« 2017年6月 | トップページ

2017年7月22日 (土)

京セラ コンタックスT2

Dscn8084今、ラジオ雀の中ではキンチョールのCM、「金鳥少年:高山さんと大沢くん」の胸キュン恋愛ショートストーリーが完結すると話題だ。これは去年の夏の「中学2年生編」に続いて「中学3年生編」が今年放送となったのだ。恋愛に目覚めた奥手の大沢くんの慎重なアプローチを性に2歩進んでいる高山さんの思わせぶりな対応が大沢くんを戸惑わせ、緊張(金鳥)させる。思わず青春を感じさせられるのだ。それに静かに押し殺したような声の高山さんの対応がちょっとセクシーくてドキドキする。多分、放送は来週の1週間だけだし、今年はTBSでは放送しないらしいので、文化放送とニッポン放送に「Check it out!!」。

Image110さて、個人的に完結をむかえたのがコンタックスT2との関係だ。コンタックスT2は素晴らしいカメラである。特に黄昏時にアクロスをつめた時のぎりぎり残る諧調は大好きだ。

しかし、なんだか今やたらと高騰しているらしいのだ。確かに拙僧はカメラ・レンズの旧資源を大粛清しているのだが、コンタックスT2は残すつもりでいた。その覚悟を覆すくらい売り時なのである。最初、委託で出したのだが、その時も買い取り価格を聞いた。それはちょっと惜しいなという価格だったのだが、この夏のボーナス時期で相場が上がったのか、先日愛知県美術館に行った際に名古屋のカエルカメラで査定したら、ちょうどR1-Zのフロントサスとレギュレーターの修理をして、中古の東京マルイのグロック26を買ってもお釣りがくるほどの価格だったのだ。速攻で売っちゃいました。そういえば、中古カメラやでカメラを売るのは初めてだなあ。キタムラで下取りに出したことはあったけど。

Image8それで、「ありがとうコンタックスT2」ということで、既存のコンタックスT2のコンテンツに多くの撮影画像をついかした。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

ガンガールズ:グロック17(MGC製:明治村冬編)

Img_0417ガンガールズのシリーズを本ブログでも展開することにした。裏ブログでも展開しているんだけど、本ブログではビジュアル的や写真的な話題を主題として差別化するのだ。

今ではアニメやマンガで女子が銃を持っていても何の不思議でもないが、拙僧がイルクーツクで不遇な年少時代を過ごしていた頃はナウシカさんが銃を携帯し、重要なシーンで使っていたのがパイオニアとされていた。しかし、ナウシカさんはライフル(正確には無旋条の滑空長銃)のパイオニアであって、銃と女子というか女性の組み合わせは何といっても峰不二子さんだろう。ガーターベルトに忍ばせたブローニングM1910。これほどセクシーな組み合わせはないな。ナウシカさんのカスタマイズしたライフル(滑空ガン)に伝統や使命を感じるのに対し、峰不二子さんの量産品のブローニングには自由と奔放を感じる。

実写だと鬼籍に入られた野沢陽子さんがキーハンターで活躍なさっていたらしいのだが、拙僧はその世代ではない。

Dscn4627グロック17はオーストリアのハンドガン(拳銃)である。拙僧がこのMGC製のグロッグ17を友人からもらった1990年前半に既に共産圏は消滅していたが、東欧の風はまだまだ神秘的で心地よいものだった。

銃の上部を占めるスライド(遊底)がスクエアマッスなのが、妙に都会的でイルクーツクの辺境から東京へ抜け出たという妙な充実感を感じたのを覚えている。

肝心のモデル撮影はテーマパークの人気のないところを探しゲリラ的に撮影した。ポートレイト撮影に銃を構える違和感に、モデルさんの笑いが止まらなかったのだが、それはそれでいいんじゃないかな。

勿論、撮影する側もマミヤM645-1000Sにセコール45mmF2.8でガチ撮影だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

オリンパス C-AF

Dscn8736とうとう1週間に1度の更新を飛ばしてしまった。特別、アクセス数を気にするようなブログではないのだが、やはり定期的に見てくれる方がいらっしゃるので申し訳ない。

正直ってちょっと夏バテなのだ。夜は寝れないし昼間は頭がはっきりしない。タイピングには大いに支障が出てイライラしてしまうな。それでも、今回は守れなかったが週一の更新は続けるつもりなので柔らかい目で見ていただきたい。

Image6本カメラはパッと見はコニカC35AF(ジャスピンコニカ)のそっくりさんである。しかし、実際にはかなりクレバーなAFユニットを搭載している。どうも、AFユニットはセイコーと共同開発だそうで、例の忌々しいハウネルのマークが存在しない。見てくればかりのミノルタハイマチックAFとは段違いのレスポンスである。

しかし、本カメラはオートボーイ(初代)よりも2年遅い登場なのだ。世代的にはオートボーイスーパーと同世代になる。オートボーイは早々にカメラの全自動化を完成に近い形で実現したから、やはり手回しの遅さが目立つ。せっかくのD.スイコーの写りも正当に評価されなかっただろう。

オリンパスは夏バテしていたわけではないが、XAシリーズの大成功で次の手を打つマインドの切り替えに失敗したとはいえるだろうな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

ペンタックス オプティオWP

Img1防水コンパクトデジカメというとオリンパスのμデジタルシリーズを思い浮かべる。確かにオリンパスはフィルム時代の「濡れてもピカソ」のAFLから防水機能を売りにしていた。フィルム時代のμシリーズも同様である。しかし、それらは「ひとまず濡れても大丈夫ですよ」という程度で、完全に水没したらパーになった。フィルム時代に完全に防水となるとコニカの現場監督とかニコンのピカイチカリブとかキヤノンのAS-6くらいの大きさになった。それでも水中に落としても大丈夫だけど水中撮影は別の話だ。水中で本格的に撮影できるとなると、もっとも身近でもニコンのニコノスシリーズくらいしか選択肢がない。それでも、レンズは水中用と地上用では違うものを使った。

Imgp0038本カメラは水深1.5mと控えめながら、ちゃんと水中で撮影できた。これは当時のコンパクトデジカメとしては画期的なことである。ライバルとしては2年先行したサイバーショットU60もあるが、200万画素級で単焦点レンズだった。サイバーショットU60も大したものだが、どちらかというとカメラというよりはガジェットアイテムだろうな。

ペンタックスで防水というとペンタックスLXを思い浮かべる方は少なくないだろう。ペンタックスの高級機で無論水中撮影はできないが、かなり立派な防水を実現していた。ペンタックスLXもデジカメ時代になってかなり粘ったのだが、やはり終了となった。防水のシーリングは作業者が手作業で液体のパッキン材を流し込むという現在では信じられないような工程で実現していた。

本カメラのペンタックスは、まだペンタックスが独立した企業として成立していたころだ。今はリコーの1ブランドに過ぎないが、ペンタックスブランドはデジカメ時代になっても。それなりに評価されているのは嬉しい限りである。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ