« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月30日 (土)

ツアイスイコン コンテッサマットSE

Dscn1268PayPayフリマというのがあるのだ。拙僧は保守派のレイトマジョリティだからxxPayというのは嫌いなのだが、11月の初めから「送料無料キャンペーン」を行っていたのだ。期間は1カ月。これは相当な福音で、拙僧の師団の深刻な不良債権はサバイバルゲームで使えないようなアンティークトイガンなのだ。まだ、ハンドガンなら処分できる可能性があるのだが長物のライフル、具体的には「デタッチャブル サンダーボルト888MkII」とかになるといくら安い値段をつけても送料がネックとなって売れない。一時期、デタッチャブルの組み立て式ライフルにはまったことがあって、そういうトイガンは多いのだ。それなりにアンティークトイとして粘れば売れそうなものだが、採算なんて度外視である。とにかく、ヤードのスペースを開けなければなら亡い。ハンドガンだって単価が安いから処分には送料がネックになる。それで千里馬精神で投げ売りしていたのだが、突如11/18に「送料無料キャンペーン」は終了となってしまった。どうも、PayPayフリマが想定していた送料負担が上限に達したらしいな。残念ながら不良債権がいくつか残ってしまったのだが、割と売り切ることができたかなあ。

Img605その間、カメラ・レンズは粛清の対象にならなかった。こういうブツは大抵の場合はサイズ60で収まって売れるからな。もっとも、一時期のように単焦点レンズならまずまず売れるということは無く、135mm以上の中望遠、望遠レンズは動きが鈍い。レンズアダプターでミラーレス一眼につけても使いづらいからかな。

本カメラのような輸入中級機も値段は寂しいものの買い手がつかないことは無い。

現在、絶賛風邪をこじらせ中なので師団を動かすことができないのだが、そろそろカメラ・レンズの粛清も再開かな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6)

2019年11月16日 (土)

マミヤ ZEクオーツ

Dscn8374 「Z」といえば日本人にとっては世界の覇者となった2つのシンボルである。一つは「フェアレディZ」だ。他国の成果を全く認めない北米人もコーベッツ(コルベット)の専門誌で「コーベッツは一度はパーフェクトカーに敗れた。パーフェクトカーとはフェアレディZである」と苦々しく書いてある。北米人が負けを認めるのは極めて稀だ。もう一つの「Z」はカワサキの「Z」だ。北米では900ccの「Z1」、国内では750ccつまりナナハンの「RSZ2(アールエスゼッツー)」ということだな。

Z2人気というのは「あいつとララバイ」とか「荒くれKNIGHT」とかコミックや様々なコンテンツに依存していて、今となってはZRX400(これもセミクラシックモーターサイクルだなあ)に比べても走りではアレな感じと言わざるのが現状。4~5年前に「俺にはフロント19インチのZしかねーっすよ」という方と走ったのだがCRM250Rで3コーナーでぶっちぎってしまったな。別に拙僧がイケているのではなくて96年最終型の2st250ccで真面目に競うというのはフェアとは言えないだろうな。

そんな「Z信仰」だが、様々なZシリーズを信仰の対象としながらも「直列4気筒で空冷で2バルブ」という不文律がある。もっとも例外は少なく無く「GPz900R」は信仰の対象としているようだ。いわゆる「Ninja」である。これは「トップガンでトムクルーズがあまりにもオープニングでカッコよかった」とか「キリンで準主役を演じている」とか、結局コンテンツの起用に因するらしい。いや、拙僧はそういうのは決して嫌いでは無いな。「Ninja」も「ZZR1100のD型以降はNinjaではない」とか、カワサキファンの方は極めてデリケートでナーバスだな。不思議と2気筒の「Z250」は「Z信仰」として認知しているようだが、これは「スケ(彼女)が乗る」とか諸般の事情があるようだ。

一方で世紀末に現れた「ゼファーシリーズ」は「Z信仰」の対象とならないらしい。穏健派は「Z」として認めているようなのだ頑なな保守派がいらっしゃる。レプリカ全盛時代に空冷2バルブのトラディショナルなスタイリングで登場した「ゼファー400」は若いカワサキファンやレプリカのスペック競争に疲れた層に絶大に響き大ヒットとなった。一説には「単車やめちゃおうかな」と思ったカワサキを思いとどまらせたらしい。そんな大ヒットした「ゼファーシリーズ」を「Z」として認めないのが不思議だった。当初は自主規制ギリギリのパワーあ当たり前だった当時にナローなスペックで登場したからなのかなあと20代そこそこの拙僧は思っていた。しかし、4バルブでライバルたちと同等に戦える「ゼファーΧ(かい)400」が登場してもブランドの地位が向上した雰囲気が無い。「ゼファー1100」が「オヤジツアラー」の「ボイジャー」の水冷エンジンをベースに空冷化したことが気に入らないという説もあるが、要するにかつての至高である「RSZ2」よりも400ccの方が速いというのが受け入れがたかったんじゃないかな。

21世紀も20年も経つので水冷2気筒で31馬力のニンジャ250も普通に「Ninja」として認知されているしネイキッド化した「Z250(新)」も同様だ。マミヤで「Z」というと「マミヤRZ67」が頭をよぎるが、マミヤのライカ判一眼レフカメラ末裔の本カメラ「マミヤZE」は「Z」の称号を戴けるのであろうか。記憶では身売りしたマミヤの中判デジカメも「Z」だったきがするが、ニコンの新マウントが「Zマウント」だったりしてカメラ世界の「Z」の称号は混迷しているようだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

 

 

ZG1200ボイジャー

| | コメント (4)

2019年11月 2日 (土)

マミヤ セコールE 50mmF2

Dscn1974ご存知の方はご存知の通りだが、拙僧は国際結婚カップルだ。それに海外生活の経験もあるし移民の経験もある。今は落ち着いたが妻は海外出張が多かったし、拙僧も中央アジアで単車を転がすくらいの好きモノである。そんな拙僧夫婦が来年早々にモロッコに行くことになった。

モロッコもカサブランカあたりをちょろっとではない。最初から成田への堂から始まりイスタンブール経由でマラケシュに上陸。翌日はタンジェまで列車で北上。日帰りでジブラルタル海峡を渡り翌日はバスでシャウエン。1泊してバスでフェズ。流石に3泊の休息をとってマラケシュへ向かってイスタンブール経由で成田。さらに1泊して三河に向かうのだが拙僧は横浜で足止めして横浜美術館のルノワールを観る。ひょっとしたらイルクーツクにもよるかもしれない。

何だか訳が分からないが名古屋から東京を経由して青森。日帰りで函館に行って日本海側から帰ってくるようなものだと思ってほしい。

Img446

それはそれで、そういう星の元に生まれてしまったのだから仕方がないのだが、問題は食なのだ。なにしろ妻は米とキムチしか受け付けず、イタリア半周+チューリッヒの時にはキムチ麺を探す旅になってしまった。モロッコではキムチ麺も難しいだろう。それで名古屋のモロッコ料理屋に行ってモロッコ飯を試してみることにしたのだ。結果から言うとネガティブ。妻はインスタント飯にインスタントラーメン、インスタント味噌汁を可能な限り持って行く覚悟を決めたようだ。もっとも、拙僧も毎日モロッコ飯はしんどいかな。なにしろムスリムの国である。大っぴらに酒が飲めない。意外とスーパーでも手に入ることができるらしいのだが公共の場所では飲めないのだ。つまり7時間ほどの列車移動中に酒も飲めないのである。これは深刻な問題だなあ。それでモロッコ飯のジャッジをしていたのだが、我々の話を聞いていたのか遠くのテーブルの女性二人組が急に英語で話し始めたのだ。とても短い会話で終わったけど。どうも、拙僧夫婦が海外の話をするとマウントをとりたくて海外通を示威いたくなる方が少なく無い。以前も名古屋の写真フォーラムの散歩写真会で、拙僧が道に迷った中国人を片言の北京語で案内したら、周りの方々の拙僧を見る目が変わったことがある。そういうのは珍しくなく、日本人というのは海外コンプレックスがあるなあ。

そのマウントとはあまり関係ないのだろうが、本レンズはマミヤのミラクルマウントとわれるZEマウントである。とにかく、マミヤは中判カメラは保守的でプロフェッショナルなのにライカ判一眼レフカメラは安っぽく簡単にマウントを変えてきた。ひょっとしたらマミヤにもライカ判一眼レフカメラの遅れにはコンプレックスがあって、マウントを変えることで心配を回避しようとしたのかもしれないな。

コンテンツもご覧いただきたい。

  

| | コメント (4)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »