« カールツアイス プラナー50mmF1.4 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35(初代) »

2019年1月19日 (土)

コニカ オートS

Dscn1886最近、20代の方々と一緒にサバイバルゲームで走り回っている次第なのだ。拙僧のような40代後半に差し掛かった中年と遊んでくださるのだから、ありがたい話だ。ゲーム中は割と興奮しているので身体が動いてしまうのだが、インターバルでは疲労を隠せない。「Rikkieさん、目が死んでいますよ」としばしば指摘されるのだが、本当にくたびれているのだから致し方無いな。それで1ゲームくらい休んでいればいいのだけれど、ゲーム開始のカウントダウンが始まるとダッシュに備えてしまうのだ。我ながらブレーキの効かない人間なのだろう。もっとも、単車と違ってブレーキが利かなくてもけがはしても本当に死ぬことはない。

Image17それで彼らと帰りに「食べ放題しゃぶしゃぶ」によったりするのだが、呆れるほど喰うな。いや、拙僧も遅れはとらない。普段はダイエットの為に減食しているのだが台無しだ。エラク身体を動かした後だし、セコセコばかりでは人生が台無しではないか。

一方で18歳や19歳と食事を一緒にすることもある。不思議なのは彼らは「食べ放題しゃぶしゃぶ」においてもスマートフォンの画面を見るばかりでロクに食べないのだ。この点は20代の方々から見ても奇異に見えるらしい。「食べ放題しゃぶしゃぶ」や「食べ放題焼肉」は戦争であるという考え方は昭和の拙僧からすると平成前半の世代の方々とは価値観を共有できるが、平成後半になると難しくなるということだろう。そろそろ元号が変わるが、次の元号生まれの方々とサバイバルゲームや「食べ放題しゃぶしゃぶ」をご一緒することは無いだろうな。

本カメラは順調に近代化を進めていたコニカのレンズシャッター機のマイルストーンとなるカメラである。何しろCds露出計を組み合わせてシャッター速度AEを実現した。当時、ニコンやキヤノンのレンズ交換式距離計連動機を買う方々は庶民というプロパティと異なったから、本カメラは庶民の高級機であろう。ライカ、コンタックスは論外である。

それ以前のコニカSシリーズはセレン露出計を搭載していた。本カメラと同時期に登場したコニカEEマチックはセレン露出計を搭載しながらプログラムAEを実現している。ただし、本カメラが露出計が壊れてもマニアル露出で撮影できるのに対し、コニカEEマチックは露出計が壊れたら事実上撮影は不可能だ。

拙僧などは47mmF1.9のヘキサノン銘レンズにしびれてしまうのだが、世代間ギャップだろうか。生まれた時からデジカメだった世代の間にも穏やかにフィルムカメラのムーブメントが存在する。しかし、本カメラの武骨でゴージャスなボディと素晴らしいレンズは軽快で気楽にプログラムAEで撮影できるコニカC35などに比べると評価はイマイチのようだ。次の元号で生まれた方々がフィルムカメラのムーブメントを興した時に本カメラをどう評価なさるのか興味があるが、その頃までフィルム・感材の供給や現像サービスが健全かというと、これは悲観的にならざるを得ないな。

コンテンツもご覧頂きたい。

|

« カールツアイス プラナー50mmF1.4 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35(初代) »

コメント

三河の将軍様。
どうも日本のカメラは至れり尽くせりですね。ドイツなんか「目測くらいできるでしょ」「家の中ではフラッシュ焚いてね」「大口径レンズで家の中でフラッシュなしで写真撮ろうなんてよっぽどの金持ちのやることだから、庶民はやめときなさい」みたいなアメリカとは違った頑固な冷たさを感じます。そこに行くと日本では早いうちから大口径の高級機、中口径の中級機にも距離計や、カラーが普及すると露出計まで搭載し、おっしゃる通りEEマチック(セレンでも露出制御が適正に行われるのは、当時ラチュードが低かった、白黒時代より露出が難しくなった「カラー写真術」に対応しています。3枚玉の40㎜2.8でHEXANONをの名を冠するのはどうかと思いますがEEマチックデラックスの4速くらいシャッター変化するのを電池なしで、ファインダー内の指針がきびきび動くのには感動いたしました。より感度の高いCdS,大口径は、この時代の日本の家庭像の幸せを象徴していると思います。何も1眼レフまで行かなくてもいい。でも人間の活動はオモテだけではない。家の中で子供の誕生日やクリスマスパーティーでロウソクをケーキに立てたところをフラッシュなんかで撮りたくない。。。といろいろ家族の幸福の記録をめぐって、子供が生まれたなら大口径のSシリーズを奮発しようかとか、いろいろ買う側にも妄想が働いたのではないでしょうか。カメラ屋の前には昔、月賦で払えることを宣伝する人形が置いてありましたね。アメリカ人の合理性とドイツ人の目測くらいしろというところはちょっとテイストが違うようですが、結局のところはシアーズや・タワー・スピラトーン・HANIMEX/べセラーなどが買い付けてきた、日本製の痒い所に手が届くカメラを輸入して売ってたんですからおんなじことでしょうかね。
HANIMEXだけでもebayでざっと見る限り、ペンタコンSIX、プラクチカ各種、ZENIT、トプコン、チノン、PETRI、など西側の西欧諸国より物価の安い国で作られた大口径レンズ付き1眼レフが大量に売られていたのですから、意外と考えていることは同じだったのかもしれません。それにしてもドイツの普及機の頑迷さには驚かせられますが、今の様に単速絞固定でも色が出てしまうラチュードが広くなったカラーフィルムと違い当時はドイツカメラでも、普及機で距離計は搭載しなくても露出計は搭載したところから見ても、ドイツ人でさえカラー写真術には手を焼いたのでしょうね。
キャノネットショック以降、レンズシャッター機は少々味気なくなったのですが、性能は上がり、団地などの各家族内で幸福を¥の絵を残すには室内の割合も多くなり、フラッシュバルブはその都度金かかるし、エレクトリックフラッシュは高いし、んじゃ大口径の方がその場の雰囲気も出るし、、、

コニカのこの手の大口径レンズのカメラはよく見かけることからI~IIIMまでの高級な手作り感満載なコニカとHEXANONレンズの優秀さの信用の蓄積があったに違いありません。

お父さんはカメラに詳しくて、子供たちのいい写真を撮ってくれる頼もしい存在。お父さんは伝統と信頼と高性能レンズで名をはせた小西六を選んだ。
お父さんは忙しい。子供と夕食くらいしか取れない。しかも特別な日だけ残業をしないで帰ってきてくれる。そんな時に大口径搭載でAEが利くこのカメラは役に立ったのではないでしょうかCdSだから、暗いところでも頼もしいですしね。だいいち写真術を心得ている良いお父さんは1/15くらいは切れることになっています。それでf2級のレンズだったら白黒だったら何とかなりますしね。

高度成長時代、核家族化、カメラ、幸福、これはなかなか分かちがたいものがあって、コニカの見かける台数の多さから見ると,売れて成功したのでしょう。

撮られている側が大人になるとピッカリコニカになってお母さんも子供もおばあちゃんにも道が開けますが。。。

あるいみこのようなカメラを見ると模範的な良いお父さんと幸せな家族がどうしても頭に浮かびます。

投稿: 横須賀与太郎 | 2019年1月19日 (土) 10時49分

どもども、横須賀与太郎殿。

考察深いコメント、ありがとうございます。
ドイツでこのクラスとなるとアグファのアンビジレッテやブラウンのパクセッテになるのでしょうか。これらは好事家にとっては関心深いものではありますが、本カメラのシャッター優先AEのスマートさには遠く及びません。ドイツの電子シャッター機でコンパクトカメラと言うとアグファのセンサーエレクトロニクシリーズになるのかもしれないですが、これらはほとんどの場合壊れています。結局、ドイツ人は量産型EE機が作れなかったんじゃないかなあと思います。

ADOXやキングの廉価機がよく写るのはまた別の話です。

コニカEEマチックは持っています。珍しくカラーネガを使ったのですが晴天下でスカッと写りますね。コニカEEマチックSもコニカEEマチックデラックスも持っているのですが、なんだか遠出をしてまで撮影する動機が無くて停滞しています。イカンですなあ。

アメリカ人の合理性というのはコダック35RFとかアーガスエレクトロニクとか我々とは思考のベクトルが違いますね。それぞれはゴージャスであるものの、我が国のスマートでフレンドリーなカメラがリングネームを冠して駆逐したのは致し方無いと思います。

やはり、本カメラはお父さんがお子様が生まれた時に買うというのがトラッドだと思います。一眼レフカメラに50mmF2クラスのレンズというのは当然頭に浮かんだでしょうが、結局交換レンズまでは買えないし、室内のろうそくにフォーカスを合わせるのは至難。レンズシャッター機なら1/15までいけるけど一眼レフカメラだと不安とまでは考えなかったかもしれませんが、結果として本カメラの重要なポジションを表していると思います。お父さんが安心して子供を理由に一眼レフカメラが買えるようになるのはニコンFEやキヤノンAE-1が出てからではないでしょうか。

確かにコニカIIIMまでのカメラは手作り感がありますよね。恐らくコニカSで本格的な量産カメラとなり、合理化がなされたのでしょう。少々野暮ったいスタイリングになりましたが、当時は露出計を搭載しているだけで輝いて見えたのかもしれません。コニカSシリーズ、コニカSオートシリーズはジャンク籠でも頻繁に見かけ、割とコンディションがイイと買ってしまいそうになります。

拙僧の母親が初めて自分の収入で買ったのがピッカリコニカだったそうで、このあたりでカメラの家庭的なポジションとお父さんの家庭的なポジションに変化が訪れたと仮説を立てることができそうです。

投稿: Rikkie | 2019年1月21日 (月) 07時19分

どもども、Rikkie師匠。
食べ放題焼肉やしゃぶしゃぶは戦争ですね。
そして ベテランになり戦い方を覚えまして、あまり米を買わないようにすると 大量に肉を食らうことができるということを最近知りました。初歩の初歩なのかもしれませんが。

不肖の弟子も全力疾走すると目が死んでしまいますが、師匠に負けぬよう邁進したい考えです。

投稿: ぺとりおた | 2019年1月21日 (月) 07時20分

どもども、ぺとりおた殿。

いえいえ、ぺとりおた殿の山写真に対する情熱に比べれば所詮ゲームです。拙僧の貧相な装備の師団ではこの時期の夜間撮影は不可能な作戦です。

拙僧夫婦は随分前から夜は炭水化物を抜いています。それでいて小食ですから1合が2日分です。

しかし、「食べ放題しゃぶしゃぶ」や「食べ放題焼肉」は戦争です。予備兵を動員しての総力戦になります。

投稿: Rikkie | 2019年1月21日 (月) 08時13分

今晩は。年末年始に家族の急病などが重なりコメント書き込みがなりませんでした。逐次、書かせて頂きますね。
コニカオートSは私もジャンク入手して愛用した機材です。レンズはモノクロ階調も艶があり、ピントの芯を残してくれる。ほんの一瞬前のシーンですら懐かしい感情を伴って、写真に写してくれるカメラだと思います。
愛用しても劣ることはないコニカSですが、一方でコニカ特有の雑な仕上げがあります。レンズヘリコイドやフィルムカウンター窓のチープな部品構成など。コニカオートSの所有者がペンタックスやニコンを手にした時点で、気持ちは一眼レフに移るのも、またコニカオートSの宿命かも知れませんね。一眼レフが大衆機材の一つになった時、コニカオートSの存在は忘れ去られてゆく。レンズは良いのだけど、レンズ交換も不可能。望遠やマクロもなく、スナップ専用機としては重すぎる。実はスナップ専用機として一眼レフを持たず、街に出る行為こそがコニカオートSの使い道なのだと思うわけですが、必ずしもミッションは市街戦闘とは限らず、北海道の原野を走る蒸気機関車であったり、器材に見栄は絶対に必要であろう…肌も露な若い女性を囲んでの撮影会であったり、ハードワークな撮影にてサイドアームになれない悲しみを含んだカメラ なのだと。
私はコニカオートSのチープな作動感覚が、より都会的にリファインされていれば一眼レフでも成功を収めたのではあるまいか?と思います。
コニカのカメラを思うときに、ビックミニのチープな部品構成を許してしまった感覚が、もしオートSの頃に絶ちきれていれば…という思いは残ります。

投稿: HOOD | 2019年1月23日 (水) 21時26分

どもども、HOOD殿。

その後のお身体の具合はいかがですか。
インフルエンザの警戒が叫ばれています。くれぐれもご自愛ください。

おっしゃる通り本カメラのレンズは秀悦です。ただ、ボディは確かに物足りなさを感じてしまいます。拙僧の眼からするとスタイリングが気が利かないということでしょうか。コンセプト的にも一眼レフカメラに手が届くようになると、自然と存在意義を失ってしまいますよね。

現在でも細々と続くフィルムカメラのムーブメントですが、コニカC35の上を行くカメラとしても選ばれるのはヤシカエレクトロ35GXとかキヤノネックスGIIIのような金属係数が高くても比較的コンパクトなカメラです。スナップも大きなカメラでは人の目を気にする世の中ですから災いとなります。
ポートレイト撮影でも以前はこの種のカメラを動員したことがあるのですが他の方々に対する示威というよりはモデルさんの心象という問題があります。また一眼レフカメラにと距離計連動機の併用というのはポートレイト撮影という戦場では運用上混乱を招きかねません。サブで一台というには重すぎますしね。

そういえば、本カメラの操作系にはチープ感が残るかもしれないですが、フジフィルムのフジカSEやオートMなどは操作系がトリッキーで、それはそれで残念です。確かにコニカACOM-1などはよく売れたカメラだと思うのですが見てくれの割にチープ感が否めません。

コニカビックミニも一時期は信じられない価格帯で旅立って行きました。あれもフレキ基盤の断絶という致命的な欠陥がありましたが、最近ではあまり見かけませんね。割とロットによって個体差があって、ダメな物件は淘汰されたのかもしれません。

投稿: Rikkie | 2019年1月24日 (木) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コニカ オートS:

« カールツアイス プラナー50mmF1.4 | トップページ | ヤシカ エレクトロ35(初代) »