« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月24日 (土)

コニカ MR.70望遠王

Dscn4068繰り返しで申し訳ないが、例年にない大粛清の嵐である。一応、一度もフィルムを通したことのないカメラは通すことにしているのだが、ちょっとでも調子が悪くカメラはジャンクのセットものにして処分している。実際には撮影も可能なブツも含まれるであろうが、フィルムも高くなったし妻からのプレッシャーも強いのだ。一方でサバイバルゲーム関係のアイテムは増えてしまい、ヤードは全く空きがないな。

Image88本カメラで撮影したのはだいぶ前でプレスト400を使用している。最初は全く記憶になかったのだが、だんだんと思いだしてきた。豊田市で行った山車祭りを撮ったのだ。

本カメラはいわゆる2焦点カメラなのだが、ネガを見た限りではどれが広角側でどれが望遠側なのか、さっぱりわからないな。でも、そういうカメラなのだろう。2焦点と言っても38mmと70mmだから2倍にもならない。

とっくにカメラは処分したはずなのだが、今は無きプレスト400で撮っているあたり、当時はまだプラカメにモノクロネガを装填するのに余裕があったな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

ペンタックス PC35AF

Dscn2312拙僧が生を受けた頃は勿論、カメラ市場のことなど知らなかった。拙僧が初めて手にしたカメラは母親から給与されたコニカC35EFである。いわゆる、「ピッカリコニカ」だ。これは拙僧がティーンエイジの頃に壊れてしまた。それは生産から20年以上も経過したのだが壊れても不思議はないのだが、拙僧が壊したと非難された。たしかに、そのピッカリコニカは現在のジャンク籠に200円とか500円とかで転がっていたわけではなく、給料(収入ではない)をかなり割いて買ったのだろうが、自分ではロクに使わず一時期拙僧が使っていただけで拙僧が壊したことになるのだ。こういう理不尽な非難は時には暴力となり、拙僧は親と決別することになる。

Image57本カメラが登場したのが1982年だから、拙僧が10歳くらいの頃だ。当時、全自動のAFコンパクトカメラはひとまず完成の域に達しようとしていたのだが、本カメラは「ペンタックスが送り出した一眼レフでないカメラ」である。つまり、それまで頑なに距離計連動機やビューファインダーレンズシャッター機を出していなかったペンタックスが、とうとうAFコンパクトカメラというジャンルに参戦せざるを得なかったのである。

本カメラは「巻き上げがノブ式」というユニークな特性を持つが、なかなか写りのいいカメラである。拙僧がピッカリコニカを使っていた頃には既に時代はAFコンパクトカメラになっていた。もっとも、成果初の量産AFコンパクトカメラであるコニカC35AF、つまりジャスピンコニカだって1977年の登場だから、カメラの進化は光のごとくであった。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

バルダ CE35

Dscn1522TBSラジオの「アフターシックスジャンクション」で放送したライムスターの「宇多丸さん」の受け売りなのだが、拙僧も膝を打ったくだりがある。つまり、卒業式で歌い上げる「仰げば尊し」だ。あれは師に感謝するという歌なのだが、教師自らが自分たちを「仰げ」と強要するのって気持ち悪くないだろうか。拙僧の頃は体罰もイジメも無法治だったから「仰げば尊し」も教師からの相当なプレッシャーがあり、「気持ちがこもっていない」などと厳しい叱責があった。なんだよ、自分たちからって。そりゃ、拙僧だって感謝を抱く教師はいたが、それは拙僧が個人のペースでやるのが本筋だろう。なぜこのような横暴がまかり通ってしまうかといえば、「目上の方に対するお涙頂戴」という価値観の強要で、ライムスターの「宇多丸さん」の言葉を借りれば「プチファシズム」である。

Img695今なお少なからずの国で「ファシズム」といえばドイツの「なーちすのヒッテレー」とイタリアの「ムッソリーニ」そして残念ながら我が国である。思うに我が国がしくじってしまったのは「ヒッテレー」と手を組んじゃったからだな。それは、経済封鎖で参っていた我が国だが、ドイツとさえ手を組まなければ何とかなった。事実として戦前のドイツは蒋介石と密接で露骨に支援していた。今でもフリッツヘルムとドイツ軍装備の蒋介石軍の写真は多く見ることができる。

戦後、ドイツの工業製品は安くて信頼性の高い日本製品に圧倒されてしまうのだが、はっきりいってドイツ人は日本人が嫌いだ。ルフトハンザに出も乗れば露骨に嫌がらせをされる。ドイツ信仰の日本人は多いが、そういうのは心したほうがいいだろう。

本カメラは生まれはドイツのバルダだが、生産設備を中国が買い取り、中国で生産したものである。中国といえば日本の生産設備を盗むように手に入れコピー製品を作ったのは有名だがドイツ人には金を払ったようだ。この辺でもドイツと中国の関係性を思わせるな。

もっとも、政治的な思惑とは全く関係なく、本カメラは軽くてコンパクトでよく写るカメラだ。ミノックス35シリーズによく似ているが、その辺のくだりはコンテンツに譲りたい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »