« シグマ 30mmF2.8(マイクロフォーサーズマウント) | トップページ | 名古屋第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争第二次会戦 »

2019年4月 6日 (土)

名古屋第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争第一次会戦

P4030113 令和元年4月3日。名古屋にて「第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争」が名古屋で勃発した。当然、拙僧も我が第88独立遊撃師団(”遊撃”は名誉称号で実態は諸兵科連合)の動員を図りたいところだったのだが「10代・20代の友人とサバイバルゲームでひたすら走った後に食べ放題しゃぶしゃぶ」や「ご高齢の方々と水彩画の合同展示会」など、まとまった作戦で出血していたので、とても組織的な運用ができる状態ではなかった。しかし、「大粛清」における金銭的援軍の予定はあったので、手持ちの予備の部隊を総動員して駆逐艦「めいてつ」に乗り込んだのだ。

名古屋の中古カメラ市戦争は従来「丸栄高地」が戦場となっていたのだが、老朽化し防災対策の為解体となり、現在は中立地帯となった。そこで名古屋のセラー側神聖同盟国もバイヤー側諸国連盟も混乱したのだが、現在は「松坂屋窪地」を主戦場として野戦軍を展開することで安定化したようだ。

Dscn0255 拙僧の師団は動員が遅れ、師団偵察隊が大発で「松坂屋窪地」に到達したのは開戦後30分も遅れた10:30だった。しかし、拙僧の師団の主目標であるジャンクカメラ・レンズを補足することはできなかった。セラー神聖帝国の前線将校に聞くと松坂屋聖帝により「ジャンク市」は土日とクレジットを打っており、ジャンクカメラ・レンズは基より「ジャンク」という単語を発することすら制限されているということだ。なので拙僧の師団は主力を「お値打ち品100円均一」のアクセサリー方面に向けたのだった。

以下の戦果は全て100円均一である

 

レンズキャップx9

カメラ取説x10

プラクチカ->FDマウントアダプター

スタジオデラックス受光部カバー

ハンザ 皿付き液温計

ハンザ ライカ判ベルト式現像タンク

ハンザ ブラシ付きブロアー

ミノルタ インテリジェントカードx5+ケース

キヤノン A-1用グリップ

ニコン ストラップ

ニコン ニコマート用アクセサリーシュー

ニコン FM/FE計アイピース

ニコン F2用カートリッジ

フィリップ 映写機用ランプ(フジカスコープM25デラックス対応)

ナショナル 水銀電池HM-4N2個パック

ブロニカS2用引き蓋

書籍x3

Dscn0256わりと無動作に籠に放り込んだのだが、結構な出血になってしまったな。それでも、相場からすれば、かなりの戦果だ。スタジオデラックスの受光部カバーとか地味に嬉しい。あれはなくすからな。ハンザの現像タンクも100円なら撃破だ。こいつは、どうも前回使用したきり洗っていないか洗浄が不十分なブツだったのだが、元箱付き。なんだか前オーナーがマメなのか雑なのかよくわからない。駐屯地に帰還後、洗ってやったらベルトも生きていて戦争に使えそうだ。

Dscn0259それで済めばよかったのだが、拙僧は師団をレモン社名古屋戦線に向けてしまう。実は名古屋の中古カメラ市戦争の戦場が「松坂屋窪地」に移ったお蔭で、戦場がレモン社名古屋店やカメラのキタムラ中古カメラ買い取りセンター名古屋店に近くなったのだ。そして、レモン社名古屋店こそ、敵の主力が潜んでいたのである。拙僧は残りのわずかな艦戦と艦攻を発艦し、迎撃を試みた。損害は全滅に近かったが、満足のいく戦果であった。

 

キヤノン FD50mmF1.8 S.C.(300円)

キヤノン FD135mmF3.5 S.C.(100円)

オリンパス ズイコー100~200mmF5(500円)

コニカ C35フラッシュマチック(400円)

キヤノン デートマチック(100円)

ミノルタ ハイマチックF(100円)

ヤシカ オートフォーカスモーターIID(100円)

六桜社 パーレット(3000円)

 

他にもコンディションの良い、バージョン違いのパーレットやセミパールが3000円で転がっており、よっぽど全て確保したかったのだが戦力は消耗しきっており、これ以上の作戦行動は不可能だった。キュートなのは、このパーレットはボルタ判仕様に改造してあり、スプールの他にもボルタ判相当のマスクが施されているのだ。これなら、120判フィルムの裏蓋を切って自作し、ライカ判フィルムが使える。レモン社先帝は「フィルムが無いし改造がしてあるのが惜しいんですけど」とおっしゃっていたが、むしろ都合がイイのだ。

ところで、今回感じたのは大陸からの人海戦術の規模が小さくなっていたことだ。以前は6割ほどは大陸からの人民軍と思われたが、今回は3割程度の規模の様だった。それでも、スマートフォンやタブレット端末を広げて交渉している姿は少なく無かったが、あれはどうも同盟軍との交渉というよりは大陸側のバイヤーとの交渉の様だったな。

ともあれ、ジャンク戦役が勃発するのは土日になるのだが、残念ながら今のところ拙僧には師団を動かす余力が無い。

|

« シグマ 30mmF2.8(マイクロフォーサーズマウント) | トップページ | 名古屋第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争第二次会戦 »

コメント

今日は。私は言うところの中古カメラ市には出向いた経験なくて、市の様子は毎回興味深く拝読しております。
私的にはフィルムカメラのキヤノンEOS7に用いるバッテリーグリップ(リチウム電池対策)、使ってみて抜群の取り回し良さを発揮したS5siの後継機、乾電池仕様のキヤノンSシリーズなどが欲しいですね。あるいはCクラスのキヤノン5Dとか。どうやら、全部キヤノン系列なのが私の限界ですね。

投稿: HOOD | 2019年4月 6日 (土) 13時37分

名古屋戦線はいいですねー、1度いって観たくもなります。地味ですが破壊力抜群です。Canon A-1のグリップなんてありそうでまずありません。ハイマチックFももう中野辺りでは手がつけられない金額で「えっ?」っておもうことしばし、最近は鹵獲することもままなりません。
少し前は確保しまくっていたんですけど。
改造された、と言うと聞こえは悪いですが、大事にコレクションされているよりも、つかえる風にしたってことのほうが大事です。

投稿: k-1!輜重兵 | 2019年4月 6日 (土) 14時56分

どもども、HOOD殿。

HOOD殿の舞台は既にデジカメに装備更新でしょうか。キヤノンの乾電池デジカメといえばAシリーズというキヤノンの良心のような廉価シリーズがありましたが、あれは後年にSシリーズに統合されたのでしょうか。Gシリーズなどというのは統合されて久しいですが懐かしい響きです。

師団ではパワーショットSX130ISの供与を好意で受けています。まだ未稼働なので桜が散る前に動員したいですね。

デジ一眼レフ、ミラーレス一眼部隊ですが最近では写りすぎが問題となっております。女性の写ってほしくないテクスチャーまで写っては困りますね。明日の撮影会はニコンD80にフィルム時代のAiAFニッコール50mmF1.8とタムロン90mmF2.8を主軸にするつもりです。

投稿: Rikkie | 2019年4月 6日 (土) 19時17分

どもども、k-1!輜重兵殿。

キヤノンA-1のグリップは気づくと無くしていますよね。一時期、Aシリーズがネットオークションで動くときがあって、その際はグリップの有る無しが戦果に響きました。

ハイマチックFは拙僧も過去に「よい思い」をさせて頂き、サバイバルゲーム装備品などの調達に貢献しました。今回のキヤノンデートマチックとミノルタハイマチックFは、早速アクロスをつめて桜祭りスナップ作戦に動員しています。上手く写れば、よい資産になるでしょう。もっとも、メルカリを見る限り、ミノルタハイマチックFやヤシカエレクトロ35もバカみたいな値段ではなく、落ち着いたようです。

パーレットは楽しみですね。ボルタ判の自作は16mmに「比べれば楽なので楽しみです。マスクも自作するくらいだから前オーナーも楽しんだのでしょう。こういう工夫は嬉しいものです。

投稿: Rikkie | 2019年4月 6日 (土) 19時23分

今晩は。行きつけの写真店から、『六月からフィルムの価格が3割上昇する』との旨。来るべき時が近いのか、また値上がり。私の手元に待機しているカメラ達が少し哀れに思えます。
二年前にスナップしたネガを見ながら、フィルムのプリントに描写される奥行きやアウトフォーカス部分の階調が好ましくて、この表現をデジタルカメラで得たいものだと改めて思いました。
デジカメに関しては単3の充電式仕様のカメラをカメラ市やジャンク棚から、探したいものですね。

投稿: HOOD | 2019年4月 8日 (月) 22時01分

どもども、HOOD殿。

げげ、3割も上がるんですか。
コダックのフィルムがちょっと値下げしたので怪しいと思っていたのですが、値上げを見込んでいたのかもしれないですね。
今のところ、まだ、アクロスが売れ残っていて買うのですが、無くなったら難しい戦争になりそうです。


最近は拙僧の漁場も不良でロクなものがありません。それに200円が500円になっちゃった。ペンタックスのオプティオE90とかあるんですが、大体どんなカメラか分かっているので躊躇しています。

今日はパワーショットSX130ISを動員するつもりです。桜が散りきっていなければいいのですが。

投稿: Rikkie | 2019年4月 9日 (火) 08時42分

旅行がらみで、大事な撮影はデジ大口径単焦点、、、という黄金律をやっていたおかげで、フィルムカメラに一回リバウンドしたものの、結局狙い定まらず、キヤノネックス以来レンズシャッター35㎜1眼レフに思いを寄せるも、ウブいジャンクを買って修理に出そうという魂胆、いつになるやら。トプコンPRのいくつかのジャンクを、きちんとプロに頼もうかとおもっっている今日この頃です。偶然テレコンとワイコンが、ほかのトプコンのジャンクについていましたので。。。
コーワもSETのワイコンテレコン付きのウブいジャンクを手配。。。でもプロミナーではなかった~。。2009年のポンカメ、またまた三宅岳さんのコラムですが、特定の素材を入れたのがプロミナーと。。。意気消沈でございます。

投稿: 帰ってきた横須賀与太郎 | 2019年4月 9日 (火) 21時02分

どもども、帰ってきた横須賀与太郎殿。

最近のブログを拝見するに、フィルム方面にお戻りになったのかなあと思っていたのですが、本格的にご熱心なさったのですね。お帰りなさい。

シグマの大口径デジ用レンズも御大臣と思っておりましたが、トプコンPRをプロOHですか。なかなか気合が入っていますね。実際に本当に使うならプロに任せたほうが安いですね。失敗して肝心な撮影がパーになってしまっては金銭には換算できないダメージですから。
拙僧のコーワも寒いせいかシャッターが粘ってしまいました。コーワEの方はストーブの前に置いたら動くようになったのですが、コーワSETの方は温まっているときは大丈夫ですが、冷えると粘ってしまいますね。
暖かい季節になれば使えるのかなと期待しています。
どうもペンタックスKMとかミノルタSRT505とかもしばしば粘ってしまい、春を待っているようです。

プロミナーというブランドは拙僧も惚れるモノがあります。

投稿: Rikkie | 2019年4月10日 (水) 04時51分

どもどもRikkie総統。

ブロニカのヒキブタやF2の説明書なんか まじめにさがすと大変ですから こういうときに安く買えるといいですよね。

使い方わかってるつもりのものでも説明書読むとなにげに勉強になったりしますよね。

投稿: ぺとりおた | 2019年4月13日 (土) 22時53分

どもども、ぺとりおた総書記。

ブロニカの引き蓋や旧マミヤ6のフィルム圧板とか普通に中古カメラ屋で探すと高いですよ。前に新宿で6000円で吊るしてあるのを見かけました。

取説も綺麗なものが全て100円だったのでラッキーでした。いくつかは既に師団運用の資産に兌換してあります。
今回の戦争はトータルでは勝ち戦かもしれないですね。

投稿: Rikkie | 2019年4月13日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シグマ 30mmF2.8(マイクロフォーサーズマウント) | トップページ | 名古屋第2回クラシック&中古カメラ掘り出し市戦争第二次会戦 »