« フジカ ST701 | トップページ

2018年8月11日 (土)

カールツアイス ビオゴン 28mmF2.8

Dscn2684既に報告させていただいたが姪の上海での結婚式の参列など、物入用で虎の子のカメラやレンズをネットオークションではなく買い取りで処分した。その提示した価格は、ちょっと問題にしないことにしよう。カメラ屋に向かうバックに1度は入れて最終的に出したカメラとレンズがある。つまり売らなかったのだ。それがコンタックスG1とビオゴン28mmF2.8、プラナ―45mmF2である。

Img764 処分したもので最も惜しかったのがディスタゴン28mmF2.8だった。ニコン35Tiも惜しかったが、ひとまずリコーのGR10フジフィルムのクラッセがあるから稼働率が上がるとは思えなかった。しかし、ディスタゴン28mmF2.8が無くなると、折角のOH済で完調のコンタックスRXの存在意義が薄くなる。しかし、ヤシカブランドのレンズはいくつかあるし、実質的に稼働率の高いバリオゾナー80~200mmは処分しないので過失は少なく見積もった。プラナー50mmF1.4は惜しくない。

なによりも、拙僧にはビオゴン28mmF2.8が残った。これが無くなったら寂しい陣営になる。拙僧にとっても全てのレンズが褒められたものではないが、カールツアイスのレンズというのは、ちょっと響きのいい言葉である。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« フジカ ST701 | トップページ

コメント

どもども、Rikkie師匠。
ビオゴンはたしか 生命 という意味だったような。ほんとにモデルさんがそこにいるかのような 生き生きした存在感ある写りではないでしょうか。

これを残したのは慧眼と思います。

投稿: めんどくさいカメラ好きのとりおた | 2018年8月11日 (土) 12時07分

ヤシカコンタックスのレンズは陰影のあるポートレートに向いているのでしょうか。モデルさんの人肌の雰囲気などは巧みな描写に思えます。私はコンタックスには無縁で、田中重徳氏の広告イメージだけ残っています。噂の富岡光学の製品も確める術はありませんが、古いヤシカのレンズシャッター機のレンズ描写は線が細くて、同時代のミノルタやコニカ機とは一風異なる写真を楽しめます。

投稿: HOOD | 2018年8月11日 (土) 22時32分

どもども。めんどくさいカメラ好きのとりおた殿。

そうです。コンテンツ中で描くのわし出ました。Bio(生命)gon(角度)すね。
生理的な角度ということでしょうか。やっぱりカールツアイスは尊大ですね。
このレンズはつくづく残してよかったと思います。

投稿: Rikkie | 2018年8月12日 (日) 13時15分

どもども、HOOD殿。

ヤシコンのレンズで評判のいいプラナ―50mmF1.4とかマクロプラナ―辺りはポジで見ると美しのですが、モノクロネガは調子がタイトで、あまりいい印象はありません。

その点、このGシリーズはいい調子を描きます。G1も言われるほどAFを外しませんし。

ヤシカのレンズシャッター機はヤシカ35なども持っているのですが未稼働です。
その代わりヤシカスナップやヤシカフラッシャーをだすのですが、なかなか力強い絵作りで頼もしいです。

投稿: Rikkie | 2018年8月12日 (日) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157797/67041386

この記事へのトラックバック一覧です: カールツアイス ビオゴン 28mmF2.8:

« フジカ ST701 | トップページ