« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月27日 (土)

リコー オートショット

Dscn3237TVやラジオの秋の改変期である。個人的にはTBSが野球放送を放棄してもポップカルチャーを発信する「アフターシックスジャンクション」が継続して嬉しい。もっとも、「野球は好きではないがAMラジオが好きだ」という理由でTBSラジオを聞いていた方々が文化放送やにっぽん放送に戻るかもしれないからな。これは「当事者意識」を持って宇多丸さんを支えたいところだ。

最近はめっきりTVを観ないのだが、TVも秋の改変期である。それで「警視庁24時」とか楽しみなのだが、最近見無くなったジャンルに「懐かしのアニメ」がある。「NG・ハプニング集」も無いなあ。「懐かしのアニメ」が編成できないのはなんとなくわかる。恐らく版権意識が無かった頃のアニメはソースがあっても放送が難しいのだろう。版権の厳しいモノもそれなりに難しいだろう。思うにもっとも厳しいのは「プロット(話の枠組み)もさることながらタイトルだけでも放送に堪えない単語が使われている」というのがあるのではないだろうか。例えば「みなしごハッチ」である。拙僧が幼稚園児の頃、毎日再放送を見て涙を流してからでないと幼稚園に出頭できなかったアニメだ。後年、「みなしご」という単語が「(戦災で)家族がみんな死んだ子)」という意味だと知ったのだが、なかなか放送が難しい単語ではないだろうか。

Img142本カメラはハーフ判カメラのオートハーフのプロットを継承してライカ判カメラとしたものである。似たようなコンセプトであるオリンパスのトリップ35と比べるとトリップ35の素っ気ない所が目立つ。トリップ35はベースのペンEEシリーズと同様、極めてシンプルな構造が特徴的である。

一方で本カメラはオートハーフの手のかかった部分も継承しているが安く手っ取り早く済ませた部分も継承している。

ゼンマイ式巻き上げというプロットのプロパティも現在ではアンティークだが、そのアンティークさがレトロフューチャーだったりスチームパンク風だったりして魅力的なカメラである。ちゃんと動けば。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

ガンガールズ:ポリスピストルSS(ワルサーPPK/Sタイプ:東京マルイ製)

Dscn4742久しぶりのガンガールズシリーズである。画像はそれなりに撮り貯めているのだが、コンテンツの作り方がカメラやレンズの場合と異なるので、ちょっと身構えてしまうのだ。今回も書き込むとボロが出るし、あっさりとしたコンテンツとさせて頂いた。

本ガンは東京マルイの架空ガンなのだが。要するにワルサーPPK/Sに似せたものである。しかし、パテントを取得しているマルゼンのワルサーPPK/Sに比べると本ガンの方がかなり大きい。まるでアメリカのB-1とソ連のTu-166のようだ。しかし、用今日マルイの場合はソ連の「何かと技術的にコンパクトにできなかった」とは訳がちょっと違う。本ガンはニュー銀ダンシリーズという東京マルイの最もベーシックなクラスである。そのギミックを搭載するためにボディの大きさが他の中型拳銃と同じような大きさとなった。

Img_8653また、中型拳銃と同じ大きさになったことで握りやすくなっている。モデルさんに持って頂いても存在感があって、それなりにバランスがとれている気がする。勿論、マルゼンのワルサーPPK/Sの方が精悍度は高いだろうが、本ガンの少しおおらかな雰囲気も女性ポートレイトでは似合うのではないだろうか。

東京マルイも公式サイトでは本ガンのストーリーとして、何故かワルサーPPK/Sについて書いてある。やはり大人の事情があるのだろう。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »