« 2018年1月 | トップページ

2018年2月17日 (土)

ワルツ商会 ワルツフレックスIII

Photo先日、拙僧の意稚ブログを読んで下さる横須賀与太郎殿から半ダースの120判のローライ400を拝領した。もはや、ISO400の120判フィルムなどとても拙僧のカエル代物ではないから、とてもありがたいお話である。感謝に堪えない。

拙僧が使える数少ない120判フィルムといえばアクロスくらいだ。それだっておいそれと使うことはできない。気合のポートレイト撮影だって数を数えながら撮影する次第だ。なので中判カメラで呑気に撮影するのは難しくなっている。

Dscn0934現在においても大粛清の嵐の真っただ中なのだが、やはり一度は撮影したブツから処分したいものである。最近ではライカ判カメラなら36毎撮りのアクロスを2台のカメラで半分づつ使ってる。全く貧乏くさい話だが実際に貧乏なのだから仕方がないな。それでも、一応は一度使えば手放す抵抗も減るものだ。

Image18本カメラは今ほど120判フィルムの価格がシリアスになる前に使用したことがあるので、撮影結果は多い方だ。しかし、割と露光にムラがあるしシャキッとしたカットが少ない。これは拙僧が下手なのが一番の問題なのだが、コンディション的もクリアとは言えず、そもそも移動する山車を追いかけながら撮影するカメラではないよな。

この手のカメラは古都でもふらりと散歩しながらじっくり撮るのが粋だと思うのだが、拙僧は慌てる貧乏なので、そういう機会を作れなかった。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

オリンパス スタイルス VH-410

Dscn4442現在、かつてないペースで大粛清が行われており、ジャンクコーナー偵察もままならない状況だ。しかし、タマに行ってもロクなものが無いな。拙僧が定期偵察していたキタムラの1店はジャンクコーナーどころか新品のカメラの販売もやめてしまった。

ブツが無いのはフィルムカメラなら収まるところに収まったということなのだろうが、デジカメも出物が少ない。800万画素級あたりの物件は転がっているのだが、そういうのは既に拾ってコンテンツも書いているしな。もはやコンパクトデジカメというポジションのカメラはスマートフォンに立ち位置を奪われて殆どが消滅し、ジャンクとして現れることもないのだろう。

P5270044そういった事情だから今時転がっているコンパクトデジカメというのは非常に安く作ってある。今更、スマートフォンではなくカメラで撮影するのなら画像のクオリティを期待すると思うのだが、本カメラは相応のモノなのだろうか。

もっとも、メーカーもミラーレス一眼はドル箱の様だし、一時期は存在感が怪しくなったデジ一眼レフも「やっぱりミラーレス一眼じゃ駄目ですわ」と回帰傾向があるので頑張っているようである。

今後、コンパクトデジカメが完全に終焉するのかは分からないのだが、本カメラが写真用フィルムよりレイトマジョリティの片隅に位置しているのは間違いないだろう。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

レトロパン320ソフトでポートレイト

Image296今回の写真というかネガはいずれ「ガンガールズ」シリーズでも展示する予定なのをご了承いただきたい。

前々からフォマのレトロパン320ソフトというフィルムに興味があって、何かを買ったついでに1本買ったのだ。しかし、現像液を選びそうだし、現像もナーバスなようで使うのを先延ばしにしていた。それを先日のクリティカルなポートレイト撮影で投入したのだ。

Image326
結果的には「ソフト」という命名とはかけ離れたハードボイルドなフィルムである。荒々しい粒子と硬調が昭和感たっぷりだ。拙僧がこれを「国府宮はだか祭」のスナップを撮ったのなら小躍りしただろう。

しかし、被写体は柔らかいモデルさんなのだ。表現としては非常に面白いのだが肝心なのはモデルさんの評価なのだ。要するに「綺麗で可愛く」写っていればよい。

この暴れ馬のようなフィルムをそれなりにポートレイト写真として観れるのは、モデルさんのクオリティが高いからだとしか思えないな。ヤシノン5cmF2のパフォーマンスでもなければ、決して拙僧の腕前ではない。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ