« ミノルタ ハイマチックEその2 | トップページ | ファインピクスF550EXRその2(上野散歩編) »

2018年3月17日 (土)

ガンガールズ:M36チーフスペシャル(マルシン製)

Dscn4918まだ「ガンガールズ」のシリーズが確定していない初期の頃、読者の方から女子と小型リボルバー拳銃の組み合わせのリクエストを頂いたのだ。いや、拙僧が勝手にリクエストだと思いこんだのかもしれない。その頃の拙僧は浅はかにもリボルバー拳銃は古臭いというイメージがあったのだが、ひとまずクラウンモデルのシルバーのコルトパイソンを新品で購入したのだ。しかし、そのシンプルな構造と銃としてのアピール力にすっかりと参ってしまう。

一般的にクラウンモデルの評価の分かれるトイガンメーカー(トレーダー)なのだが、エアーコッキングガンのリボルバーシリーズはコストパフォーマンスに見合うものだと思うな。

Image301357マグナム弾をぶっ放すコルトパイソンは拙僧の手からしてもボリュームがあり、実際に最初は女子には向かないかもしれないなと思った。しかし、逆にそのギャップ感が好ましいものでもあった。こうリボルバー拳銃に魅入られてしまうと小型リボルバー拳銃と女子の組み合わせに興味が勃興するのである。

チーフスペシャルは人気のあるモデルなのだが、だからなのかネットオークションでの値段も比較的高く、現行モデルも10歳制限の安モデルが見つからなかった。なのでマルシンのガスガンをかなり競って落札したのである。ガスガンとしては完全ジャンクの代物だったのだが、綺麗な個体だと思われたのだ。

実際、それは綺麗な個体だった。それに仕上がりがいいのである。見てくれよりも重くて、しかし小振りなグリップはしっくりとホールディングが決まって実にいい感じだ。

何しろ、そのキュートで危険なルックスはモデルさんを引き立てるな。

コンテンツもご覧いただきたい。

P.S.

4月に急遽、東京に帰京することにしました。

14日土曜日の13時ごろまで新宿のアルプス堂をウロウロして終えりますので、お暇な方がいらっしゃればご足労いただき、新宿->中野間のプチ中古カメラツアーをやりませんか?16時くらいまでだ通作戦を行いフジヤのルノアールでブレイク、17時には中野で解散の予定です。

重要!!

4月の帰郷は諸般の事情で中止になりました(mm

|

« ミノルタ ハイマチックEその2 | トップページ | ファインピクスF550EXRその2(上野散歩編) »

コメント

この写真もすごい好きです!素晴らしい!
行きたかったのですが土曜は仕事でした。無念。
行ったらいっぱい買ってしまいそうです(^^)

投稿: とりおた | 2018年3月 9日 (金) 16時49分

どもども、とりおた殿。

ああ、とりおた殿にはぜひお会いしたいと願っていたのですが残念です。

写真の方は毎度のことながらモデルさんのクオリティに救われています。
割とだらだら画像を並べているのですが、数カットのキメポーズだけを選択するよりも、だらだらと眺めるのがネット上での写真(画像)鑑賞の醍醐味かなとも思っています。

投稿: Rikkie | 2018年3月 9日 (金) 17時00分

良いですね。この企画!
チーフスペシャルに女の子、絶好の被写体だと思います。回転式の良さは台所用品と同じくメンテナンスが簡潔であり、必要な時に求める結果と仕事を仕上げてくれる。クレイジーなストーカー、子供を拐おうとする組織構成員、DVな夫、果てはエイリアンまで室内限定として相手を始末するには結構な道具。その仕事は数発もあれば足りるのです。オート式拳銃の扱い方にはレコード針を扱うような神経質さ、あまり役には立たない男の蘊蓄が潜みますが、回転式はCDであり、こだわりは皆無です。簡潔に一発からの弾丸でも装填するだけの扱いやすさ。

真逆のアイテムとして、イングラムM11をあげたいです。これも女の子に似合うと思います。学生カバンにイングラムと数本のマガジン…これを至近距離で撃ちまくられたら、凄腕のエージェントも蜂の巣です。ご健闘くださいませ。

投稿: HOOD | 2018年3月11日 (日) 01時12分

どもどもHOOD殿。

ありがとうございます。
拙僧の記憶以外が無ければ女子+小型リボルバー拳銃の組み合わせをご提案頂いたのはHOOD殿だったのでは。

銃の信頼性で最も重要なのは弾の数ではなく信頼性、稼働製ですよね。リボルバー拳銃の生活用具としての利点に気付かなかったのが恥ずかしいです。

イングラムM11は既にマルイの電動ブローバックガンシリーズを確保済です。マルゼンのガスブローバックも持っているのですが、やはり重いですしモデルさんに与えるインパクトの軽減という視点からするとマルイかなと思います。

他にオートマグ44はダブルイーグルなども持って頂きたいですね。コルトパイソンのサイト付き8インチなども、挙げたらきりがありません。

写真自体は撮り貯めたものがあるので、コンテンツを作り次第、ご報告させていただきます。

投稿: Rikkie | 2018年3月11日 (日) 03時24分

どうもこちらの方面には疎いのですが、この型って「拳銃」って感じがしますです。なんででしょうね。ガキの頃ひも状になった爆竹をつぶして音が出る駄菓子屋かなんかで売っていたコルトの形のものとは違うんですが、この記事に出てくるものの方が拳銃って感じがするんです。
どうも感化されてきたのか、ガンガールズの写真、なんとなくわかってきたような。。。
モノクロの画質の良さにペンタの645だ!と思ったら古いシグマのレンズですか。俺の目ってあてになりませんね。浴衣を着ての発砲のポーズは想定外でした!

投稿: 横須賀与太郎 | 2018年3月11日 (日) 22時19分

どもども、横須賀与太郎殿。

本ガンが見習た「拳銃」に見えるのは。本ガンをベースとしたニューナンブを警官が携帯していたからかもしれません。

「ガンガールズ」は拙僧のミリタリー趣味を単純に押しつけているのではなくて、銃を持った時のモデルさんの違和感の違いを表現できたらと思っています。中には全く違和感を感じいない方もいらっしゃって、それはそれで興味深いものです。

このシグマは「いつの間にかあった」のですが、良い写りをします。多分、印画紙に焼いても調子を出しやすいんじゃないでしょうか。

浴衣の女子は戦中の国産銃である南部14年式を持って頂いたんですよね。次回の「ガンガールズ」のテーマはこれにしようかなあ。

投稿: Rikkie | 2018年3月12日 (月) 07時17分

どもども。
今回のショットは映画のシーンを連想させるようで好きです。13日の巡礼了解しました。この猪八戒、三蔵法師様にお供します。

投稿: 大佐 | 2018年3月12日 (月) 08時30分

どもども、大佐殿。

念のためですが打通作戦は14日(土)の13時ですよ。
是非、カンの鈍った拙僧の師団を導いて下され。

投稿: Rikkie | 2018年3月13日 (火) 07時39分

うひゃぁ! 年だなこれは。14日ですね。ご指摘ありがとうございました、了解です。

投稿: 大佐 | 2018年3月18日 (日) 16時07分

どもども、大佐殿。

今週は凶報にて更新を飛ばしてしまいました(-_-)
当日はよろしくお願いします。

投稿: Rikkie | 2018年3月18日 (日) 18時30分

エレキギター手にした女の子って、意外と格好いいですよね。同じように長身なライフルや(対戦車ライフル、スナイパー系)も構成によってはイケる思います。しかし、女性特有な生活意識、攻撃・防衛本能は半径数メートルに引き寄せて、確実に相手を始末する道具が一番に効果的ではないでしょうか。ゆえに生活の家庭道具でもあるリボルバーを提案したわけです。是非、機会がありましたらセンチニアル(スナップノーズ)やエンフィールドなどをお待ちしております。

投稿: HOOD | 2018年3月21日 (水) 02時42分

どもども、HOOD殿。

以前、AK-74を水着女子を持って頂いたことがありまが、あれはとっても条件を満たすのが大変なんですよ。モデルさんを説得するのも大変なのですが、長物は目立ちますから公の公園でにょっきり出すのは躊躇うんですよね。警官でも呼ばれると厄介ですから。

とは言っても長物は持って頂きたいです。エンフィールドは難しいですが懐かしのデチャッタブルのサンダーボルト888とかクラウンモデルのスーパーライフルU10とかはあるのでいつかはと思っています。生活圏内の防衛力で打撃力を期待したらショットガンじゃないでしょうか。これもいくつか確保済です。レミントンは既に確保済ですし、東京マルイのスパス12では重すぎますがダウンサイズしたクラウンモデルのモノなど期待は膨らみます。

投稿: Rikkie | 2018年3月21日 (水) 06時01分

どもども
久しぶり(よく見たら半年ぶりくらい?)にブログに投稿しました。相変わらずのジャンク魂日記です(笑)

投稿: 大佐 | 2018年3月21日 (水) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/66472542

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガールズ:M36チーフスペシャル(マルシン製) :

« ミノルタ ハイマチックEその2 | トップページ | ファインピクスF550EXRその2(上野散歩編) »