« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

ニコン AiSニッコール50mmF1.8(水着ポートレイト編)

Emどうやら大陸でのフィルムカメラのムーブメントは一巡したらしく、ネットオークションの動きも緩慢になった。もともと、既にペトリ2.8などというカメラは売れないのだから不良債権化は致し方ないな。それにしても、一時期は完全に価値がゴミであったカメラがいい値段で旅立って行ったので、ヤードにはまだ400個くらいのカメラやレンズが残っているのだが、ひとまず「遊んで楽しんだ」というのを換算すればプラスマイナス0くらいに大粛清の嵐は効果を得た。残りはボチボチと売れていけばいいだろう。

I4凄惨な大粛清だったが、それでも一応フィルムを通すことはできた。1本のフィルムを2台に分けるような撮影だったが、それでも満足だ。

カメラを処分するのに比べると抵抗があるのがやはりレンズだ。同じペンタックスのスーパータクマー55mmF1.8だって厳密には個体差で写りが微妙に違う。それに、拙僧の持っている物件はツアイスでもなければロクな価格がつかない。ならばとって置きたいというのが心情だ。

I15拙僧は科学的なレンズの検証は全く興味が無いのだが、それなりに蘊蓄は傾けたい欲求がある。個人的にはデジカメにフィルム時代のレンズをつけたレポートには関心がない。拙僧も一応、蘊蓄を傾けてイイなと思っているのは何十枚もの印画紙に焼いた経験があるからだ。その中でも標準器となる水のようなレンズが本レンズである。

本レンズは拙僧が初めてか2番目に買ったレンズである。本レンズかコシナ20mmF3.8かどちらが前後したのかは忘れてしまった。当時のフジヤカメラで1~1.2万円くらいだったと思う。本レンズも香港や海南島、シアトルに連れてっており、印画紙にも何枚も焼いた。非常にプルーフ的な素直なレンズで拙僧のレンズの評価の基準となっている。
今回、拙僧が20代に頃に初めてポートレイト撮影を行い、それが水着ポートレイトだった写真のプリントを読み込んだものが見つかった。

ご覧いただければ幸いである。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

ファインピクスF550EXRその2(上野散歩編)

Dscf1062大抵の場合、週に1回土曜日に更新している拙僧の稚ブログだが、先週は飛ばしてしまった。よく見たら「M36チーフスペシャル」の前の週も飛ばしていたのだが、これは気づきもしなかった。ぼけているなあ気をつけないと。

今回、飛ばしてしまったのは理由があって割と近い筋に凶報があって帰郷したのだ。そういう機会の帰京だから「新宿・中野中古カメラ打通作戦」というわけにはいかず、上野の美術館をはしごしたくらいで帰郷したのだ。

無論、スナップ撮影もして上野ではフジペットとアーガスC22、本カメラを動員している。ちなみに、セレモニーが終わったら自由なので後日は秋葉原でガンショップ巡りとスナップ撮影をして、国立新美術館を見てから相変わらず新宿へ向かったのだが、この話は別にしたい。

Dscf1003今回は中古カメラ屋巡りというかサイバイバルゲーム用ガンショップ巡りをした。拙僧が、かなりサバイバルゲームに傾倒しているからな。

ところで中古カメラやジャンクカメラ趣味の中でジャンクカメラを分解し、直したり壊したりする趣味がある。そういう方の為に破損したカメラや全損したカメラを転がしたジャンク籠というのが中古カメラ屋や中古カメラ市に設置しているのはご存知の通りだ。

Dscn1685ガン関係もクラフトワーク系なか方々がいらっしゃって、もっぱら愛銃のブロウップに熱心だ。なので、東京の大型ショップならジャンク籠があって捨て値で様々部品が転がっていると思っていた。ところが、殆ど無いのである。全くないわけではないのだが、本当にツマラナイ部品や外装部品、古くてゲームに使えないようなブツや完全ジャンクのブツしかなかった。

Dscn1688それはそれで「撮影小物」として購入する拙僧は大いに結構だが、肩透かしを食らった感じだ。その時には「なーんだガッカリ」と思ったのだが、サバイバルゲームで使うようなガンというのは、ちょっと理性を失ったりいい気になったりすると規制値を超えた物になってしまうリスクがある。そうなったら立派な銃刀法違反ということになるな。ショップには新品なら改造部品がいくらでも転がっているが「この店のジャンク籠で注釈なしで売っていたパーツを使った違法銃」ということになるなると厄介なのだろう。

Dscf1004その点、カメラは楽で下手に組んでも写真が撮れていないくてフィルムがパーになるとか感電するくらいだ。無論、違法なカメラというのはあるが、ああいうのはフィルムカメラの世界ではなくて電子部品の世界だろう。

ところで、数多のガンショップでそれほど燃え上がらなかった拙僧だが、中田商店の健在は我々オールドタイマーには嬉しいものである。

特に「裏店」ではクタビレタ中古放出品が売っていてうれしい。こういうのはネットショップにも乗りづらいからな。

拙僧もドイツ連邦軍デザートカモフラージュジャケットとパンツ買って喜んでいます。

重要!!

そんな事情で急遽帰郷してしまったので資金難に陥ってしまいました。4/14の中古カメラ屋巡りはキャンセル(順延)でお願いします。スミマセン(mm。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

ガンガールズ:M36チーフスペシャル(マルシン製)

Dscn4918まだ「ガンガールズ」のシリーズが確定していない初期の頃、読者の方から女子と小型リボルバー拳銃の組み合わせのリクエストを頂いたのだ。いや、拙僧が勝手にリクエストだと思いこんだのかもしれない。その頃の拙僧は浅はかにもリボルバー拳銃は古臭いというイメージがあったのだが、ひとまずクラウンモデルのシルバーのコルトパイソンを新品で購入したのだ。しかし、そのシンプルな構造と銃としてのアピール力にすっかりと参ってしまう。

一般的にクラウンモデルの評価の分かれるトイガンメーカー(トレーダー)なのだが、エアーコッキングガンのリボルバーシリーズはコストパフォーマンスに見合うものだと思うな。

Image301357マグナム弾をぶっ放すコルトパイソンは拙僧の手からしてもボリュームがあり、実際に最初は女子には向かないかもしれないなと思った。しかし、逆にそのギャップ感が好ましいものでもあった。こうリボルバー拳銃に魅入られてしまうと小型リボルバー拳銃と女子の組み合わせに興味が勃興するのである。

チーフスペシャルは人気のあるモデルなのだが、だからなのかネットオークションでの値段も比較的高く、現行モデルも10歳制限の安モデルが見つからなかった。なのでマルシンのガスガンをかなり競って落札したのである。ガスガンとしては完全ジャンクの代物だったのだが、綺麗な個体だと思われたのだ。

実際、それは綺麗な個体だった。それに仕上がりがいいのである。見てくれよりも重くて、しかし小振りなグリップはしっくりとホールディングが決まって実にいい感じだ。

何しろ、そのキュートで危険なルックスはモデルさんを引き立てるな。

コンテンツもご覧いただきたい。

P.S.

4月に急遽、東京に帰京することにしました。

14日土曜日の13時ごろまで新宿のアルプス堂をウロウロして終えりますので、お暇な方がいらっしゃればご足労いただき、新宿->中野間のプチ中古カメラツアーをやりませんか?16時くらいまでだ通作戦を行いフジヤのルノアールでブレイク、17時には中野で解散の予定です。

重要!!

4月の帰郷は諸般の事情で中止になりました(mm

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018年3月 3日 (土)

ミノルタ ハイマチックEその2

Himactice356本カメラの登場は2回目である。ちょっと時間が作れなかったので新しいコンテンツを作ることができなかった。何だか情けないが御了承いただきたい。

本カメラのレンズは相当良くできている。しかし、じっくりと撮影するとそのパフォーマンスを発揮できるのだが、忙しくスナップすると本来のパフォーマンスを発揮するのは難しいようだ。多分、目測で40mmというのも難しいのだろう。

勿論、それは他のカメラのレンズでも同様なのだが、もっと簡素なレンズの方が意外と上手く撮れるような気がしてならない。

折角の距離計連動機なのでパフォーマンスを発揮したいが、この種のカメラはいい値段がつくので処分してしまった。これまた、情けない限りである。

新しく追加した写真のコンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »