« さらばカシオ その1 | トップページ | フジカ GER »

2018年5月26日 (土)

カシオ QV-770

Img_8372前回、デジカメ戦争勃興期のカシオの戦いを報告させて頂いた。折角なのでカシオのデジカメのコンテンツを作ろうと思って我が師団のデーターベースをさらってみたのだが、前回のコンテンツででかでかと登場したQV-770のコンテンツを書いていないことが判明した。

なので早速コンテンツを書いたのである。

Tmp024コンテンツに詳しいのであまり重なることは述べないが、本カメラの登場とまったく同じタイミングでフジフィルムのファインピクス700が登場している。これは単焦点レンズながらAFユニットを組み合わせ、金属製外装のファッショナブルな筐体に150万画素級の撮像素子を搭載し、当然のように記録媒体は交換式だった。対し、本カメラはQV-10とたいして変わらないスタイリングに樹脂製ボディ、35万画素級の撮像素子を搭載した内蔵メモリ機である。現在では内蔵メモリ機という言葉に注釈を入れなければならないだろう。つまり、撮影した画像をSDカードなりコンパクトフラッシュなりに記憶するのではなくカメラボディに内蔵したフラッシュメモリに記録するのだ。PCに画像を転送するためには有線の接続キットが必要となる。

当時、35万画素級のデジカメというのは少なからず存在した。何せファインピクス700は10万円くらいしたからな。とはいえ本カメラだって5万円くらいしたから、あまり妥当な感じはしない。カシオとしてはメモカメラとしては35万画素級で十分という認識があったのだろう。実際、21世紀に至ってもLV-20という液晶ビュワーさえ搭載しない35万画素級デジカメを出している。これは当時の高額で大柄なマジデジカメに対するアンチテーゼとして廉価なトイデジカメというムーブメントがあったのだ。コニカもe-miniシリーズを展開したしな。もっとも、LV-20は明らかに北米ではヴィヴィターブランドで販売していたし、e-miniシリーズもコニカが1から真面目に作ったとは思えない。それはともかく35万画素級デジカメの意義はあった。ただ、5万円は高すぎるが、恐らく実売価格は悲観的なものだっただろう。

思うに本カメラの最も悲劇的なのは内蔵メモリ機だということではないだろうか。それを言うならカシオとしてはTranPという無線データ転送規格の搭載を掲げた。カシオからすれば記録媒体をボディから抜いて別売りのリーダーに刺すよりは簡便だということだろう。しかし、TranPだって対応する機種が必要で実際には決してメジャーではなかった。現在、本カメラをジャンク籠から拾ってもPCに転送する手段がない。もっとも、PC転送キットのQV-LINKはQV-10から脈々と互換性を保っていたから、どこかしらのモデルに付属していたら使うことはできる。

この一件に関してもカシオの思惑とコンシューマーニーズとの乖離を感じざるを得ない。

コンテンツもご覧いただきたい。

つづく

|

« さらばカシオ その1 | トップページ | フジカ GER »

コメント

今日は。カシオの撤退、現在のデジカメ市場にあっては規定路線なのでしょうね。カシオ製の携帯電話カメラは地味な発色でしたが、なかなかに良かった記憶があります。
撤退が決まり、当地のリサイクルショップにも持ち込まれた現行製品の同一機が多数並んでます。まだ四千円の価値はありそうですが、 記念に一台…いや、いらないか。コンデジは一番に使いやすかったのが(丈夫で)キヤノンのIXY60でした。あとのフジやニコンなどは故障やモニターが割れたりで、特にファインピックス系の脆さには閉口。
ペンタックスに至っては、撮影する前にカメラを変えたくなる雰囲気すらありますね。私はコンデジに縁がなかったのだと思います。

投稿: HOOD | 2018年5月26日 (土) 10時59分

どもども、HOOD殿。

そういえば携帯電話のエクシリムってのもカシオの飛び道具の一つでした。あっしも持っていたのですが、ロクに使わず処分しました。

QV-770に4000円の値をつけるとは強気ですね。PC接続キット付きでしょうか。それでも680円という気がしますが。

IXY60というのはIXYデジタル60の事でしょうか。バランスのとれた優等生ですね。この後すぐに光学ファインダーが無くなったと記憶しています。

IXYデジタルに限らず500~800万画素級デジカメでコンパクトデジカメは完成に板たのですが、バッテリーがお亡くなりになっているケースが多いのが泣き所です。

IXYデジタルだとNB-4LとかNB-6Lとかは今は使い物にならないでショウ。ボディは元気なのに残念です。

投稿: Rikkie | 2018年5月26日 (土) 15時14分

今晩は。リサイクル店に並んでいるのはカシオEXZs29系の比較的新しい製品です。十台くらい一様に並べて四千円台で。新古品だと思いますが、一つくらい記念にと思案。
コンデジ・コンパクトカメラに関してはニコンミニやビックミニで、一枚一枚考えながら撮影していた頃が幸せだったな、と今更ながらに思いは深いです。

投稿: HOOD | 2018年5月26日 (土) 21時58分

当方クラカメ、プラカメに血道をあげていた人間には、黎明期を全く知らないんですね。
アナログのマビカがロス五輪の写真を電送して随分不細工な画像だなぁというのは覚えているのですが。
私がリアルにpぼ得ているのはEX-F1でしょうか。
フジヤカメラでAFだとだまされて(というかて人産の勉強不足)フジのA202を1万5千円の値段につられて買いましたがその後、もっとちゃんとしたものを。。。というときにセンセーショナルに出てきたのがEX-F1でした。結局1万円台から頑張って2万円台の後半に清水の舞台あら飛び降りたつもりで、大赤字で買ったのがOLYMPUSのC-2 Zoom実に甘い画像で、嗚咽と慟哭を発し、これならA202の方が良かったと。EX-F1の方に見入ってしまい、こんなによく写ったんだと、、、いまさらながらにコンプレックスを感じました。
デジカメはまだまだ発展しそうですから20年後くらいにα7SIIIとか買いそうです。

投稿: 横須賀与太郎 | 2018年5月26日 (土) 22時46分

どもども、HOOD殿。


成程、比較的新しいモデルですか。
それにしても大安売りですがリサイクルショップが棚ずれ品をただ同然で仕入れて投げ売りしているのかもしれませんね。

たしかにコンパクトカメラは多少フィルム代の事を意識しながら、サクサクと撮影していた頃が一番幸せかもしれません。デジカメだと何も考えずにバスバス撮りますし、フィルムカメラは場所やシーンを選ぶようになりました。

投稿: Rikkie | 2018年5月27日 (日) 05時53分

どもども、横須賀与太郎殿。

ファインピクスA202ですか。あれはトイデジカメのムーブメントを意識したのか、固定焦点(パンフォーカス)の簡素カメラでしたね。
しかし、単三型電池2本で燃費もよく固定焦点がゆえにサクサク撮れました。もっとも、それが有効なのは十分な光源化で、ひとたび屋内のような薄暗くなっただけでシャッターが鬼のように遅くなって使い物になら中たものです。

C-2ズームは、あの甘い描写がイイんですよね。もっとも、そんな寝言が言えるのは200円で買ったからでプロパー価格だったら怒りに震えると思います。

カシオF-1はカシオの飛び道具路線でも光り輝いているのではないでしょうか。

拙僧も今のところデジカメとフィルムカメラを併用しているんですが、デジカメで撮った撮影結果を見ても嬉しくも何ともないんですよね。例え下手でも自家現像の方がイイ。
そうは言っても感材の運用が厳しくなっていますから。数年後にはあっしもα7路線か、あるいはアダプターなんて使っても大してうれしくないからフィルムモノは厳選して残してすべて処分し、フジフィルムのXシリーズを小さく揃えるかもしれません。

投稿: Rikkie | 2018年5月27日 (日) 06時01分

今晩は。先日、近所のリサイクルショップにてオリンパスL10を入手、百円でした。今更ながらのブリッジカメラも、懐かしさだけではフィルムの無駄使いですが、試し撮りをしました。結果は来週に。さて、このリサイクルショップで金属製モデルガンめいたブツを発見。よく見るとマルシン製のフレームを流用したブローニング1910のライターです。え、500円で買いましたよ。フレームはスライド可能で何となく見た目はブローニングです。
でも、このサイズぐらいで安定した射撃が可能ならば扱いやすいです。カメラも仕事に使うので銃器と同様に、やはり安定性重視になりますね。キヤノン党というわけではないけど、保証期限が過ぎると故障頻発のソニーに撮影の仕事を預ける気分にはならず。

投稿: HOOD | 2018年6月21日 (木) 22時53分

どもども、HOOD殿。

オリンパスL-10は何しろレンズが沈胴しますしコンパクト。写りは申し分ないです。撮影時はレンズが伸長して大きくなっちゃうんですが、四の五の言わなければよいカメラです。

それよりもブローニングM1910ですよね。それはかなりのラッキーなお買い物ではないでしょうか。マルシンのスライドフレームとは羨ましい。500円は驚きです。M1910は「不二子さん」が使っているからなのか普通のエアーコッキングガンでもいい値段がするんですよ。拙僧も0が一つ多い価格帯で確保しました。お恥ずかしい限りです。

ガンガールズでも動員したいのですが、やはりちょっとモデルさんを選んでいます。素人目には小振りな普通の自動拳銃にしかみえないですから。

我が師団のNEX-3は今のところ安定しています。しかし、標準レンズの酷さはご存知の通り。ソニーのツアイスブランドのレンズを買うなら他に選択肢がありますよね。
流石にNEXシリーズは簡単に壊れないようですが、バッテリーはプア。これは拙僧がアマゾンの怪しいサードパーティ製を使っているからかと思ったのですがオリジナルも似たようなものらしいですね。
サードパーティ製で数で押すというのが正解な気がします。

投稿: Rikkie | 2018年6月21日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/66734211

この記事へのトラックバック一覧です: カシオ QV-770:

« さらばカシオ その1 | トップページ | フジカ GER »