« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月22日 (土)

ヤシカ オートヤシノン5cmF2

Dscn1434昨年の「ボヘミアンラプソディー」を映画館で見て以降、師団長兼妻のリテラシーが大きく変化した。それは概ねポジティブな方向にである。もっぱら「一党独裁の権威主義」で形成した単一的な価値観から柔軟で多様な価値観に変化したのだ。それがゲイの方々に対する柔軟性というほど単純ではなく、多様な人間のアイデンティティを読み解く力というのにベクトルを向けるようになったのだ。これは大変な変化で、以前は「全ての人は大学の教授になりたいが、なれなかったから他の職業に就いている」というようなことを本気で言っていたのだ。どこから突っ込んでいいのか、それともどこまで日本語を誤解しているのか対応が困難であったな。

Image296ヤシカというメーカーはヤシカエレクトロ35シリーズでヒットして大衆メーカーとしては成功していた。しかし、一流メーカーとしての評価はイマイチだった。そこで、ツアイスイコンのコンタックスブランドを手に入れた飛躍を図ったといのが、どのカメラ雑誌やムックに出も書いてあることだ。一流メーカーで成功するというのは一眼レフカメラで北米で成功するということである。

しかし、ヤシカの一眼レフカメラが一流と評価されなかったのは何もネームバリューが足りなかったからではない。とにかく壊れるからだ。それは半世紀以上前のカメラが現在に使い物になるのは奇跡だが、実際に同年代のペンタックスSPとかミノルタSRTとかニコマートとかは使い物になるんだから仕方がないな。この、ボディの信頼性に対する不信というのはヤシコンになってからも京セラに吸収されてからも逸脱できなかったんじゃないかな。

一方、富岡光学と近かったヤシカのレンズはカールツアイスのネームバリューが無くても評判がよかった。少なくても、その実力を正当に評価なさっている方は少ない。ヤシコン以降、ヤシカはコンタックスレンズとヤシカレンズの両方のブランドで製造したが、ヤシカレンズの評判は北米でも健全だ。そういう意味ではレンズリテラシーは北米でも高かったのだろう。

拙僧の妻も「ボヘミアンラプソディー」のDVDを買って、既に10回以上観ている。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8)

2020年2月15日 (土)

ヤシカ TLエレクトロX

Dscn9483もう既に2月なので今更という感じなのだが、去年いっぱいでTBSラジオの土曜夕方の番組「宮川賢のデートの時間だそ?!」が終わってしまった。 突然の打ち切りで拙僧も混乱したが、ライブで行っていた放送が12月に入って録音になってしまったことからもTBS内でも混乱が興ったのだろう。伝統的に土曜夕方の時間帯は「宮川賢さん」の「おバカな番組」が継承していたのだが、TBSから宮川賢さんは完全に去ってしまった。それで後裔番組が「藤田ニコル」だそうだ。いや、既に1月から新しい番組は始まっているだが、「ニコルンかよ・・・」という失望から聴いていない。

そういえば、昔、ポートレイト撮影でなんとなくブックオフで買ったポップティーンを持って行ったら表紙がニコルンだった。それを見てモデルさんが「ニコルン可愛いですよね!」とおっしゃるので「んあ?そうですよね」と一瞬口ごもってしまったのを思い出すな。

ヤシカというとヤシカエレクトロ35シリーズを想像するケースは多いだろう。勿論、ヤシカスナップとか廉価モデルのファンも根強い。しかし、あまり一眼レフカメラを想像する方は少ないんじゃないだろうか。ここでいう「ヤシカの一眼レフカメラ」というのはヤシコン以前のカメラである。

詳しくはコンテンツに譲るとして、ヤシカのプラクチカマウントを主としたヤシカJシリーズやTLシリーズがイマイチ振るわないのは信頼性に大いに問題があるからだと思われる。ちょっと変わったプラクチカマウントのボディとしてヤシカJシリーズなどはしばしば転がっているのだが、まずシャッターが壊れている。もしも、動くと思ってもレジに持って行く前に30回は空シャッターを切ってほしいな。大抵の場合は壊れるか不具合を発見するだろう。

本カメラは電子シャッターを搭載しながら絞り込み測光マニアル露出カメラである。なんだか、電子シャッターを搭載意義をあまり感じないのだが、ヤシカとしてはとにかく電子シャッターを搭載して「エレクトロ」の名を冠したかったんじゃないかな。一眼レフカメラの不振の一方でヤシカエレクトロ35シリーズは奮戦したからな。もっとも、小型軽量のコニカC35が出るあたりから、ゴージャスなスタイリングと明るいレンズ、絞り優先AEを搭載するというコンセプトは市場と乖離するようになる。

ヤシコンになってヤシカの一眼レフカメラの信頼性が高まったかというと、それは怪しいな。それは京セラに吸収されても完全に払拭するまでには至らなかった。ヤシカの信頼に値する一眼レフカメラはヤシカFX-3の登場を待たねばならない。

それで、宮川賢さんの安定感に比べてニコルンのトークが軽妙で信頼性の高いものかというと、とてもそうは思えないな。それも聴いてみないと判断できないけど。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2020年2月 1日 (土)

京セラ GRATINA2

Dsc01360昨年の後半はブログの更新がグタグタだった。忙しいなどといっては、拙僧などよりも遥かに忙しい皆様に申し訳がない。拙僧の時間配分とマンパワーの塩梅がうまくいかなかったということだ。

今年は毎週は難しいかもしれないけど間週も混ぜて報告させていただきたい。お付き合いいただけると願っている。

Pap_0014 今回の物件は厳密にはカメラでは無くガラケーのカメラ機能だ。iPhoneやアンドロイド端末などはパワフルなカメラ機能を搭載しているのだろうが、拙僧のガラケーは限定的な効果しか望めない。それでも、有るのとないのでは大違いだ。

普段は殆ど使わないカメラ機能だが、ちゃんとしたカメラが壊れたりバッテリーエンプティになって動かなくなってしまったときには、有ると無いとは大違いである。

画像のクオリティはそれなりなのだが、コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »