« ヤシカ エレクトロ35CC | トップページ | リコー リコーフレックスTLS401 »

2017年10月21日 (土)

ガンガールズ:AK-74

Image48「ガンガールズ」というシリーズでガンと女子を組み合わせた写真・画像を撮り貯めている。拙僧の参加する撮影会はモデルさん1名に対して大抵の場合は撮影者が1~2名なので拙僧個人の趣向としてのガンガールズを撮影する時間は確保できなくもない。しかし、大抵のモデルさんはガンを持つことに抵抗感がある。基本的にはモデルさんを「可愛く」「美しく」撮ることなのでガンというのは違和感があるのだ。なので重要なのはモデルさんとのコミュニケーションの成立と十分に可愛い写真を撮ってからの雰囲気づくりだ。時間も短くまとめたいのでガンの構え方を簡単に説明して、お願いするのはガンサイトをちゃんと覗くことだけだ。やれセーフティロックの位置やら射撃時以外は引き金に指をかけないなどガンマニアやミリタリーマニアであることがばれることは言わない。モデルさんがひいてしまうからな。それでもカンの良いモデルさんはそれなりにしっくりときた構え方をする。どうしても可愛らしくなってしまうモデルさんもいらっしゃるのだが、それはそれで大いに結構だ。

Img_9525草食系の拙僧だがあの手この手でモデルさんにその気になっていただき、ガンを持って頂くのだ。実際、それでそこそこの銃の写真・画像は集まっている。なかなかコンテンツを作るに至らないのは拙僧が遅筆のせいだ。しかし、今回は未公開の物件をすっ飛ばしてコンテンツを書くことにした。なぜなら念願であった「女子にアサルトライフルを持って頂く」というのが実現したからだ。ハンドガンを持ってもらうのとアサルトライフルを持って頂くのはインパクトが違う。なにせ公園やテーマパークなどパブリックスペースで長物を出すのは流石に支障があるし、モデルさんが感じる違和感も桁違いだからな。その点、閑散期のビーチはリスクが少ない。問題はモデルさんに同意を得ることだが、今回のモデルさんは前回の撮影会でいい感じのコミュニケーションが成立したし、何しろノリが良いので実現したのだ。

こういう機会は極めて稀である。

フィルムカメラはOM-10にOMズイコー50mmF1.8。ブロニカS2にニッコール50mmF3.5。フィルムはアクロスである。

デジ画像はEOSキスデジX4にEF-S18~55mmF3.5~5.6をつけて撮影している。

何だか一つ夢が叶って天下を取っちゃった気分だな。

コンテンツもご覧下さい。

|

« ヤシカ エレクトロ35CC | トップページ | リコー リコーフレックスTLS401 »

コメント

物作り日本とは言いながら銃器・サブマンシンガンに関しては駄作しかなく、戦後は戦争を経験せず無知を美徳としているだけに、未だに傑作銃器と呼べるものは、日本から生まれていない。ニコンFを産み出した工業能力から見れば矛盾ですよね。日本人の銃器は種子島で終わったのでしょうか。
ドライなサブマンシンガンと女の子、モノクロよりもカラーの方が乾いた雰囲気があって良いと思いました。モノクロには、モーゼルやシュマイザーあたりならば似合いそうですね。
モデルの子、ノリも良さそうだし本格的な構えを教えてあげても面白い良かったのでは。
革スリングを左手に巻いてAKを構える水着美女…どうでしょうか?

投稿: HOOD | 2017年10月22日 (日) 13時26分

どもども、HOOD殿。

ライフルの選定は女子ならタボールの方が違和感がないのではとか、あえて冷酷なスタイリングのワルサーMPLとか、現実問題として女子が護衛として打撃力のある銃となったらレミントンM870なのではと考えを巡らせました。
でも、やっぱり滅多にない機会なのでソビエトファンの拙僧としてはAKの登場となりました。M4はあり得ませんね。

本当は伏せ撃ちとかもして欲しかったんですけどねエ。体が汚れちゃうし、撮影会としてもイレギュラーな持ち時間なんで制約があるんですよ。それでも、OMズイコー50mmF1.8とSMC6x7タクマー55mmF3.5を1本づつ撮り切ったので満足です。

ああ、マガジンチェックをするカットは欲しかったですね。ちょっと後悔です。

拙僧も今回のカラー画像は気に入っています。でも、何枚か四つ切りと六つ切りに焼いたのですが、やっぱり印画紙に焼くといいモノですよ。デテールがどうというよりは紙というマテリアルで鑑賞すると印象が変わりますね。

豊和も狩猟・スポーツライフルでは一定の評価を得ているようですね。89式もよく当たる銃らしいのですが、初弾命中率よりも命中率なんてほどほどでいいから泥水を被っても微粒子の砂が飛ぶ砂漠で晒しても確実に動作するタフな信頼性ですよね。こういうのは実戦を経験しないと身につかないでしょう。

我が国の武器輸出もだいぶ事情が変わってきたので実戦で鍛えた銃・火器の登場を期待したいですね。なんていったって海外(主に米軍)のアリサカの評価は高いですから。


投稿: Rikkie | 2017年10月22日 (日) 14時27分

どもども
水着に赤唐辛子とは破壊力抜群です。この組み合わせはありきたりの写真展ではちょっと思いつかないので、このジャンル意外にいけるんじゃないかしら。
大事にしてください。
でもこの荷物量だと移動が大変ですわね。

投稿: 大佐 | 2017年10月22日 (日) 14時46分

どもども、大佐殿。

この女子とガンの組み合わせは「ガンガールズ」としてシリーズ化して、いずれまとめたいと思っているのですが女子受けがイマイチなんですよね。

荷物移動は大変ですよ。デジ一眼レフx1+レンズx2、ミラーレス一眼x1+レンズx2、オリンパスOM10+レンズx3、ペンタックス6x7+レンズx2にライフルですから。
デジカメとライカ判カメラとレンズはf64の大型ショルダーバッグ、バケペンとレンズはリュックサック、それとライフルケースを担ぎます。

たまに自分は登山写真家なのかと困惑します。

投稿: Rikkie | 2017年10月22日 (日) 16時49分

Rikkie師匠それは山岳カメラマンを超える物量ですよ!す、すごいことです。

投稿: とりおた | 2017年10月24日 (火) 20時40分

どもども、とりおた殿。

今回は海の家をベースにした目の前の砂浜だったので楽でした。

ライフルケースはイレギュラーとして、このくらいの装備で1日テーマパークを歩くとヘロヘロになります(--。

投稿: Rikkie | 2017年10月25日 (水) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65919827

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガールズ:AK-74:

« ヤシカ エレクトロ35CC | トップページ | リコー リコーフレックスTLS401 »