« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月25日 (土)

キヤノン ニューキヤノネットQL17

Dscn2974「明石家さんま」のお笑いというのは、そろそろ時代に沿わないものなのかもしれないな。いや、実際に既に若い層からすると好ましくないのかもしれない。先日、20代のサバイバルゲーム仲間と話をしたのだが、「とんねるず」に対する嫌悪感は半端ではなかった。

理由はセクハラである。「明石家さんま」のセクハラジョークは許されていると本人もコンシューマも思っている節がある。しかし、それは中高年に限るようだ。随分前だが「明石家さんまの向上委員会」で若い女子アナのパンツの色を聞いて、一瞬女子アナが嫌悪の表情をしていた。その後、ワイドなショーでその時の心情を離していたのだが「(不快に思ったが)空気を崩さないように言えなかった」といっていた。この本人はジョークのつもりでも不快に思われており「(不快に思ったが)空気を崩さないように言えなかった」というケースは何もショウビズの世界の話ではなく、一般社会の方が遥かにシリアスだろう。既に、こんなことは許されない。許されている場所もあるだろうが安泰ではないな。

Img683キヤノネットシリーズは随分売れた。初代のキヤノネットはかなり大きいカメラで、スタイリングも冴えたものではなかったが、高性能のレンズに距離計を組み合わせ、何しろ安かった。当時のコンシューマ層にとってはコストというのは現在に比べてはるかにシビアだし、安かったといっても高価なものだからキヤノンの怒涛の進撃と脱落した中堅カメラメーカーは我が国のカメラ史のマイルストーンである。

しかし、時代の価値観は変わる。レンズは明るく綺麗に撮れればボディサイズは大きくても構わない。むしろ大きいボディが自慢できるという時代は10年も続かなかった。この辺はヤシカエレクトロ35にも通じる。

本カメラに至ってボディサイズは重量で30%もコンパクトになった。それでシャッター速度優先EEとマニアル露出は引き継いだ。勿論、本カメラや後裔機のG-III(G-3)は大ヒットとなったが、レンズの明るさを抑えてプログラムAE専横機となったがよりコンパクトなコニカのC35やミノルタのハイマチックEの路線にレンズシャッター機はシフトする。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

カールツアイス ビオゴン 28mmF2.8

Dscn2684既に報告させていただいたが姪の上海での結婚式の参列など、物入用で虎の子のカメラやレンズをネットオークションではなく買い取りで処分した。その提示した価格は、ちょっと問題にしないことにしよう。カメラ屋に向かうバックに1度は入れて最終的に出したカメラとレンズがある。つまり売らなかったのだ。それがコンタックスG1とビオゴン28mmF2.8、プラナ―45mmF2である。

Img764 処分したもので最も惜しかったのがディスタゴン28mmF2.8だった。ニコン35Tiも惜しかったが、ひとまずリコーのGR10フジフィルムのクラッセがあるから稼働率が上がるとは思えなかった。しかし、ディスタゴン28mmF2.8が無くなると、折角のOH済で完調のコンタックスRXの存在意義が薄くなる。しかし、ヤシカブランドのレンズはいくつかあるし、実質的に稼働率の高いバリオゾナー80~200mmは処分しないので過失は少なく見積もった。プラナー50mmF1.4は惜しくない。

なによりも、拙僧にはビオゴン28mmF2.8が残った。これが無くなったら寂しい陣営になる。拙僧にとっても全てのレンズが褒められたものではないが、カールツアイスのレンズというのは、ちょっと響きのいい言葉である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

フジカ ST701

Dscn2104一時期ほどではないが、穏やかな暖かさでフィルムカメラのムーブメントは続いているようだ。なんでもアクロスの再販運動のようなことも起こっているらしく、できれば参戦したいところだが、既に虚無感の方が多い。

販売終了の延期はシングル8でもあったので、満更可能性がないわけではないだろう。

Dscn2107ムーブメントとは言っても旧世紀のクラシックカメラムーブメントと違うのは、あの頃はいかに他人と違うコーディネーションであるかを競っていた。ライカに8枚玉ズミクロンの方もいらっしゃったが、拙僧には関係の無い話で、もっぱら中古カメラ市で戦いになるのは聞いたことが無いブランドのプラクチカマウントのレンズだったりしたのだが、モダンな戦争を行う方々はジャンクですらスマートフォンで相場を見るのだ。だからという訳ではないのだが、値が上がっているのは特定のブランド、特定のモデルのみである。

そいう意味で、本カメラはブランドとしては忘れられているだろうな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »