« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月27日 (土)

キヤノン デミEE28

Dscn0910この世代のセレン式露出計を搭載したカメラは、ひとまず絞りとシャッターが切れても露出計がないとお手上げの場合が多い。プログラムAE(EE)機が多いので実質的に撮影ができなくなってしまう。ストロボ撮影用のマニアル絞りがあるが、シャッター速度が1/30に固定してしまうので、晴天下では撮影は難しい。ただ、露出計針をカムで挟み込むプリミティブな機構なので、技のある方は1/125F11とかに固定して日常の撮影を楽しんでいるようだ。

Image29ひとまずメカニズムが正常でも、まず経年劣化でモルトはダメになっている。それを拙僧はケチってモルトではなくフェルトで補修しちゃうのだが、やっぱり光線漏れしたりして台無しにしちゃうのだ。ただの散歩写真だったらそれでも惜しくないが、一年に一度の祭だったりすると、それなりに凹むなあ。

それでも、多くのネガはPCで救えるたりするのだが、肝心のモデルポートレイトでネガがパーになっていると泣きたくなる。そういう撮影は撮影実績のある個体を選ぶのだが、肝心な時に壊れているのだ。それも、不動になるとかなら、まだましなのだが、ひとまず動いていたりすると発覚が現像後になって腰砕けだ。

もしかしたら、拙僧はフィルムの女神から見放されているのかもしれないな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水)

ULEAD デジタルマルチカム

Dscn2799拙僧のヤードが溢れかえっているのを妻は激しく糾弾し、このままでは懲罰部隊に放り込まれそうだ。既に阻止部隊が背後を狙っている。

ヤードが溢れているのはジャンクカメラやジャンク寸前のカメラばかりではなく、ジャンク寸前のPCやサプライも含んでいるのだ。そんな物件を確保し続けなくてはならないのは、内蔵メモリ専用機でRS232Cポートを使って画像を転送する旧式デジカメが存在するのだ。なのでWindwsMEを基礎とした旧式ノートパソコンを排除できない。

Pict0017拙僧のジャンクヤードが減らないのは、ひとまず確保したカメラは1度は使わないと処分できない病気にある。でも、最近は捨ててもいいかなとも思っているのだ。少なくても話のネタにはなっているし、少額ですらネットオークションで処分可能なものではない。これはフィルムカメラも含めてだ。何しろフィルム代が許容ぎりぎりまで効果になってしまったからな。それでも金属外装カメラは手放せないのだけれども。

本カメラはゴミ同然の旧式デジカメだが、記録媒体にコンパクトフラッシュが使えるので重い腰を上げることができた。これが内蔵メモリ機だとモチベーションを喚起できない。

もっとも、本カメラこそ拙僧のブログにふさわしい題材だが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

キヤノン EF-M22mmF2

Dscn0418冬という季節は拙僧にとっては好ましい季節ではない。拙僧はスノースポーツはやらないし、寒いと現像ができないし、単車の稼働も限定的だ。現像は湯でも沸かして温度管理すればよいのだが、面倒なのと失敗が怖いので、どうも気が進まないのだ。それでおとなしくしていればダメージは無いのだが、ネットオークションでカメラだのレンズだのナイフだのを買ってしまうので、結局、春を待たずに出血してしまうのだ。

Img_1944本レンズはEOS-M(初代)のキットとして発売したものである。何かとAFに不満の多いEOS-M(初代)だが、このような撮影ができるのだから、使い方次第だろう。拙僧は本レンズを使いたくてEOS-M(初代)のWレンズキットを確保したので標準ズームレンズは1度も使ったことがない。それに、中古がえらく安かった。

まだ、寒い冬が続くが、夏らしい写真で気分だけでも払拭してほしい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2016年2月17日 (水)

さらば ホンダCRM250R

Dscf0092ホンダCRM250Rが嫁いでいった。拙僧は潔くないから任意保険の切れる6月まで乗り続けるつもりで、5月には紀伊半島~四国~九州をサヨナラツーリングするつもりだったのだが、手放す予定の単車が目に映ると切なくなってしまうのだ。ちょうど、エンデューロを始めたい方と知り合ったので、お譲りすることにしたのだ。ちょっと、お安くしすぎたかなあとも思うのだが、ちゃんと乗って下さる方が引き取ってくれるなら、見送る方も安心できるのだ。部品どりでバラバラにされるのは忍びないしな。

Hr34この10年で走ったのは1.8万kmくらい。十分に走ったとは言えないよな。しかし、三河というファイナルフロンティアで生活を始めた時、真っ先に手にした友人なのだ。この足の短い単車で短期間とはいえ、北海道ツーリングも行ったしな。今から考えれば、結構な冒険だった。

P8130108当初はダートにも未練があったのだが、数年で全くダートは走らなくなった。しかし、そのダッシュ力はシグナルバトルでほぼ無敵。素晴らしいパフォーマンスを発揮した。はっきり言って80km/h以下なら、今どきのニンジャ250やCBR250なんぞはCRM250Rの敵ではない。真の敵はWRくらいじゃないかな。長く乗るつもりだったのでチェーンやスプロケットも交換したのだが、やっぱりR1-Zとの両刀持ちは辛いのだ。手放すのは断腸の思いである。

Dscn2172それで紀伊半島~四国~九州ツーリングを諦めたかというと、そんなことは全くないな。

目下の問題はジェベル250やキャリア付きのCRM250Rに積んでいた膨大なキャンプ道具をキュートなR1-Zのテイルに積むことなのだ。

ニ・シャーグ・ナザード!一歩も退くな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

ポートレイトモデル撮影会(名古屋久屋大通編)

P1080419先日、ネットコミュニティで知り合った方の主催するモデル撮影会に参加させて頂いたのだ。拙僧のようなツマラナイ人間に声をかけて下さるのだから本当にありがたい話である。

P1080246編成は下記の通り。

デジ一眼連隊:

オリンパス E-500

オリンパス14~45mmF3.5~5.6

ズイコー35mmF3.5マクロ

パナソニック ルミックス DMC-G3

M.ズイコー14~42mmF3.5~5.6

パナソニック G-VARIO45~150mmF4.0~5.6

フィルム一眼レフ連隊:

ニコン F301

AiSニッコール50mmF1.8

シリーズE100mmF2.8

ニコン 35Ti

_1017306主攻の第一梯団がデジ一眼連隊で編成しているのは当日は悪天候が予想され、フィルム一眼レフ連隊は助攻の第二梯団で編成したのだ。フィルム一眼レフ連隊はレトロ400x3、フォマパン400、イルフォードHP5で装備し、低照度に備えた。

_1017201実際に午前中は雨は降らなかったものの、雲天・寒風であまりにも寒く、テント内での撮影となったのでフィルムの運用は限定的だった。

_1017176折角、撮影したモノクロフィルムだが、何しろ水温が10前後なので自家現像ができない。温水を作って調整することもできるのだが、拙僧のいい加減な現像でパーにするのも惜しいのでキタムラに現像に出したのだ。なので、本稿執筆時にはネガが返っていない。なんだかカメラの調子もイマイチなのだったので、満足なネガが帰ってくるといいのだが。

_1017396それで、デジ一眼は大丈夫なのかというと、ロクに使っていないE-500を出したものだから、ISO1250に設定しているのを忘れたり、操作ミスでマイナス補正になっていたりでガッカリだ。本当にモデルさんには申し訳ない。

実はズイコー35mmF3.5マクロは今回の撮影会の参加でキタムラの中古コーナーから確保したのだ。そういう事だけ気が利いても仕方ないな。

次回は落ち着いて撮影することを星に誓う。勿論、今度こそペンタックス6x7を振り回したいものだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

パナソニック ルミックス DMC-F1

Dscn8334「ワイドナショー」が秋山アナだとちょっと得した気分になりますよね。

コンパクトデジカメがライカレンズと搭載しているというのは、そういう日常的な些細な幸せだと思うのだが、当時は本気でライカ社のドイツ人がルミックスのレンズを設計・製造していると信じている方がいらっしゃった。いや、今でもいらっしゃるかもしれないな。先日も歴戦のニコンファンの老戦士の方が、ニコンのデジカメのバッテリーはニコンが製造していると固く信じていらっしゃったからな。

P1030001一応は参戦していたデジカメ戦争にパナソニックが本格的に参加したのが2001年末に発売したルミックスDMC-F7だった。本カメラは、その正当な後継者である。なんで初代のナンバーが「7」で後裔機が「1」なのかはよくわからないが、カメラの採番ではよくある話だ。

拙僧のようなひねくれ者はルミックスに「バリオ=エルマリート」の刻印をみても、大した感傷は持たないけど、それなりに良く写る。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

シグマ AFマクロ90mmF2.8

Dscn8125デジカメを中心に利用していた無料Webスペースがいきなり閉鎖となった。なので引っ越しの作業が込み入っていたのだが、やっと落ち着いたのでご報告したい。それで、その作業中に複数のコンテンツがアップロードし忘れていたり、メニューページのリンクが切れていたりして修正があった。本レンズの画像の一部もアップロードしてあったのだが、肝心のhtmlファイルが無かったりして、途中まで作って忘れてしまったのか、何かのリンク先になっているのか全く分からない。なので、新たにコンテンツとしてまとめたのだが、既に紹介した画像だったりしたらご了承頂きたい。

Dsc_0006本レンズはFマウントとEFマウントのモノを持っているのだが、実際に稼働したのはFマウントのモノだけのハズである。なんでもEFマウントのモノは高年式のEOSデジでは使えなかったりするらしいので、本レンズは安いようだ。本当にキヤノンってケチな感じだよな。もっとも、本レンズは、そもそも高いレンズではない。

しかし、シグマの本レンズに掛けた意気込みは中々のモノだったらしい。実際にシグマの方と話したことがある。一般的にフィルム時代のレンズはデジ一眼レフと親和性に問題があるとされるのだが、本レンズはイイ感じである。Fマウントならデジ一眼カメラでも使えるしな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

カシオ QV-4000

Dscn2332何のコミュニティだか覚えていないのだが、忘年会だか新年会だかでロータスを買ったという御仁が興奮気味にスマートフォンの画像を見せていたのだ。拙僧は興味がなかったのでモデルも価格も覚えていない。なんでも「イギリス製のエンジンはパワーと音が違う」らしい。

ロータスって伝統的にコーチビルダーに近い存在で、自社製なのはシャシーやボディだけで今だとアウディやトヨタのパワーソースを搭載しているんじゃなかったっけ。いや、そのシャシーやボディも、今となってはイギリス人が作っているかどうか怪しいな。

12120007ということは拙僧も言わなかった。他人の夢を壊すのも不本意だしな。カメラやレンズだと黙っていられないところがあるのだが、四輪の話は広げたくもない。

本カメラのレンズはキヤノン製で撮像素子はソニー製である。それでガジェット好きの方々が「カシオ製でない!」と怒るかと言えば、かえって「ラッキー!」って感じじゃないだろうか。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »