« 「ガンガールズ」シリーズ | トップページ | ペンタックス オプティオWP »

2017年6月24日 (土)

フジフィルム フジカ TW-3

Dscn4222世の中は21世紀らしいのだが、拙僧のマインドは90年代でほぼ占められている。最近、「GLIM SPANKY」が加わったが、基本的にユーノスロードスターNA8で流しているのは「ブルーハーツ」か「ハイロウズ」、もしくは「ブランキー・ジェット・シティ」である。甲本ヒロトさんの歌詞がグッとくるのだが真島昌利さんの歌詞だってハートをつかむ。

そんなマーシーさん「青空」というバラードがあるのだが歌いだしは「ブラウン管の向こう側、カッコつけた騎兵隊が・・・」なのだが、考えてみると今時リビングにブラウン管TVを置いている家は少ないよな。そもそも、「ブラウン管」という単語は日常会話では死語になっているんじゃないかな。

Image2本カメラは80年代に登場した全自動型ハーフ判コンパクトカメラなのだがTV撮影モードがある。このころはTV画面を撮影したいというニーズが少なからずあったようで、そういった機能を持ったカメラは少なくない。

しかし、一眼レフカメラならともかく、そうでなくても大体な感じのビューファインダーで固定焦点(パンフォーカス)のカメラでTV画面を撮影するのは、なかなか大変だったんじゃないかな。ちなみに、拙僧が専門学校生でコンピューターグラフィックスをかじっていたころは、ブラウン管モニターにマットブラックで内側を塗った段ボール箱に穴を空けて小さな穴にレンズの先端を突っ込んで一眼レフカメラで画面を撮影した。機種は覚えていないが、何かしらの機械式シャッター機だろう。

何かと突っ込みどころの多いカメラなのだが、後の廉価コンパクトデジカメの起源と感じる点も多い。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« 「ガンガールズ」シリーズ | トップページ | ペンタックス オプティオWP »

コメント

ありゃ、距離が当たるといいですね!
私がカメラ販売したのは88~89年ですのでさすがにはんだ付けのものはなかったですが、リチウム電池はすごく持つという幻想がまだ残っていて、お客さんにいちいち「フラッシュ撮影を50パーセントしたと仮定して、24枚撮りX本」みたいなことを説明していました。
海外旅行に行くときは単三のほうがいい、という通の常識があったように思います。
ピカソ初代では5年くらい・・・って言ってましたっけ?定かではなくなっていますが。

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年6月25日 (日) 21時16分

そうそう、TVをカメラで撮るということが当たり前でしたね。たいてい青っぽくなっちゃう。わざわざ部屋の明かりを消してとってくれた人もいました。ビデオデッキが普及してもリコーのマンボウ(正式名称忘れましたが)その他多機能コンパクトでは結構TVモードの1/30がついていましたね。実は最近、自分のプロフィール写真をDVDから起こそうとして、ソフトでできると思うのですがTVをデジカメで撮ろうなどと真剣に考えてしまいました。これは新しい方法を勉強しなければいけませんが今どきのTVは1/30でいいのでしょうか?

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年6月25日 (日) 21時22分

どもども、横須賀与太郎殿。

距離が当たればいいんですが、これの光線漏れを克服するのは根気が必要ですね。拙僧には持ち合わせていないスキルです。

拙僧はリアルタイムを知らないのですがx本のフィルムを使うならx年は無交換でOK。お店任せでもお得、って感じだったのでしょうか。DIYで腕時計を買うってそんな感じですよね。それを我々は裏蓋を傷つけて100円ショップのSR626SWへ交換することに。

専用リチウム電池か単三型電池かという議論はデジカメでもありましたなあ。

液晶TVのリフレッシュレートってどうなんでしょうね。デジカメなら何度も撮影して測るという手もありますね。

鉄の方が行く先のLED掲示板を撮影するのにコツがあるというのを聞いたことがあります。

投稿: Rikkie | 2017年6月26日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65440122

この記事へのトラックバック一覧です: フジフィルム フジカ TW-3:

« 「ガンガールズ」シリーズ | トップページ | ペンタックス オプティオWP »