« 名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 戦禍報告 | トップページ | ニコン クールピクス5000 »

2016年9月28日 (水)

シグマ 30mmF2.8 その2

Dscn1175明日、渋谷でJ-WAVEの「GrooveLineZ」の「ラジオゲリラ・ファイナルパーティー」が行われるのだ。あの「ラジオゲリラ」が終わってしまうのだ。「ラジオゲリラ」が終わってしまうなんて、拙僧の夕暮れからの生活はどうなってしまうのだろう。それよりもケンサクさんはどうなるんだ。

P1140137唐突だが、拙僧の中ではコロコロと評価が変わるのがマイクロフォーサーズに対する拙僧の評価だ。スナップ撮影では気にならないものの、やはり撮像素子が小さいというのは物足りない。別に拙僧は画質がどうこうというのは興味がないのだが、ポートレイト撮影だと、どうしても被写界深度が深くなってしまう。前にキヤノン主催のモデル撮影会でEOS7Dマーク3(多分)にEF135mmF2を借りたことがあるのだが、美しいボケ味に浮き上がるモデルさんのシャープなエッジと滑らかな諧調にひっくり返ってしまいそうになった。なので、正直言ってポートレイト撮影に特化するならフルサイズの撮像素子の一眼レフかミラーレス一眼しかない。

もっとも、それでEOS7とEF135mmF2を担いで妻と温泉旅行に行くかと言ったら、それは全く有り得ないな。前回、本レンズを紹介してから、何度かポートレイト撮影に動員したのだが、拙僧は結局ほぼプログラムAEでしか撮らないので、大した問題ではないような気がしてきた。実際、被写界深度を気にするような真面目な撮影はフィルムカメラにモノクロをつめる。

夏場は液温が高くて自家現像ができないからデジカメの稼働率が上がり、シグマの60mmF2.8あたりが欲しいと思ったりもするのだが、秋になって気温が落ち着くと、デジカメで真面目に撮影するモチベーションも下がるので、マイクロフォーサーズのレンズを買う意欲は下がる。

もっとも、最近は感材代に悩むようになったので、デジ一眼レフやミラーレス一眼の稼働率が全体的に上がっている。体制に日和つつあるなあ。

本レンズで撮影した画像も増えたので、追加したコンテンツもご覧頂きたい。

|

« 名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 戦禍報告 | トップページ | ニコン クールピクス5000 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/64211729

この記事へのトラックバック一覧です: シグマ 30mmF2.8 その2:

« 名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 戦禍報告 | トップページ | ニコン クールピクス5000 »