« ヤシカ パートナーAF-D | トップページ | チノン 35FX-III »

2017年3月 8日 (水)

キヤノン パワーショットG6

Dscn1636多分、ピンときている方はいらっしゃると推測するのだが、拙僧はキヤノンのデジカメに大して熱度が低い。正確に言うとIXYデジタルだな。別にIXYデジタルシリーズのデザインをキヤノンが手を抜いているとか、カメラがダメで写りが悪いとかそういうことではない。最もバッテリーはダメなケースが少なくないので、それが残念なケースはある。ただ、とにかく、シリーズも出荷数も多いので、ちょっとコンテンツを作るのにも大変なんだ。IXYデジタル50IXYデジタル55IXYデジタル60の紹介なんて、個別のコンテンツをユニークに書くなんて無理っすよ。

Img_5435そんなキヤノンのデジカメに対する熱度の低い拙僧だが、観光地や祭りでパワーショットGシリーズで戦闘を行っているベテラン下士官を発見するとちょっと嬉しいな。やっぱし、メインはデジ一眼レフなのだが、サイドアームズとしてのパワーショットGシリーズというのは、なかなか様になっている気がする。勿論、デジ一眼レフを動員するまでもないゲリラ作戦にはパワーショットGシリーズを主軸とするのだろう。

パワーショットGシリーズの最初のモデルであるパワーショットG1はちょっとエグいスタイリングで、それが同時期に登場した初の300万画素級デジカメのQV-3000EXと並ぶほど気の利かないものだったが、速やかにパワーショットG2でスマートなスタイリングに精錬している。

本カメラの頃のパワーショットGシリーズは、とにかく、デジ一眼レフが高かった時代なので、その代用品というポジションだった。しかし、同時期にEOSキスデジが登場して、そのポジションは怪しくなる。

それでも、本カメラの後裔機はボディサイズをコンパクトにしながらパワフルな撮像素子とレンズ、それに画像処理で「高性能コンパクトデジカメ」としてのポジションにシフトし、それはツボを押さえた大人のカメラとして好印象を持っていたのだ。

パワーショットGシリーズはパワーG-Xシリーズになって少しラインナップにブレを感じるようになった。個人的にはパワーショットG7Xが完成系で、パワーショットG9Xはずっと小型になったもの、ズームレンズのレンジや暗さがパワーショットGシリーズの冠に不相応になってしまった。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« ヤシカ パートナーAF-D | トップページ | チノン 35FX-III »

コメント

どもども

「G5ボディの横幅を無理やり圧縮したらグリップ部が飛び出ちゃいました」みたいなGシリーズ唯一の異端デザインモデルですわね。

そうそう、デジキス登場でそれまでデジイチに手が出なかった層が雪崩を打ち始めたハイエンドコンパクト危機時代に登場したんですよね。実際、それまでのモデルチェンジサイクルが1年だったのにG6からG7へは2年の間があったので、Gシリーズ消滅説まで流れました。

私はどっちかというとキャノンは苦手なんですが、このGシリーズについてはキャノンの意地が感じられて好きなんです。ニコンが迷走の果てに撤退してしまったハイエンドコンデジ路線を守り抜いたのは偉いなぁ。

特にこのモデルまでは倍率が少ない代わりに明るいズームが良かった。当時は画像エンジンで何でも補正できる時代じゃないから、レンズの光学性能で賄ってたと思います。今はレンズの設計基準も様変わりしていると思うし、このような光学設計で明るく倍率の低いズームは量が捌けないからコスト高で作れないんでしょうね。

投稿: 大佐 | 2017年3月 5日 (日) 09時56分

どもども、大佐殿。

拙僧はG9も持っているんですが、これを構えると真面目に写真を撮ろうと思います。そういう気分にパワーショットGシリーズはさせますね。まだ未稼働ですが。

拙僧もキヤノンはあまり得意ではないんですよね。勿論、EOSキスデジX4に不満なんて全くないし、レンズだってFL/FDからEFマウントまで素晴らしくパフォーマンスですよ。今日はキヤノンRPにR50mmF1.8に今は亡き「公元ERA100」という中国製モノクロフィルムを通してきました。キヤノンRPもちょくちょくミラーアップしちゃって、レンズを外してミラーを指ではじくと元に戻って撮影可能になるというコンディションなので、数年前に期限が切れた中国製モノクロネガに絵がちゃんと出るのか楽しみです。

ロワークラスでキヤノンの良心を感じるのがパワーショットAシリーズなら、アッパークラスならパワーショットGシリーズですね。

これは想像なのですが、今は画像処理で高感度も収差補正もなんでもできちゃうじゃないですか。だからレンズのパワーなんて、それほど重要じゃないのかしらと思うんですよね。そういう意味でも恐竜時代に最後に輝いた光りという気がします。

それにしてもニコンさんは、ちょっと心配ですね。今回ばかりは「またまた、お戯れを」と優しい目で見ていられないかもしれません。

投稿: Rikkie | 2017年3月 5日 (日) 15時13分

ああ、高くて買えなかったなぁ~
これも。。。。
いいですね。

インサイダー粛清情報を鎮守府より打電いたしました。

投稿: 横須賀与太郎いずも万歳 | 2017年3月 8日 (水) 13時31分

どもども、横須賀与太郎いずも万歳殿。

我が国には「いずも」か、もう少し大柄な航空機搭載型強襲揚陸艦が十分かと思いますね。VSTOL機も発着艦できればいいですけど、外国への本格的な強襲揚陸作戦が必要な戦争なんて関わらない方がイイですよ。アテニされても困るし。

どこの国かは特定しませんが、勝手に戦争をやった国でボロボロになった国民を助ける能力があればいいですね。勿論、それには自衛力がパーフェクトでなければならないですが。

パワーショットG6というのは、デジ一眼レフやミラーレス一眼が台頭する前のデジカメのパワーマッチの最後の世代という気がしますね。これ以降の、非レンズ交換機はスマートな路線を強いられます。

どこの何かしらと比べて画質がイイなんて本当は大して興味が無いのですが、本カメラはコンテンツを書いていて楽しいカメラです。

投稿: Rikkie | 2017年3月 8日 (水) 20時48分

一時、この記事がなくなった時は、なにがしかの圧力があったのかと思いましたよ。
「書いていて楽しい」名言です。

投稿: 大佐 | 2017年3月 9日 (木) 06時39分

どもども、大佐殿。

いやはや、面目ない。
拙僧の単純なオペレーションミスです。
今のところ、サイバー公安からの警告は無いです。

充分に言葉や表現に気をつけているつもりですが、「白頭山の虎さん」などという単語をうっかり書くので、リストには載っているかもしれませんね。

投稿: Rikkie | 2017年3月 9日 (木) 09時37分

大きな壁が、箱根の関を超えて三河の国へいきましょか。。。嫁入り動画全揃い。35㎜フィルム用マスク、ファインダー用の人工皮革のマスクにもならないマスク、元箱、外箱全揃い。ちょっと着物の端がめくれてるんですわ。諭吉さんと一葉さんのカップルでヤフオクに以前出していました。
35㎜用の軸が36枚とりフィルムを撮っていた時急にトルクが重くなり折れましたが、すぐに補修をしました。24枚がいいところですね。

投稿: 横須賀与太郎いずも万歳 | 2017年3月 9日 (木) 10時31分

↑嫁入り道具でした。

投稿: 横須賀与太郎いずも万歳 | 2017年3月 9日 (木) 10時33分

どもども、横須賀与太郎いずも万歳殿。

いやはや、お願いいたします。
鎮斬府付き中佐殿のご要りは「V&D」でしたか「トークマン」だったか忘れましたが、斥候部隊として両方とも転戦としてお送りします。

その前に、発掘とういう作業が難航しそうですが。

以前、横須賀与太郎いずも万歳殿のブログで「長城」のマニアルについての和訳をやり取りしましたが、多分、日本語で書かれている「長城」のマニアルについては、あのクダリが最も精度が高いですよ。

「ピロートの真似」なんていう誰でも分かるコンテンツは複数ありますけど。

投稿: Rikkie | 2017年3月 9日 (木) 16時21分

AT&T・・・じゃなかった、V&Tとトークマン両方そろえてしまいました。V&Tは3台そろえてしまい、1個は完品、2個目は透明なプラバンをたおっしたときに1コマ分は巻き上がらない、3個目は新品のエヴォルタを入れると固まり、やれた電池だとフラッシュをお使いください嶽しゃべります。
後期型のトークマンはおかげさまで1発1中で、ふたのために健康なAF-Sを1個無駄にしましたが、ヤフオクでジャンクセット(全部実写確認済でしたけど)の中に入れました。メールついてますか?

投稿: 横須賀与太郎いずも万歳 | 2017年3月10日 (金) 20時29分

どもども、横須賀与太郎いずも万歳殿。

いやはや、やはりお仕事が早い。拙僧の撮影ペースなど、とても追いつきませんなあ。

最近はプラカメの新規配備が無いんです。大粛清で自粛しているというのもあるんですが、ブツが出ないんですよね。キタムラの店員も今やジャンクの物件が出ないと言っていました。この間、APSフィルムを2個発掘したのでエピオン10を確保したくらい。IXYもあったけど、そんなものはいくらでも使ったし、フジフィルムの最も簡素なカメラで最期を飾るのも一興かなと。

メール、届いておりませぬ。
最近、Yahooメールのスパムメールチャックが馬鹿でスパムメールを素通しして肝心なメールを弾くんですよね。

できれば、再送信をお願いいたします。

投稿: Rikkie | 2017年3月10日 (金) 21時08分

あ、じゃ当方のブログにて返信の形で。。。

投稿: 横須賀与太郎いずも万歳 | 2017年3月10日 (金) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/64963623

この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン パワーショットG6:

« ヤシカ パートナーAF-D | トップページ | チノン 35FX-III »