« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月27日 (土)

タムロン SP AF90mmF2.5(旧、Fマウント)

  Dscn5665もっぱら関東圏のAMラジオしか聞かない拙僧なのだが、東京だか川崎だかでアルフォンス・ミュシャ展をやっていたらしい。いや、現段階でもやっているのかな。そのCMのBGMが一時期「GLIMSPANKY」だった。何故?ミュシャのモチーフである「力強い女性像」がダミーロックと重なったのだろうか。もっとも、その後に平凡で重厚なクラシックにBGMが変わっている。

Img275 タムロンの90mmポートレイトマクロといえば、それほど掘り下げた感じでないカメラ・レンズ好きも知った存在だ。概ね好評だろう。ところが、本レンズは意外と安く売っている。何故かというといわゆるAF-DのFマウントレンズでシャフト式カップリングのボディでしか使え無いからだ。勿論、ほとんどのニコンのフィルム一眼レフカメラでは制約無く使用がかのうだがデジタル一眼レフカメだと困ったことになる。

そういう事情で、拙僧もジャンク籠で2000円で拾ったレンズだが、そのスッカラカンな樹脂製外装に反して、トライXをつめてガンを構えた「力強い女性像」を描写するには十分なクオリティだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年7月19日 (金)

着物女子ポートレイト撮影

Igp6102 今回も写真を貼っただけのブログである。拙僧のような稚ブログでも定期的に読んで下さる方々がいらっしゃるのに申し訳ない次第だ。しかし、決してカメラや撮影の熱が冷めたわけではない。


Igp6146今年は残念ながら水着女子ポートレイト撮影の目途が立たない。しかし、着物女子ポートレイト撮影は達することができた。


何かと下手なのだが、モデルさんは素晴らしい。


P1100615我ながら泣きたくなってしまうのがボケやブレが大量にあるのだ。確かに編成はペンタックス*istDLとルミックスG3という旧式の一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラであった。ルミックスG3につけたのもオリンパスの標準ズームレンズとシグマの90mmF2.8だ。なので手ぶれ補正機構は期待できないな。


P1100879勿論、撮影者がクレバーであれば手ぶれ補正などに頼る必要は無い。なのだが、拙僧も目や感覚が経年劣化しているのは認めざるを得ない。

Igp6200

それに拙僧が撮る写真はこんな感じだしな。 

| | コメント (9)

2019年7月13日 (土)

ツアイスイコン コンティナLK

Dscn7934 「 門前清自摸和(メンゼンツモ)のみ」で最初からあがろうとは思わないだろう。麻雀に詳しく無い方に説明すると、役を作ろうとしていつの間にか役として揃っていてあがるということだ。勿論、役としては最も低いモノで点数の低さや点数そのものから「ゴミ」などといわれてしまう。これから高い役を狙っている方からすると「コノヤロー逃げやがって」という役だ。

Img967本カメラは当然「ゴミ」ではない。しかし、メンゼンウツモのようにいつの間にか転がっていたカメラである。正確には恐らくコンテッサLKEだと思って拾ったかネットオークションでビットを入れたのだろう。それが、コンテッサLKEではないと気づいたのは割と最近だ。

本カメラは簡単にいうとコンテッサLKEの廉価板で3枚玉のパンター45mmF2.8を搭載している。それはそれで3枚玉好きには好ましいモノだが、拙僧はどうもパンターとかレオマ―ルとかトリオプランとかドイツ製中級機の3枚玉は外れをつかんでしまうことが少なくない。

本カメラのスナップ撮影がことごとくフォーカスを外しているのは45mmの目測の難しさというよりはレンズのコンディションがイマイチなのではと思うな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

 

| | コメント (2)

2019年7月 6日 (土)

旭光学 ペンタックスES

Dscn2296拙僧の妻が会社の何周年かのイベントを企画しているのだが、コムロファミリーの某Tというユニットを呼ぶそうだ。かなりの予算をぶち込んで箱も用意したのだが今更、某Tと思われるかもしれない。しかし、コムロファミリーが輝いていた90年代というのは会社を形成する 上級社員や下級管理職にとって青春時代を共にしたサウンドである。拙僧だって聴いていた。スキーやマリンスポーツではなくてエンデューロへ向かうハイエースの中だが。上からは叩かれ、下からはつき上げられる一番ストレスフルなポジションの方々にフィットし予算的に都合がイイのが某Tなのだろう。

まだパソコン通信の時代、ニフティサーブのクラシックカーフォーラムで定義していた「クラシックカー」というのは生産終了後の10年が経過することだった。20代前半の拙僧からすれば10年も前にカタログ落ちした自動車はクラシックというのは大げさにしろセミクラシックくらいの認識はあった。ところが21世紀も20年に至ろうとする現在、拙僧の四輪は97年式のユーノスロードスターNA8だし、単車は90年式のR1-Zだ。29年落ちの2st車というのは自分で言っていて笑ってしまう。工業製品でいえば90年代のシロモノはクラシックなのかもしれないな。コムロファミリーや某Tをクラシックと冠するのは失礼だし妥当ではないと思えるが。

そういう意味では拙僧とほぼ同世代の本カメラはクラシックカメラといえるだろうか。人間の方もだいぶクラシックな感じだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (7)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »