« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

本年もお付き合いありがとうございました

Img_7934ああ、気づいたら今年も最後ですな。本年も拙僧の稚拙なブログやコンテンツにお付き合い頂き、ありがとうございました。来年も是非、よろしくお願いします。

自分で言うのも何なのですが、拙僧のブログやコンテンツの文章は稚拙なのは致し方ないとしても、割とこじらせているので読みにくいですよね。あまりマジな方やヤカラに絡まれるのが嫌なので、しばしば「無関係な角度から切り込んで最後に本テーマに強引に戻す」というのは意図的にやっているのですが、角度のエッジが利き過ぎていて何が何だか分からないケースが多々あると思います。

こんなブログですが、お付き合い頂いているのは皆様の寛容のお陰です。

Image11拙僧は、あんまりブログのアクセス解析は熱心ではないのですが、それでもタマにはチェックする時もあります。本ブログの想定読者は「関東圏在住の40~50代の割とカメラやレンズを悟ってしまった方」なのですが、アクセス解析をすると、しばしば10~20代の方が半分くらいの時があるんですよ。30代の方も含めると2/3くらいを占めることがある。そう言う方々に「三式単戦”飛燕”の動体保存」とか「ウクライナ人が放り投げた中途半端な状態の航空機搭載型重巡洋艦をでっち上げた練習空母”遼寧”」とか「R1-Zときたら2日に1lの2stオイルを消費するんだけど、乗っていた方やガンマやRZR乗りの方が”そんなもんすよ”と仰るので、そういう単車なのだろう」という話を面白く感じて頂けるのか凄く不安なのですが。

Image28ちなみに、どんな話題がアクセス数が多いかというと、これは圧倒的に「チノン」です。通常の3倍というシャア少佐のザクくらいのパフォーマンスがありますね。「水着モデルポートレイト撮影」よりも遥かに打撃力がある。拙僧のブログはネット検索で引っかかるケースが多いので、デジの世の中でも「チノン」に癒しを求める方が多いのでしょう。

Image30なので、チノンのコンパクトカメラはジャンク籠に転がっていたら積極的に拾うのですが、セラーも分かっていてニコンやキヤノンのコンパクトカメラは200円なのにチノンは1500円だったりするんですよね。敵も侮りがたし。

Img_7997ネット検索という意味では、割とメジャーなカメラでもYahooで検索すると拙僧のブログかコンテンツがビックリするほど上位に位置することが少なくないんですよね。別に自慢じゃないのですが、ブログの場合は継続的にニフティのココログを使っているので問題ないのですが、コンテンツはフリースペースを渡り歩いていたので、現在は更新していないか消滅してしまった場合が多いんですよね。なので、ニフティの有料のスペースを用意して引っ越しをしているのですが、遅々として進みません。でも、あんなにYahooの検索エンジンが拙僧のブログやコンテンツを評価しているのですから、ちゃんとしたいですよね。

やっと今年の総括と来年の方向性ですが、ポートレイト撮影に舵を切っています。世知が無い世の中なので、街中をぶらぶらスナップをするのがしんどくなってしまったんですよね。今のところ文句を言われたことは無いんですが、商店街の監視カメラには確実に写っているので、いつ難癖をつけられることやら。

今のところは「祭り」というのは撮影OKになっていますが、そんなに遠くないうちに制限されると思います。

それでモデルポートレイト撮影に力を入れているのですが、ちゃんと現場でカメラが壊れるんですよね。なので、最低でも半ダースのボディは用意します。全く困ったものだよ。同じカットがカラーとモノクロで並んでいますが、カラーはEOSキスデジX4+EF40mmF2.8でモノクロはペンタックスSP+スーパータクマー55mmF1.8ですな。

Image36

それで、どうかというと抜群にスーパータクマー55mmF1.8ですよ。EOSキスデジX4は写りすぎ。モデルさんの写って欲しくないディテールまで再現するんですよね。やっぱりデジ一眼レフは600~1000万画素級が具合いい。そして、最も具合がイイのはモノクロフィルムだ。

なので、来年もモノクロフィルムを臆せずに消費することを宣言します。

とはいえ、感材が高くなったので、水のようには使えませんなあ。

よいお年を。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ペンタックス オプティオS4(ブラックモデル)

Dscn0164_2拙僧の情報ソースは書籍やラジオだ。勿論、カメラやレンズの裏付けはネットコンテンツや雑誌の聞きかじった情報から肉付けするのだが、枕に持ってくる他愛もない(とばかりは限らないが)話題は書籍やラジオからピックアップした単語をメモし、そこから起こすことが多い。ところが、拙僧は大雑把で酔っ払っている場合が多く、字も汚いので解読不明なことが少なくない。例えば「毛沢東の秘薬」というメモがあるのだが、どういう意味か全く分からない。ちょっと気になったのでネット検索をしたのだが、検索を公開するのを躊躇コンテンツしかヒットしなかったな。わが国では大した問題ではないと思うのだが、拙僧は大陸のコンテンツに飛ぶこともあるので気をつけなければな。

Imgp2049本カメラは既にかなり前に紹介させて頂いたのだが、その後にブラックモデルを手に入れたらしく、再び稼働させている。表現が曖昧なのは、そのブラックモデルを稼働させたのも記憶の向こう側でブツも処分してしまったからだ。なので、拙僧の下手な画像を追加させて頂いたという話なのだが、電車のプラットフォームでスナップ撮影といった攻めた撮影をしているので、新たなブログのネタとさせて頂いた。今ならプラットフォームでコーぎゃるさんを撮影するなんて、恐ろしくてできないな。峠でインプレッサWRXと本気バトルするよりも命の危険が高い。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

名古屋歳末中古カメラ・用品大バーゲン戦争開戦

Dscf1004この2~3ヵ月の例のない大粛清でカメラ・レンズを200台近く処分している。個々は大した金額ではないのだが、なにせ量が多いので気づけば纏まった運用資金になっていた。これならば師団の定数を十分に満たし、予備の部隊も編制できる。なので、今回の戦争では重装備の空中強襲旅団を編成し、敵の帝国主義諸国連合の背後を完全に駆逐するつもりでいた。
ところが開戦前日にヤシコンのプラナー50mmF1.4と壮絶な打撃戦で師団兵力は完全に消耗してしまい大規模な強襲作戦は事実上不可能になった。なので、開戦前からの待機する速度戦も控え、戦争の勃発から30分以上も経過してから戦場に到達したのである。

Dscf1005_2戦禍報告:

コムラノン24~35mmF3.5(Fマウント)3000円
シグマAF18mmF3.5(EFマウント、激しいベトつき)3000円
シグマ35mmF2.8(OMマウント、旧フォント)3000円
書籍4冊

他にシグマAF18~35mmF3.5~4.5(EFマウント)3000円も欲しかったのだが、とにかく1カ月以内にまとまった出費の予定があるので無念の撤退。

先日の撮影会で動員したマミヤ645用の45mmF2.8のヘリコイドが固着していたのに、毎度のことながら前線で気づいたのだ。ヘリコイドのグリス交換となると自分ではできないのでキタムラの馴染みの店長に日研テクノの相場を聞いてもらっているところだ。安ければ7000円くらいだというので、それなら直すのだが、新宿の中古カメラ屋なら普通の中古で6000~8000円のブツだから悩みどころである。そもそも、拙僧のブツだってジャンクで2000円だかで拾ったものだしな。

それで名古屋の中古カメラ市だと、いくらだろうと探したら1.6万円もしたよ。足元を見られているなあ名古屋人は。

面白いのは「調整済」「OH済」「関東カメラサービスOH済」と状態をランク付けしているブースがあったのだ。確かにOH済って言いながら「どこをどうしたんだよ」って物件もあるから、「関東カメラサービスOH済」って書いてあると、少しは財布の紐が緩むだろうな。デジカメ時代の名古屋の方々がピンと来るかは分からないけど。

Dscn6067
それに、もしかしたら来年の1月の初めの方に3泊程度で台湾に旅行に行くかもしれない。何かと入り用なのだ。

なのに、帰りのキタムラ中古買い取りセンター名古屋店でソニーのE16~50mmF3.5~5.6を取り置きしてもらっちゃった。NEX5のレンズが1本もないんですよ。

Eマウント->ニコンFマウントアダプターを借りたので、試しにニューニッコール50mmF1.4をつけてポートレイト撮影をしてみたんですが、画像を拡大したフォーカシングなんて、拙僧のリズムに合わないので、やっぱりAFの利くレンズが1本くらいは欲しいんですよね。

ソニーは肌に合わないので展開するつもりはないのだが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

フジフィルム ファインピクスAV250

Dscn9187半年くらい前にドライブレコーダーをアマゾンで買おうと思ったのだ。拙僧なんてパナソニックのちゃんとしてブツは買えないっすよ。それで購入に関して何の問題もなかったかというと、そうでもなかったのだが、中国人セラーとのマジバトルの話は報告させていただいたかなあ。もしかしたらサブブログで報告させていただいたかもしれない。もし、興味がある方がいらっしゃったら、こちらのブログでも報告させて頂きます。

それはともかく、今回の話はアマゾンのレビューの話だ。大陸製とはいえドライブレコーダーは6000~8000円はする。拙僧にとっては大金だ。なのでレビューはしっかりと観るのだ。ところが気づいたのはアマゾンで買った方のレビューと、そうでないレビューが存在するのである。要するに、アクティブロガーの連中にセラーがサンプルを送って好意的なレビューを書かせるのだ。アマゾンも手放しで信用できたものではないが、一応、レビューがアマゾン購入者かそうではないかは公表している。全く油断も隙もあったものではないな。全く同じ製品が、セラーによってかなりの価格差があるのは、最早、不思議でも何でもない。

Dscf1053本カメラをいつ手に入れていつ処分したのか、全く記憶にない。多分、200~500円で確保したのだろう。いや、本カメラが500円だったら拙僧も手を出さないだろうから、300円が良い所かな。

本カメラはファインピクスAVシリーズという、ちょっと淫靡な響きのロワークラスのシリーズだが、ひとまず1600万画素級の撮像素子を搭載するのだ。どうも、国内での実売価格は6000~7000円だったらしい。真面目に売るような代物ではないな。何故、こんな価格帯が実現できるかというと、要するに世界市場向けなのである。世界市場と言っても発展途上国に限った話では無い。あの米国だって貧乏人だらけなのはトランプ現象で、我が国にも明らかになったのではないだろうか。カメラなんかに2000米ドルも、ポンと捻出できるのは東アジアの連中だけだ。ああ、あの白頭山の国は別として。

本カメラはリトアニア語やグルジア語など、様々な言語に対応する。それらの国で、どのような価格差があるのか興味が無いわけでないが、あまり関わりたくないな。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

名古屋歳末中古カメラ・用品大バーゲン戦争

Dscn6038今年、最後の戦争への参戦通知が来た。このところ、師団内では過去にない大粛清の嵐が吹いており、お陰で資金的には師団の定数を概ね満たしている。現段階の戦力を維持すれば、今回の戦争では、思うような戦闘行動が実践できそうだ。

Dscn5814もっとも、師団の戦闘資源維持は必ずしも楽観的ではない。なにせ、この1カ月以内にニコンD70は液晶ビュワーが非表示になるトラブルが発生し、代わりに久しぶりに動員したソニーα100のバッテリーはパー。代わりの動員したキヤノンEOSキスデジNは、そもそも、ちょっとAFが不安定気味だったのだが、前線のポートレイト撮影会でとうとう使い物にならなくなった。怒りをもっとくれ。

Dscn5766 α100のバッテリーはアマゾンなりで非純正バッテリーを格安で手に入れるとして、問題はニコンとキヤノンだ。ニコンはAFをシャフトとカプラーで動作する旧モデルでないと困る。無論、高級機種は論外である。そうなるとD70、D70s、D50に選択肢は狭まるのだが、この種のカメラはジャンク籠で3000円くらいで拾うのがトラッドだろう。しかし、今更、D70がジャンク籠に転がる可能性は低く、キタムラネット中古で9000円も出して買った。ネットオークションでも、普通に7000円越えなのだ。

Dscn5944それは苦渋の選択としてもEOSキスデジN の後裔機はしばらくほっておくことに決めていた。キヤノンのレンズは、これといって使いたいレンズはEF50mmF1.8とEF40mmF2.8くらいだからだ。しかし、結局、EOSキスデジX4をキタムラ中古買い取りセンター名古屋店で確保してしまう。ニコンと違ってEOSキスデジは安いのだ。

その上、全く稼働していないNEX5用にE16mmF2.8でもつけようかと模索中。あまり評判がよろしくないレンズなのだが、ライカ判換算で24mmというのは、ちょっと興味がある。別に拙僧はPCで画像を拡大して細部を眺める趣味は無いしな。

なので、開戦まで師団の戦力を温存できるかは不安定だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

カシオ エクシリム EX-H15

Dscn5770企業もブランドもだが一度イメージがつくと、なかなか払拭できない。良いイメージなら結構な話だが、悪いイメージだと最悪な結果になる。大抵の場合は、悪いイメージというのは自業自得なのだが。

前々から気にしていたのが「アコム」のCMの女優さんだ。あの種の業種のイメージが定着してしまうと、次の仕事への遷移が中々難しいのではないかと思っていたのだが、最近、チョイチョイ違う露出をしているので安心している。

あの種の商売の方はイメージが最重要なところがあるから、次長課長の河本さんとか大変なようだ。もっとも、ローラさんのような、速やかに水沢アリーさんを排除して復活してしまう方もいらっしゃる。事務所の力とか本人の努力だけではどうにもならず、背負っている星の強さで決着がついてしまうところは、人生において往々にしてあるな。

Cimg0066メーカーが背負っている星もあるのだろうが、メーカーが自社ブランドに与える星もある。カシオのデジカメ、つまりエクシリムは「タフネス」とか「超高速連射」とか飛び道具ともいえる星を与えている。しかし、本カメラにおいては、どうにも星が見えないな。あえて言えば広角24mmから始まる光学10倍ズームレンズだが、どうも手ブレ補正機構も非搭載のようだし、飛び道具というほどではない。

つまり、取り立てて光る星を持っていないコンパクトデジカメでも24mmから始まる光学10倍ズームレンズくらいは搭載するのだ。そのパフォーマンスとなると、やっぱり水沢アリーさんかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

フジフィルム フジノン55mmF1.8

Dscn3444最近ではX-Proシリーズなどで評価されているが「フジノン」というブランドはフィルムカメラから割と最近まで不当な評価だったと思う。「流石、プロ用のライカのレンズ」などと言っている連中が、雑誌に出てくる暇なカメラマンじゃなくて、多忙な本当のプロの写真家が使っているのはGX680や大判のフジノン、TV-フジノンだということは、全く認識がないだろうな。そもそも、ライカは「プロが使っている」が「プロ用のカメラ」ではない。

Image65ペンタックスにつけていますが、レンズは「フジノン55mmF1.8」です。てっきり「EBCフジノン55mmF1.8」だと思っていたのですが、コンテンツを書くときに初めて「EBC」が無いことに気づきました。

常々、ライカ判モノクロフィルムでポートレイト撮影をするなら3本の指に入るのがSMC/スーパータクマー55mmF1.8だと公言していたので、数字の同じ本レンズとのポートレイト撮影の撮り比べは楽しみにしていました。

やっと実現したのですが、結果は極めて満足です。4本目の指が必要ですね。

まずは、皆さんの目で評価していただきたい。

もっとも、正当な評価は印画紙に焼いてからですが、その時は再び報告させて頂きます。

コンテンツもご覧ください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

キヤノン IXYデジタル910IS

Dscn5390ちょっと前まで気温が20度くらいあって、モノクロフィルムが2~3本貯まったら現像しようと思っていたら、たった2日で最高気温が14度くらいになってしまった。本ブログを執筆しているのが11/30なのだが、もはや真冬である。しかし、明日には12月になってしまうのだから、11月が異例に暖かかったのだろう。そして、異例に急激に冬将軍がやって来た。東京の積雪が今年ほど早いのは半世紀ぶりだそうだ。

Img_8312拙僧がブログで取り上げるカメラやレンズは割と無選別なので、この冬場に夏の暑い盛りの祭りを撮影したコンテンツを立ち上げた。拙僧のコンテンツは基本的に検索によるヒットが多いし、ネットによる画像閲覧には季節感はさほど重要ではないだろう。SNSのタイムラインなら話は別だが。

今年の夏は暑かった。拙僧はもっぱらラジオしか聞かないので映像は見なかったのだが、原宿だかのシェイブアイスに2時間並んだそうである。ソビエト時代にジャガイモを買うのに散々真冬に待たされたロシアのおばちゃんからすると信じられないよな。

もっとも、この撮影画像は夏の盛りも過ぎて、晩夏の頃だったと思う。それでも残暑は厳しかった。

拙僧にはスノースポーツの趣味もないし、魅力的な被写体は少ないし、現像は難しいし、つまらない季節がやってくる。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »