« スーパータクマー55mmF1.8とフジノン55mmF1.8のネガを焼く | トップページ | スーパータクマー55mmF1.8 »

2017年1月18日 (水)

オリンパス キャメディア C-1Zoom

Dscn0560お台場のガンダムが撤去されるらしい。らしいというか、拙僧の情報ソースはかなり古いので、既に撤去されてしまったかもしれないな。拙僧は初代ガンダムに深く傾倒しているが、それは初代ガンダムとその時代のプラモデルや玩具に限定していて、その後のシリーズや関連アイテムには興味は無い。それでも、身長18mのモビルスーツというのは眺めてみたかったな。何度もチャンスはあったのだが、それほど優先度が高くなかったので後回しにしてしまった。そうこうするうちに撤去になってしまうのである。やはり、「鉄は熱いうちに打て」だ。そういう意味では「三式単戦”飛燕”」を神戸まで観に行ったのは正解だった。

P1020022それはそれで残念だねという話である。

ブログの本題に入ると、本カメラはずいぶん昔に手に入れたものだったのだが、存在が軽いので稼働するモチベーションが上がらなかった。ところが、上がらなかったと思っていたのは勘違いで、結構前に撮影した画像が残っていたのだ。最近になって重い腰を上げて撮影した画像もあるのだが、HPの撮影結果では、あえて混在して時代を分けなかった。あまり分断したページを増やしてもスマートじゃないし、それで本カメラの魅力が損なわれることもないだろう。

なので、撮影画像を掲載したHPの時期やロケーションがコロコロ変わるのを、ご承知いただきたい。

ちなみに、今回のコンテンツが、今年初めて書いたコンテンツである。出だしが本カメラと言うのは、本ブログの趣旨と合っていていいんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« スーパータクマー55mmF1.8とフジノン55mmF1.8のネガを焼く | トップページ | スーパータクマー55mmF1.8 »

コメント

どもども。
実に渋いチョイス、さすが。
銀塩時代に一時代を築いた手動バリアも、デジタル時代になって自動開閉式レンズキャップにその地位を譲りましたね。個人的には手動バリアのほうが頑丈そうで好みです。
それにしてもC-1が屈曲式とは知らなかった。勉強になるわ。
閑話休題
キタムラが業績悪化で22店舗を閉鎖という記事を読みましたが、不振の一番の要因はデジカメ不振なんだけど、閉鎖への引き金を引いたのはカメラじゃなくて0円スマホ禁止というのが時代を感じさせました。
キタムラは中古が充実しているから頑張ってほしいわ。

投稿: 大佐 | 2017年1月18日 (水) 22時48分

どもども、大佐殿。

渋すぎるし今更ですよね。でも、本来は本ブログはこういうカメラのブログですよねえ。

こいつのハウジングを持っていて、実際に使ったものか、未使用で処分したモノか考慮中です。

どうせ、二束三文だから弄って喜んだほうが幸せな気がしますが。

キタムラの閉鎖店舗数は不明瞭ですね。19店舗とも聞きました。
真面目に写真に取り組もうとしている若い連中(に限らず)には、ちゃんとした中古カメラ・レンズを手に入れるのなら迷わずキタムラネット中古をお勧めしているんですよね。

拙僧も、ゴミみたいなレンズやLマウントの偏屈なレンズはともかく、国産の真面目に仕事をするレンズはキタムラネット中古で買います。実際、最近のヤシコンのブツもキタムラネット中古なんですよ。

名古屋の中古カメラ市よりも遥かに安くて信頼できる。

我が師団の定期偵察内のキタムラも、やたらスマートフォンのエリアが広くて本業は大丈夫なのかしらと思ってはいました。

最近、フィルムやプリントが再評価される傾向もあるし、踏ん張って欲しいものです。

投稿: Rikkie | 2017年1月18日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/64753345

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス キャメディア C-1Zoom:

« スーパータクマー55mmF1.8とフジノン55mmF1.8のネガを焼く | トップページ | スーパータクマー55mmF1.8 »