« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月26日 (土)

ヤシカ エレクトロ35(初代)

Dscn8283先日「シュガーラッシュ オンライン」を観に行ってきたのだ。無論、40(代)男が一人でである。前作の「シュガーラッシュ」の英語のセリフがかなり面白いのだ。ちょっとディズニーアニメとは思えない汚いスラングをメインキャストが吐いたりする。ヒロインの「べネロペさん」が日本語吹き替えだと「ちょっとお転婆な女の子」なのに対し、英語のセリフを拾うと「かなり品の無いオンナノコ」なのが興味深い。もっとも、拙僧の最寄りの映画館では吹き替えでしか上映がなく、英語のセリフで何を言っているのかはわからなかった。しかし、ちょっとディズニーアニメを斜に構えたシーンもあり、DVDで英語のセリフを聴くのが楽しみだ。

Img676映画の話となると「ネタバレ」が注意されれるのだが、拙僧のブログの読者様や「ヤシカエレクトロ35」の検索でヒットなさった方は「シュガーラッシュ」のネタバレに神経質ではないだろう。少なくても拙僧が指摘するのは本編の主線ではない。

実は、拙僧は「シュガーラッシュ オンライン(原題:Ralph Breaks the Internet)」を割と無邪気に楽しみにしていたのだが、観終わった時には切なくなってしまったのだ。前作の「シュガーラッシュ」は閉店後のアーケード(ゲームセンター)でゲームのキャラクターがセントラルを通じてゲーム間を自由に移動できる世界だった。そのセントラルは明るく活気に満ちていた。しかし、冒頭から「妙だな」という違和感を感じたのはアーケードも薄暗ければセントラルもどことなく寂しいのだ。登場するキャラクターも「ストリートファイター」のケンさんや春麗さんなど馴染のあるキャラクターなのだがとても少ない。前作では4つの筐体が並んでいた「(ゲームの)シュガーラッシュ」も筐体は1つだけである。客はインド系移民の少女と弟(?)だけだ。そんなセントラルに新しいゲートウェイとして「Wifi」が現れる。要するにアーケードにインターネットが繋がったのだ。話の本筋は省略するとして大雑把に紹介すると主人公のラルフとべネロペはインターネットの世界で冒険し、ラルフはアーケードに残ることを決断し、べネロペはインターネットの住人となる。ラルフとべネロペとのつながりは通信として継続するのだが、どこか破たんを感じさせるのだ。それが決定的なのは最後のシーンでアーケードは開店するのだが、訪れるのは古ぼけたセダン1台なのだ。前作ではアーケードの開店に合わせて子供たちがバイク(自転車)で集まっていたが、その活気は皆無だ。つまり、ネットゲームの世の中にあってアーケードは消滅する運命なのである。ラルフ達と共にだ。

Img686そんな感じで「感動して大泣き」する予定が、ラルフ達の「消滅」を突きつけられて切なくなってしまったな。「ゲーム」と「アーケード」の関係については、かつては「ゲーム」はしたくても「アーケード(ゲームセンター)」は不良のたまり場でカオスでリスキーだったという話もしたかったのだが、話が長くなるので別の機会にさせていただきたい。

「消滅」を突きつけられているのはラルフ達だけではない。「フィルム写真」だっていずれは「消滅」を迎えるだろう。マテリアルとしてのフィルム・感材とサービスは辛うじて残るかもしれないが、8mmシネのスーパー8のようにコスト的に無理になれば同じことだ。現在、若い方々にも細々とフィルム写真のカルチャームーブメントは存在するが、拙僧にとってはアクロスの消滅は大打撃でモチベーションを回復できていない。久しく離れていたポートレイト撮影をぼちぼち再開するつもりなのだが、積極的にフィルムカメラを動員するかといえば限定的だろう。マイクロフォーサーズマウントのシグマ60mmF2.8なども確保したのだが、デジ画像に夢中になれるかは未知数だ。というか、正直あまり積極的になれないな。

悲観的な話をしても致し方無い。手持ちには買い貯めたアクロスもあるしキタムラもコダックのモノクロフィルムを全面的に扱うようになった。SPDもD-76も今のところは流通している。あれこれ悩むよりはアホなふりをしても楽しむのが吉だろう。

本カメラのコンテンツは既に作ったのだが、リペアを報告したもので撮影結果がまだだった。今回、撮影結果のページを作ったのでご覧いただきたい。写真は本当に散歩の記録で面白くもないのだが、ご了承頂きたい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

コニカ オートS

Dscn1886最近、20代の方々と一緒にサバイバルゲームで走り回っている次第なのだ。拙僧のような40代後半に差し掛かった中年と遊んでくださるのだから、ありがたい話だ。ゲーム中は割と興奮しているので身体が動いてしまうのだが、インターバルでは疲労を隠せない。「Rikkieさん、目が死んでいますよ」としばしば指摘されるのだが、本当にくたびれているのだから致し方無いな。それで1ゲームくらい休んでいればいいのだけれど、ゲーム開始のカウントダウンが始まるとダッシュに備えてしまうのだ。我ながらブレーキの効かない人間なのだろう。もっとも、単車と違ってブレーキが利かなくてもけがはしても本当に死ぬことはない。

Image17それで彼らと帰りに「食べ放題しゃぶしゃぶ」によったりするのだが、呆れるほど喰うな。いや、拙僧も遅れはとらない。普段はダイエットの為に減食しているのだが台無しだ。エラク身体を動かした後だし、セコセコばかりでは人生が台無しではないか。

一方で18歳や19歳と食事を一緒にすることもある。不思議なのは彼らは「食べ放題しゃぶしゃぶ」においてもスマートフォンの画面を見るばかりでロクに食べないのだ。この点は20代の方々から見ても奇異に見えるらしい。「食べ放題しゃぶしゃぶ」や「食べ放題焼肉」は戦争であるという考え方は昭和の拙僧からすると平成前半の世代の方々とは価値観を共有できるが、平成後半になると難しくなるということだろう。そろそろ元号が変わるが、次の元号生まれの方々とサバイバルゲームや「食べ放題しゃぶしゃぶ」をご一緒することは無いだろうな。

本カメラは順調に近代化を進めていたコニカのレンズシャッター機のマイルストーンとなるカメラである。何しろCds露出計を組み合わせてシャッター速度AEを実現した。当時、ニコンやキヤノンのレンズ交換式距離計連動機を買う方々は庶民というプロパティと異なったから、本カメラは庶民の高級機であろう。ライカ、コンタックスは論外である。

それ以前のコニカSシリーズはセレン露出計を搭載していた。本カメラと同時期に登場したコニカEEマチックはセレン露出計を搭載しながらプログラムAEを実現している。ただし、本カメラが露出計が壊れてもマニアル露出で撮影できるのに対し、コニカEEマチックは露出計が壊れたら事実上撮影は不可能だ。

拙僧などは47mmF1.9のヘキサノン銘レンズにしびれてしまうのだが、世代間ギャップだろうか。生まれた時からデジカメだった世代の間にも穏やかにフィルムカメラのムーブメントが存在する。しかし、本カメラの武骨でゴージャスなボディと素晴らしいレンズは軽快で気楽にプログラムAEで撮影できるコニカC35などに比べると評価はイマイチのようだ。次の元号で生まれた方々がフィルムカメラのムーブメントを興した時に本カメラをどう評価なさるのか興味があるが、その頃までフィルム・感材の供給や現像サービスが健全かというと、これは悲観的にならざるを得ないな。

コンテンツもご覧頂きたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

カールツアイス プラナー50mmF1.4

Dscn6060「空母いぶき」という「かわぐちかいじ」さんのマンガがある。読んでいないので内容には触れないが、最近の半島との外交や海上自衛隊の航空機搭載型護衛艦の空母化と極めてリンクしているのが興味深い。もっとも、現在の「いずも」や「かが」にF-35Bが離着陸できても、それは「固定翼機運用化の実現」ではあっても空母化というのは、ちょっと大げさ過ぎるんじゃないかな。要するにメディアの左利きの方々がセンセーショナルな出来事にしたいのだろう。

Image35実際に我が国がひとまず「V/STOL機であろうとも固定翼機が離着陸できる護衛艦」 を保有するのは大いに意味があるとは思う。無論、「いずも」や「かが」をいくら空母風にしたところで機動打撃軍を編成するには至らないだろう。しかし、きたるべき「マジな空母」の登場の為に十分な運用実績、要するに訓練するのには初めの一歩として偉大なる一歩になるんじゃないかな。共産中国の「遼寧」だって練習空母という位置づけだ。

実際のところ我が国の排他的経済水域を守るとしたら空母よりも対潜水艦システムになるだろうが、何しろ「空母」という言葉の響きにはブランド力がある。耳に心地いし視覚的なインパクトは圧倒的だ。 国際観艦式だって見栄えが良い。日本の空母を好意的に受け入れるアジア諸国は少なくないだろう。空母なんて1隻では殆ど効力がないのだがタイやブラジルがひとまず空母を持っているのというのも国威発揚とか周辺国にハッタリをかますとか、そういう価値がある。

今は知らないがかつてはソビエト海軍の所有する空母に見えるモノはキエフ級にしろワヤリーグ級にしろ「航空機搭載型巡洋艦」だった。何故かというとトルコとの条約でボスポラス海峡は空母を通過させないことになっていたからだ。ソビエトやロシアが丁寧に守っているのは不思議だが、とにかくソビエトでもっともマシな造船所のあるクリミア半島のニコライエフから出向するのは空母ではない。しかし、視覚的なインパクトという点ではまぎれもなく「空母」なのでなんだ問題はないだろう。

Image114やっとカメラやレンズの話になるのだが、カールツアイスというのは十分に空母といえるブランド力がある。カールツアイスから発艦するプラナーは、さしずめ海軍型F-35Bといったところか。いや、時代的には「AV-8BハリアーII」かな。

実はコンテンツで本レンズをあまり褒めていないのだが、ハリアーIIだと思うとしっくりくる気がするな。ハリアーIIは決して「戦闘機の帝王」でもなければ「偉大なる標準」でもない。ユニークなパフォーマンスを発揮するが、運用はデリケートである。プラナーでなければ写真のクオリティが落ちるとしたら撮影者の問題だろうが、確かにハリアーIIならではの結像力や調子はあるだろう。コンテンツには書かなかったのだが本レンズは「女神さまなど宿っていないがいいレンズ」なのは確かだろう。

「空母いぶき」もブックオフで安く転がるようになったら読んでみたい。本レンズも安いうちに買いたかったが他のヤシコンマウントのレンズほどではないにしろ、ちょっと高く買ってしまったのが残念だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »