« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月28日 (土)

ヤマハ R1-Z:奥飛騨キャンプツーリング

    Photo_20190928063501久しぶりに単車ネタである。

2泊の予定でキャンプツーリングに行った。向かうは奥飛騨である。既に夜は相当冷えると覚悟していたので、それなりの装備を詰め込んだ。毎度のことながら大荷物で参ってしまうな。小振りのスポーツマシンのR1-Zには、気の毒だ。

奥飛騨に入り、結構な山間部で2度エンジンストップして焦った。キックの鬼と化してもエンジンは全くかからなかった。どうも、フューエルコックをリザーブにするとかかる。ガソリンは給油して2割ほどしか使っていないから、フューエルコックが怪しいなあ。ひとまず、動くのだけでもありがたいのでキャンプ場へ向かう。

Photo_20190928063503奥飛騨温泉郷オートキャンプ場は1泊1500円と安くはないが関東から行けるキャンプ場としては標準的かな。嬉しいのは施設内の無料の露天温泉があることだ。もっとも、温泉施設では洗髪や身体を洗うことができず、洗うためには有料のコインシャワーを使わなければならない。拙僧は身体を暖めるだけにした。

ゴミは捨てられるし、清潔な洋式水洗便所が使えるので個人的には1500円払ってもイイかな。

Photo_20190928063701

個人的には奥飛騨の魅力は温泉だが、とりわけ新穂高の温泉は気に入っている。この日の「中崎山荘 奥飛騨の湯」は風呂の日で通常800円のところが500円で300円でラッキーだった。ビール1本分は得したな。勿論、湯は最高だ。

Photo_20190928063702実は奥飛騨キャンプ場はベースキャンプで2日目は日本海まで足を延ばそうと思っていたのだが、温泉に使ったら一気に疲労が来てとても無理だと痛感した。

なので昼ビールを始めて休息日とした。

 

D 夜はそれなりに寒く、少し余分かなと思ったウェアを全部着込んだ。お蔭で寝入りは汗を描くようだったが明け方でも若干の寒さを感じる程度だった。温度計は10度を示していたが、もっと寒かったんじゃないかな。
帰りも高速を使ったのだが、行きと違って工事渋滞がなく比較的スムーズに帰ることができた。もっとも、高速道路も一般道も工事が多い。そんな季節なのかねエ。 
それにしても、たった2泊のキャンプツーリングでこの疲労感(--

| | コメント (4)

2019年9月14日 (土)

ヤシカ フラッシャー

Dscn7740久しぶりに漁場であるカメラのキタムラ某店に足を延ばしたのだが、ジャンク籠が消滅していた。これで定期偵察内のキタムラのジャンク籠を全て失ったことになる。今となってはリサイクルショップでもジャンクコーナーにフィルムコンパクトカメラを発見することは少なく、転がっていても異様に高い。一時期、フィルムカメラのムーブメントで廉価カメラにイイ値段がついたのだが高騰したまま高止まりしているのだろうか。拙僧もいい思いをしたのだが、本カメラのようなプラカメが2980円では、とても手に取ることができないな。

Image36勿論、拙僧の師団にカメラ・レンズのストックは供給が途絶えても2年はブログを書けるほどヤードに転がっているのだが、供給先が無いというのはモチベーションを下げる。こういうブツは送料を払ってネットオークションで飼うほどのモノではないしな。

名古屋の中古カメラ市も不鮮明な情報しか入らず、寂しい限りだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年9月 7日 (土)

フランカ250L

Dscn4510    先日、妻とエルトン=ジョンさんをテーマにした映画「ロケットマン」を見に行った。内容や評価は控えるが一言で言うと「普通の映画にしてくれればよかったのに」である。加えればR12指定なんだが13歳のお子さんと一緒に見るのは如何なものかな、というのが率直な感想だ。帰り際、一番後ろの一番端の席に若い2名の男性が座っていたのだが、あの映画を見た後では「あちらの組合員の方?」と思ってしまったのも無理はないだろう。

Img338それでエルトン=ジョンさんの動画をググってみたのだが「マペットショー」で歌ってらっしゃる動画が見つかった。「マペットショー」といえば我が国では「ポンキッキ―」である。がちゃぴんさんとムックさんのあれだ。その採用曲がなかなかロックでテクノでパンクだったりするのだが、拙僧が思い出したのは「エレクトリックばあちゃん」だな。しかし、調べてみると「ポンキッキー」で流れていたのは「ハッスルばあちゃん」らしい。これもインパクトのあるパンクな曲で鮮明に覚えている。テクノといえば「コンピューターばあちゃん」で、これは坂本龍一がプロデュースした曲で立派なテクノだ。どのコンテンツから幼少の拙僧が聴いたのかはイマイチおぼえていないのだが、「ポンキッキ―」かNHKの「みんなのうた」のいずれかであろう。今回初めて知ったのだが「エレクトリックばあちゃん」を歌ったのは末期の「ザ・スパイダース」だ。「みんなのうた」の選曲もロックなのだが、この辺はいずれ再び触れたい。

それで、本カメラなのだがカメラが電子化して日本製の安くて高性能で壊れないカメラにドイツ製普及機~中級機が太刀打ちできなくなりはじめた頃のカメラである。いや、ローライだってライカだって傾くから高級機も含めてだな。拙僧が幼少期にも「ばあちゃん」に「エレクトリック」や「コンピューター」を冠するくらいだから70~80年代の我が国のエレクトリックデバイスの覇権を知ることができるな。

それも諸行無常で今は苦しいポジションになっているようなのだが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »