« フジフィルム エピオン10 | トップページ | 2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争 »

2017年4月15日 (土)

カシオ エクシリム EX-ZS10

Dscn6839昔、ヤマハにYSR80/50という単車が有った。正確には原チャリだな。当時は後のホンダのNSR80/50のようなキレッキレの本気原チャリスポーツは無かった。YSR80/50もパワーソースはGT80/50をベースとしてしていた。いわゆるミニトレだな。これは、本気でスポーツ走行でパフォーマンスを発揮しようというよりは、当時のレーサーマシンのYZRに似た外装に減価償却の終わった設備で生産したパワーソースや保安部品でローコストで雰囲気を楽しもうというコンセプトだった。このコンセプトの先駆者はスズキのGAGである。

スズキはGSX-Rを思わせるフルカウルをまとってたが、パワーソースは更にビジネスバイクの4stバーディだった。それでもブレーキはディスクブレーキだったし、リアサスはモノサスだった。やはり、RG500/400Γや油冷GSX-R750をロードユースで送り出した、スズキの開拓精神は先見性がある。しかし、GAGはピンクベースや米軍の艦載機を思わせるカウルのペイントなどで分かるように、基本的にはファッションやファニーなオートバイであった。コンセプトは「パロディ」、なのでGAGなのだ。しかし、フルカウルでロードスポーツ風の原チャリなんて無かったから、バイクブームの80年代の高校生にガソリンを注いだのだが、「パロディ」どころか「マジで勝てるマシン」のNSR80/50が登場し、あっと言う間に駆逐されてしまう。

とりわけ、NSR50は血気盛んなティーンエイジャーを熱狂させた。実際に早かった。拙僧がウルフ50で追いつくのは幸運と覚悟が必要だった。しかし、人間よりも単車のパフォーマンスが高かったNSR50はティーンエイジャーの過剰な覚悟を誘発してしまい、良くて自賠責保険しか入っていないのに事故。悪いと川の向こうに渡ってしまうことになった。なので、少なくない高校で「NSR禁止令」が出された。

Cimg0185ヤマハの開発陣はYSR80/50にYZR銘を与えたかったらしいのだが、一世代前のオフロード用パワーソースを搭載したYSR80/50にYZRの開発陣は許さなかったらしい。ゼビウスとタイニーゼビウスのようなものか。本カメラによく似た、エクシリムEX-ZR10というのがある。これはカシオのハイスピードエクシリムの眷属で本気モデルだ。一方で本カメラは驚くほどの廉価モデルである。パナソニックはスタンダードモデルであるDMC-FXシリーズに対して廉価版のDMC-FSシリーズを用意したが、本カメラのようなエゲツナイ安物では無かった。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« フジフィルム エピオン10 | トップページ | 2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争 »

コメント

どもども
随分減って26種類って、全部でいくつあるんでしょ?このカメラを求める層には使い切れない、いやそもそも使わないですよね。
通常モードでフルレンジをカバーする事といい、ツッコミ所満載です。
ただ、コンデジ市場が壊滅しニコンに続いてパナソニックやリコーと立て続けに事業見直しが報道される中、コンデジメインのカシオは大丈夫か心配です。

投稿: 大佐 | 2017年4月16日 (日) 19時06分

どもども、大佐殿。

26種類は少なくなりました。拙僧の記憶の限りでは31~32種類+ユーザーカスタムモードで、撮影した画像から撮影情報をベストショットとして登録できました。

いや、このカメラだからベストショットなんですよね。ベストショットで撮れる画像はそれなりに撮影できますが、ベストショット以外のマニアル設定をするのは、かなり面倒になっています。

ニコンが苦しいのは老ニコンファンとしては厳しいですね。今回はシリアスな気がします。キヤノンもリコーも商売を広げているので、カメラがメインの収益元でhないでしょうけど。キヤノンが東芝の医療機器部門を買ったのは、流石にお強いですね。

レンズ交換機以外に、いいカメラを出しても儲からないでしょうね。ニコンの稼ぎ頭だったステッパー分野とか、どうなったのでしょうか。

投稿: Rikkie | 2017年4月17日 (月) 00時57分

写るんです・・・といったかんじでしょうか。
中学などの修学旅行にはいいかもしれません。
もちろん、金持ち学校だったらフラッグシップ機持ち込む輩もいるかもしれませんが。
温泉地のように、びたっと明るいときちうっと行きますね。先月末鴨川シーワールドに行ったんですが、逆光が極めてダメとか、明暗差があるところで盛大にハレるとか、まぁマイクロフォーサーズの始めの頃ですから、、、ったってやっと小学校に上がる愚息が生まれるときに12万円も出して買った一応当時のパナソニックマイクロフォーサーズフラッグシップ機でハイヴィジョンの動画が撮れるってぇんで買ったんですからもう少し頑張ってほしいですね。

光が不安定なところはまだフィルムのほうがつぶしが利くと変な発見をしました。

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年4月18日 (火) 15時38分

今晩は。長年使用した携帯が崩壊してスマホに変えましたが扱いが、まだ慣れておりません。ただ、スマホの撮影能力の『見せかけ』の高さには脱帽です。 確かにつまらぬコンデジを使う場面は、意識しないと無くなりそうです 。

投稿: HOOD | 2017年4月24日 (月) 22時02分

どもども、横須賀与太郎殿。

頂いたコメントを見逃していました、スミマセン。

小学生時代の遠足には母親のピッカリコニカを貸してくれましたがニコンFEは貸してくれませんでした。中学生になったらニコンFEを貸してくれましたね。

もっとも、小学生の時は友人ばかりを撮って「どこに行ったか分からない馬鹿な写真だ」と叱られ、中学生時代は「風景ばかり撮って馬鹿な写真」と叱られました。新幹線で移り変わる景色に関心単ですけどねえ。

とにかく、子供のやることに文句を言うケチな親でしたが、当時の同時プリントは高かったですから、文句も言いたくなるのでショウ。現在がフィルムが高いといっても1980年代前半の写真のコストは現在よりも負担だったんじゃないでしょうか。

この種の目的は完全にスマートフォンに打って変わりましたが、子供にスマートフォンを持たせなくない親もいるでしょうから、辛うじて需要があるかも。もっとも、わざわざこのカメラを買うくらいなら、手持ちのミラーレス一眼を子供に譲渡して、新しいカメラを買う理由にするかもしれないですね。

投稿: Rikkie | 2017年4月25日 (火) 07時29分

どもども、HOOD殿。

あっしは、やっとiPadで撮影して、その画像をブログやSNSに貼り付けることができるようになりました。2年かかりました。もっとも、一番の理由は興味が無かったからですが。

特にプリントを前提とするような写真を撮りたい方はともかく、大抵の場合は「画像」をSNSに貼り付けるのが主目的ですからスマートフォンで撮影した「画像」は大したものです。

室内でスイートフォトを危なっかしい手使いで撮っても、それなり見れた代物ですから不思議ですね。もっとも、iPad以上の大きさの鑑賞やプリントは考えていないのでショウ。

投稿: Rikkie | 2017年4月25日 (火) 07時35分

リサイクルショップでニコンのクールピックスL32を入手。液晶割れで各操作不可能ですが、撮影は可能。ノーファインダーで遊んでいます。単3電池で使えるのが救い。何が写っているのが判らない、デジカメを逸脱した結果が楽しみです。

投稿: | 2017年4月25日 (火) 23時22分

どもども。

拙僧も液晶ビュワー不良のデジカメをしばしば拾います。

そもそも、コンパクトデジカメを使う場合はたいして真面目に液晶ビュワーを見ていないので、不良となると潔い気分になりますね。

ただ、スナップシューターとしてはフラッシュの発光禁止だけは何とか指定ので、一部分でも液晶ビュワーが生きていると助かるのですが。

投稿: Rikkie | 2017年4月26日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65146041

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ エクシリム EX-ZS10:

« フジフィルム エピオン10 | トップページ | 2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争 »