« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月27日 (金)

フジフィルム フジペットEE

Dscn0231コロナ熱で3月のイベントはほぼ全滅になってしまった。拙僧の駐屯地界隈の桜はあと1~1.5週間後が見ごろといった感じなのだが呑気に桜祭りを撮影するというわけにはいかないかな。なにせ東京の桜名所は軒並み「停止した鑑賞も禁止」だそうで桜通りは往来禁止にするようだ。拙僧の駐屯地のような田舎は、そこまでシリアスではないだろうが、このまま4月の方々の春祭りも中止となりそうでスナップシューターとしては寂しい限りである。

Img772白状すると拙僧は寿命をまっとうするまで「世界戦争」なんてのは起きないと思っていた。いや、地域的には大きな紛争になったりするだろうけど日本の首都に戒厳令が出るような事態にはならないと高をくくっていたのだ。ところが、どうやら北米も欧州も準戦時体制のようだ。菊花の御門の我が国も首都の移動が極めて制限されるらしい。もっとも、パリやロンドンが厳格な外出禁止令を出せるのも戦時下を想定してのことだ。我が国も真剣に考えた方がイイだろうな。

上を向いて歩いていればよかった本カメラの時代は、ある意味幸せだったのかもしれないなあ。それでも拙僧は今の時代が嫌いではないけど。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2020年3月14日 (土)

コダック シグネット35

Dscn6363温暖化などといわれているが、実際、今年の冬は異例なほど暖かく、桜の咲くのも前倒しになりそうだ。個人的には桜のイメージは多面的で複雑なのだが、それでも桜祭りという行事は春のスナップシューティングの先駆けとなるもので楽しみだ。

しかし、今年はちょっと事情が異なる。例のコロナ熱で3月に行う予定だった様々な講座や催しが中止になったほか、ジムや図書館まで閉館になってしまった。3月に控えていた友人の結婚式も延期になってしまい、まだ箱も用意できていないようだ。健全なのは屋外で行うサバイバルゲームくらいだが、これも客の集まりはイマイチのようだな。

Image18拙僧の行政区の公式な発表はまだだが、上野や東京の各地の花見スポットが軒並み花見の中止、或いは自粛となると散歩写真もツマラナイものになりそうだ。いや、別にレジャーシートのプロパンガスボンベまで持って来て酒で宴会なさる方を撮りたいとは思わないのだが、屋台街とその喧騒というのはキャンデットフォト好きとしては好ましい被写体である。

勿論、拙僧が妻と平日の土手の上でおにぎりをほおばるのには問題ないだろうが、スナッパーにとっては寂しい春になりそうだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

2020年3月 7日 (土)

ガンガールズ:コルト パイソン.357マグナム 8インチ (クラウンモデル)

Dscn1798拙僧は40代も半ばから10代・20代の連中とサバイバルゲームで走ったり這ったりしているのだ。なんだか妙に気に入っていただいたらしく、25歳と23歳の結婚式に招待していただいたのだ。拙僧の歳になると友人の結婚式などというのは無いので嬉しいな。ほっとしたのは彼らの両親がひとまず、拙僧よりも年上なのだ。

サバイバルゲームも初めての頃はバレルが長ければイイと思いこんでしまうのは有り有りだろう。もっとも、早々にスナイパーに目覚めちゃってロングバレルにレバーコッキングという方もいらっしゃるだろうけど。それぞれに闘い方があるので一概には言えないだろうが、積極的に前に出る方や、拙僧のような地べた這いは早々にバレルが短い方が遮蔽物に隠れたり隠密行動に有利だと気づく。拙僧など這うのに邪魔だからサイトも付けないしな。

Dsc_0175それでも程度のいい長物x3、ハンドガンx2でも持っていれば十分に幸せな気分になれるのだが、ここでも我が師団は「怪しげな中古」や「はっきり言ってゴミ寸前のモノ」へ攻撃してしまうのだ。特にMP5系は「ダイ・ハード」や「小林原文さんのマンガ」でカッコイイという世代だから、既にヤードに何本転がっているか正確に把握していない。それで実際のゲームに動員するのは決まった4~5本なのだから、全く中古カメラ・レンズと同じ愚行を展開してしまう。

Img3768インチのリボルバー拳銃などというのはゲーム動員するのは、本格的にハンドガン戦で戦いというよりはロマンだろう。もっとも、本当にリボルバー拳銃のみでフィールドを制する「ブッシュマスター」な方もいらっしゃるが。

拳銃のロングバレルというのは狩猟が主な目的ではないかな。とても女性の護衛拳銃とは思えない。

もっとも、女性に似合わないかというと、そうでもない。完全に守られた環境で、サバンナあたりでサイトをつけたコルトパイソン357マグナム8インチで猛獣狩りを楽しむ白人女性などというのは、あながちありそうだ。

日本人女性の場合は、そのアンバランス感が楽しいんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »