« フジフィルム ミクロファイン | トップページ | オリンパス μ2 »

2017年5月27日 (土)

カシオ エクシリム EX-S3

Dscn9323連休前にクラッシュしたPCで、それ以前から苦しかったスケジューリングがようやく落ち着いてきた。実際にはまだサブPCからメインPCに環境を移行できていいない。そうこうするうちに、撮影画像やフィルムからスキャニングした画像がサブPCに集まる一方である。無論、コンテンツもだ。一応、外付けHDDにバックアップをとっているが、これをメインPCに展開するのは、なかなかの仕事になりそうだ。ひとまず、まとまった時間を作るほかに無いな。

Cimg0228それで暫定的な要素は多いが、ようやく「ブログ+コンテンツ」という本ブログの体裁を取り戻した。その1発目が本カメラなのはちょっとどうかなと個人的にも思う。実際、撮影画像は古いしボディも、とっくに処分してしまった。バックアップHDDからデータを展開していたら、本カメラのコンテンツが無いことに気付いたのだ。そういうカメラは既に2ダースを越えていて我ながら困ったものである。どう楽観的に見積もっても2ダースでは収まらないな。

本カメラはマクロモード無しの固定焦点(パンフォーカス)レンズの採用という思い切ったコンセプトで画期的なスリムボディを実現したエクシリムEX-S1の後裔機である。130万画素級で登場した初代から300万画素級にまで進化した。しかし、その進化にちょっと疑問を持つのだ。本カメラの登場した2003年3月には光学3倍ズームレンズをとうさ画期的なコンパクトデジカメのエクシリムEX-Z3が登場している。そりゃ、固定焦点の本カメラに比べたらかなり厚みはあるが、当時としてはベースを同じにするペンタックスのオプティオSに準ずるコンパクトさだし、ここまで来てEX-Sシリーズを一押しするのは如何なモノかと思ってしまうのだ。

しかし、そこは飛び道具で勝負のカシオである。後にはEX-S100EX-S500といった、本カメラを継承する薄型ボディに、本当に光学ズームレンズを搭載してしまった。

コンテンツもご覧頂きたい。

|

« フジフィルム ミクロファイン | トップページ | オリンパス μ2 »

コメント

初代は、当時びっくりしましたよねぇ、ワイシャツのポケットに入っちゃう。コニカビッグ身に登場以来のビックリでした。
色々箱詰めしているのですが、ご住所がわからなくなってしまい、お教えいただけますでしょうか?

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年5月27日 (土) 12時54分

お年賀状のお葉書が出てまいりました、さっそくお送りいたします。

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年5月28日 (日) 15時21分

私の「福岡的日常写真」も当初はEX-S2で撮ってました。
とにかくタイムラグがなく、サクサク撮れるのは、当時は快感でした。
まだ、探せばどこかにあるはずなんですが。

投稿: なお | 2017年5月28日 (日) 16時04分

どもども、横須賀与太郎殿。

あのヒヤリとした金属ボディとレスポンスにも驚かされました。当時、「eyeplate」のようなトイデジカメで薄いカメラは在りましたけど、マジな奴でしたからね。

メール送ってしまいました。
ブツを楽しみにしております。

投稿: Rikkie | 2017年5月28日 (日) 21時18分

どもども、なお殿。

おお、EX-S2時代からフクオカシティの街角の記憶を写しなさっていらっしゃいましたか。

この15年で街の風景も変わりましたが、カメラや写真環境は一変しましたね。

固定焦点とは言え、サクサク動くのは快適でしたね。
なにせ、当時のデジカメは電源ONからの機動もレリーズ後のレスポンスも緩慢でしたから。

投稿: Rikkie | 2017年5月28日 (日) 21時22分

どもども
常時携帯できるサイズのデジカメという意味で画期的でしたね。カメラ好き以上にパソコン好きデジタルデバイス好きから支持されてましたね。元祖ウェアラブルという意味でも歴史に残るモデルですね。

投稿: 大佐 | 2017年5月29日 (月) 17時59分

どもども、大佐殿。

「着るカメラ」が、このシリーズのキャチコピーだった気がします。

当時はデジカメもガジェット好きの注目するアイテムでした。今ではガジェット好きのアイテムは「スマホアプリ」だったりするのでしょうけど、ハードウェア系だと、どんなブツなんでしょうねえ。

投稿: Rikkie | 2017年5月29日 (月) 22時52分

ヨコスカチン ジ ュフ ザ ツ ブ ッシキ ョクヨリ、ミカワ ゼネラル リ ッキードノ。
マルマルイチサクセンノ ブ ッシ、アストウチ ャクシマス。センシ ャシ ュウ ダン「 ヤマト 」 ( べ イエイヨリ ブラ ックキ ャ ットトア ダナサレシ ブタイニタクシタノ デ ブ ジトオモイマス ガテキチ ョウホウインニマン ガ イチハ ッケンサレシオリハ ガラクタニテシ ュウシ ュウスルニオヨ バ ズト ステラレルノニ ゴチ ュウイサレタシ 。

投稿: | 2017年5月31日 (水) 18時19分

すみません、ひょっとして35㎜フィルムアダプターの、フィルム巻取り軸が入っていましたか?不審なものが転がってたのでスメ8用かと思っていましたが、ラッピングした形跡があり入れそびれたかもしれません。取り急ぎ

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年6月 1日 (木) 20時25分

どもども、 横須賀与太郎殿。

横須賀与太郎殿の気鋭の部隊、受領しております。ありがとうございました。

実のところ、師団長監視下のため、今回の秘匿兵力の確認はまだしておりません。

追って連絡をさせていただきます。

投稿: Rikkie | 2017年6月 2日 (金) 01時35分

ヨコスカ 鎮守府輜重戦略サンボウ ドノ。
貴殿キエイノ「や号装備」受領セシ。
至極感謝スルニ、師団長秘匿ノタメ、レンラクノ オソシヲ、オワビ モウシアゲマス。

早速ですが、こんな綺麗なコンディションの長城は北京でも見たことがありません。たいていの場合は王府井や前門でたなざらしにされて干からびていましたから。35mmフィルムアダプターは同封されていませんでした。もし、具合の良い時があれば、受領させていただければ幸いです。

それにしてもスピードグラフィック(クラウン改)は嬉しいサプライズです。手持ちのトヨビューもトヨフィールドも蛇腹の不良から稼働せず、大判の道は絶たれたと判断していたのですが、このスピードグラフィック(クラウン改)は蛇腹が生きていますね。しかも、トヨフィールドよりも軽い。

既に4x5をパターソンの3本タンクで現像できるアダプターを確保しており。これは、新しい戦場に突入する最後のチャンスなのではと、師団は動揺しております。

投稿: Rikkie | 2017年6月 2日 (金) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65318699

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ エクシリム EX-S3:

« フジフィルム ミクロファイン | トップページ | オリンパス μ2 »