のボディが全滅してしまい、少しお金を払っても欲しいと思っていたのだが、67IIが14万円くらいで転がっているだけで手ごろな物件が無かった。ネットオークションでは怪しいブツばかりだから、再装備には時間がかかりそうだ。

時刻は18:30を回ったので通勤の混雑の中駆逐艦「メイテツ」で帰還する。

今回の戦役は損害は甚大だったが、そこそこ満足の行く戦果だったかな。

|

« 2015年秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役第一次会戦 | トップページ | 南知多モデルポートレイト撮影会 »

コメント

こんばんは。

やはりと言うか、想定していた通りと言うか、ストレートでしたね。

でも、そんなRikkieさんが大好きです。(笑

露出計が壊れた7ですが、5000円ならば欲しかったかも。
でも露出計が使えるに越した事は無いので、迷いますよね。

SR-T SUPERはもはや、小学生のお小遣いレベルで、フィルムカメラの暴落振りに心が痛いです。

以前、1500円で SR-T SUPERをゲットした時の喜びは今も覚えているのですが、あんな素晴らしいカメラがその値段...というのが凄い。

やっぱり後半戦、月曜・火曜も行くべきかなあ。
値段が魅力過ぎますし。

あとPEN EF お買い上げおめでとうございます。

私も先日、西浦温泉の廃墟撮影に使いました。
電池要らずで軽いしビシバシとデジカメ感覚で撮影しました。

是非、PEN EF や今回の戦利品を使って街角スナップしたいですよね。

折角誘って頂いたmixiの件は残念でしたが、どこかでまた、カメラテストを兼ねた撮影もしたいと思いますので、ちょくちょくmixiをチェックして次回こそ御一緒したいと思います。

投稿: nico nico | 2015年9月30日 (水) 22時52分

どもども、nico nico殿。

SRマウントのカメラは増やしてもイイなと思っていたのですが、250円は驚きですよね。勿論、あちこち汚れているのですが、ひとまずモルト対策さえすれば撮影できそうです。露出計も多分大丈夫じゃないかなあ。

キヤノン7ですが、やはり露出計が動いていないと寂しいですよね。もっとも、この時代のセレン露出計がどこまでアテになるか怪しいものですが。

あれで露出計が動いていたらもう一台のキヤノン7が増えてしまうてしまうところでした。危なかったですね。

やっぱり良いものは初日に売れてしまいますから月曜日は休暇をとってまで行くほどではないですよ。拙僧もタマタマ用事があって名古屋に行っただけですし。もっとも、タマタマ用事は毎回あるのですが。

mixiの撮影会もご参加ください。
nico nico殿がご参加となれば、装備も相応なモノに考えなければですね。

投稿: Rikkie | 2015年10月 1日 (木) 04時59分

どもども。
まず揚陸のための艦(バック)を調達するあたりは用意周到ですね、さしずめサンダーバード2号作戦といったところでようか。

投稿: 大佐 | 2015年10月 4日 (日) 11時06分

どもども、大佐殿。

コンテナ(バック)は毎度のように買っているのでカメラ部屋のあちこちに転がっていますよ。

バックの中にカメラを入れっぱなしって良くないとは思うのですが。

投稿: Rikkie | 2015年10月 4日 (日) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/62375560

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役第二次会戦:

« 2015年秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦役第一次会戦 | トップページ | 南知多モデルポートレイト撮影会 »