« R1-Zにて紀伊半島バンガローツーリング | トップページ | 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 »

2017年9月23日 (土)

ペンタックス オプティオW30

Dscn4460久しぶりにデジカメの登場である。このところのフィルムカメラの再評価で今までは全く動かなかった物件が捌けるようになった。時にはネットオークションでびっくりするような普及コンパクトカメラにびっくりするような高値が付く。お蔭でサバイバルゲーム用品や最近再熱しているソビエト物収集での出血が補てんできているほどだ。

もっとも、一方で当然ながら買うとなると相場が上がっているようだ。長期の大粛清で新しくカメラ・レンズは殆ど買っていないのだが今から全くカメラ・レンズを買わなくてもブログのネタは3年は困らない。そうは言っても9月の名古屋中古カメラ市戦争には今のところ参戦の予定だ。

そんなこともあって暫くデジカメのことは忘れていた。

Imgp0003本カメラはペンタックスがパイオニアとなった防水コンパクトデジカメの一員である。防水デジカメというとオリンパスμデジが先行しているようだがμデジは「しぶきが飛んできても大丈夫」という程度で完全に水没したらパーである。その点、ペンタックスのオプティオWPは完全水没を保証していた。もっとも、防水なのと水中撮影が可能なのとは話が別なのだが、どうもその辺を大手ニュースコンテンツでもぼやかしているようだ。

スナップシューターの拙僧としてはイマイチ使いづらいカメラなのだが、ペンタックスが独自で成立していたカメラとして温かい目で見てやりたい。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« R1-Zにて紀伊半島バンガローツーリング | トップページ | 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 »

コメント

デジカメ。仕事で使う以外はフィルムカメラのスタンス。何よりコンデジの壊れ方があまりに非道で精神的に尋常さを維持出来ず。いわゆる、撮影者がサイドアームに選べるのかという話になってしまいます。画像数は並みでも、耐久性や信頼性が欲しいです。僅か5発でも確実に作動してくれるチーフ系リボルバー的なコンデジがあれば、と願います。

投稿: HOOD | 2017年9月30日 (土) 01時08分

どもども、HOOD殿。

コンパクトデジカメは壊れますよね。
撮影自体は何とかできても電池蓋とか、あまりにもプアで破損しやすいです。最近はあまりありませんがバッテリーがプアなものもありますね。

そういうわけでこの種のクラスのコンパクトデジカメはほとんど残っていません。残っているのはパワーショットG9あたりですね。少しサイドアームズとしては大柄ですが、安定した打撃力があります。

既に報告させて頂いたか忘れたのですがHOOD殿のご要望にお応えして(?)チーフスペシャルを構えた女子ポートレイトを撮影済みです。ガンガールズシリーズとしてコンテンツを作るつもりなのですが、なかなか重い腰が上がりません。
5発の小型リボルバーは、やっぱり女子の護身銃として似合いますね。

投稿: Rikkie | 2017年9月30日 (土) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65816041

この記事へのトラックバック一覧です: ペンタックス オプティオW30:

« R1-Zにて紀伊半島バンガローツーリング | トップページ | 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 »