« 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35CC »

2017年10月 7日 (土)

オリンパス M.ズイコー14~42mmF3.5~5.6

Dscn0979最近、ポートレイト撮影会でもデジカメで割と真面目に撮影している。原因は感材代が負担だというのもあるのだが、夏場に液温が高くて現像できなかったフィルムがかなり溜まっているのだ。肝心のモデルポートレイト撮影くらいはフジフィルムに出してもいいのだが、最近、ちょっとフジフィルムの純正現像に以前ではあり得ない不備があったりして気が載らないのだ。モノクロの純正現像もニーズが減ってクオリティが低くなったのだろうか。

P1140955_2それでデジカメもデジ一眼レフとミラーレス一眼の2編成にしている。他にフィルムカメラも動員するから1システムはミラーレス一眼に頼るしかないな。しかし、ミラーレス一眼はどうも嘘っぽいところがある。拙僧は5台(のちに1台は処分)のミラーレス一眼を使っているから断言してもいいだろう。例えばほぼ同じ条件下でもモデルさんの立ち位置が変わると発色がまるで違う場合がある。これは少なくない。また、一見高解像感のある画像だが、高解像・メリハリのある発色をどうも弄って作っているのではと思うようになった。あまり根拠はないのだが、小さなレンズは携帯には便利なものの、やっぱりパワー不足でボディ側で弄っているのではないだろうか。同じフォーサーズでもマイクロではないE-520で撮影した画像では発色の偏向はあるが解像感は不自然さを感じない。なので動員するのだが、これはこれでバッテリーがプアで問題がある。

本レンズは以前にも紹介させていただいたのだが、掲載画像が増えたのでコンテンツを再報告させていただきたい。

それでミラーレス一眼を使わないかというと、嘘っぽい絵作りというのはデジの魅力でもあるので、それはそれで構わない。

|

« 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35CC »

コメント

どもどもRikkie師匠。
やはり現像のクオリティは落ちていますか。大きな声では言えないですが。トイラボさんに出すようになってまた美しい仕上がりになって喜んでいたところ、ポジのブローニーはもうやらないというお知らせが。残念です。
涼しくなってきましたので、液温も大丈夫になってきたのでしょうか?

投稿: とりおた | 2017年10月12日 (木) 10時39分

どもども、とりおた殿。

拙僧の出したネガがたまたまだったのかもしれないのですが、折れや傷があったんですよね。ネガの濃淡は問題ないので扱いが雑になったのかなあとも思うのですが。

ポジは高いし数もさばけないからミニラボとしては難しいのかもしれないですね。でもmixiとかではポジの美しさからフィルムに入る若い方もいらしゃるようです。

液温は今が一番いいですね。
ひとまず夏の間貯め込んだネガを全部現像しました。

投稿: Rikkie | 2017年10月12日 (木) 18時00分

お、出ましたね。実はパナのパいワーズームの同じ焦点距離のを持ってまして、やはり沈胴なのです。光学系は一緒なのでしょうか、きになります。フォーサーズのちゃんとしたハイエンドは使ったことはありませんが、μフォーサーズは初号機から使っておりまして、2代目?の上級機種のフルハイヴィジョン対応(当時としては輝いて見えました)を長年使ってきましたので、おっしゃっていることや、画質など、とても実感しております。ただ、G3もGF5も好感度に強くなってきたことのものですね。GF5などいくらくらいで購入されましたされましたでしょうか?私としてはうらやましき限りです。立体感が出ないんですよね。これは背景がぼけていないとかそういうことじゃなくて、フィルムカメラだったら、パンフォーカスにしても立体感が何となく出ていたり。。。ということがしょっちゅうあるんですが(安いプラ亀でも)。GH1でもAWBでとると、色がころころ変わります。続けてとっても、同じ位置でも変わりました。とかいってG8を買ってしまった私ですが、普段使いにおいては高感度でも特に問題はない(フィルム世代ですから1600でも目を回すほどの高感度です)ですが、μフォーサーズはμフォーサーズだなぁと思いました。もちろんRAWなどで撮れば不満も解消するのでしょうが、ファミリーカメラですからね、ハイライトから暗部までというわけにはいかないようで。でもGF5よござんすね。特に旅行などは。G8が微妙に大きくなっているんです。飛燕は美しいの一言。
 あ、そうそう、久々に中野村富士屋亀店に逝ったのですが、展示品(店頭に紐付きで裸で展示されていました)のノクチなんとかっていう1.2のレンズをG8にひょいとつけて店員さんを撮ってみました。立体感出てました。これも大口径だからとかいう問題ではなく、それなりの気合とコストをかけたからだと思います。

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年12月 6日 (水) 13時37分

どもども、横須賀与太郎殿。

流石にパナソニックとオリンパスのレンズは構成が違うと思いますが、安ズームレンズはどこが作っているか分かったものではないですよね。

ルミックスDMC-GF5は1万円を切っていました。3年くらい前でしょうか。当時はキタムラとの関係性も良好で、このレンズも4000円くらいに頼みもしないのに負けてくれました。
今はスタッフが一掃されて以前のような横暴はできないです。

ルミックスDMC-G3は使わないんですよね。やっぱりEVFの見え方がどうこうというよりもプレビューが出てしまって撮影のリズムが崩れるのが嫌ですね。設定で回避できるのでしょうが。

ノクチなんとかは立体感がでましたか。
個人的にミラーレス一眼はレンズがプアなのを前提に画像処理でごまかしていると思っていたのですが、ちゃんとコストをかけたレンズだといい仕事をするんですね。

もっとも、そのようなレンズは拙僧の師団には届かないでしょうなあ。

投稿: Rikkie | 2017年12月 6日 (水) 16時00分

んまぁ、気合を入れたレンズは、気合を入れたフルサイズなり中判なりとしたほうが。。。
まぁ何もμフォーサーズでなくてもよいと思いますね。
でもイメージサークルが少ない分、十万円強で買えるのはお得。。。でもないか。。。素直にニコンとかEOS買っておけばいいような気もします。

投稿: 横須賀与太郎 | 2017年12月 6日 (水) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/65842823

この記事へのトラックバック一覧です: オリンパス M.ズイコー14~42mmF3.5~5.6:

« 秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35CC »