« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月27日 (土)

SMCペンタックス 45~125mmF4の撮影結果(水着モデル撮影編)

Dscn2898今週、カメラファンにとって衝撃的なニュースが飛び込んできた。なんと、オリンパスがカメラ・レンズの開発・製造を含んだ映像事業を譲渡(ようするに売却だろう)するというのだ。スマートフォンやタブレット端末の普及で民生カメラは儲からないのだろう。とはいえ、日本の観光地で首からぶら下がったカメラのオリンパス率はかなり高い。それでも、映像事業は手放さなければならないという、現在のカメラ戦争の凄惨さが知れるな。

Image49本来はペンタックスのレンズを取り上げたコンテンツの呼び水となるブログなのだが、今後OM-Dを買う見込みのない拙僧にとっても大きなニュースなので取り上げてしまった。今更、オリンパスのカメラやレンズのコンテンツを作るには間に合わない。

しかし、オリンパスの生末はペンタックスと共通点が無いわけではない。ペンタックスも経営悪化でHOYAに売られ、メディカル部門や美味しいところだけ抜きとられてリコーが引き受けた。もっとも、リコーに落ち着いたペンタックスブランドは幸せに見えるな。

オリンパスは倒れる前に映像事業を手放しちゃったのだが、OM-Dやデジ時代のズイコーはどうなるのだろうか。

本レンズはツアイス=イコン社(コシナではない)の滅亡でレンズ供給先が無くなったカールツアイスがペンタックスと提携し、開発に至ったレンズとされる。結局、レンズは本レンズ、もしくはわずかなレンズのみがカールツアイスとの提携で生まれ、提携は解消となった。その後、カールツアイスはヤシカと手を組むが、ヤシカも力尽き京セラに買われてしまう。そして、現在京セラは民生カメラから手を引いてしまった。

なんだか、今回は寂しい話ばかりだなあ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8)

2020年6月20日 (土)

キヤノン 50mmF2.8(Lマウント)

Dscn7713マンガがアニメになってしまって困ったなということがままある。これが実写化だと割り切れるのだが、アニメだと人間が描いたものだと思ってしまうので割り切れない。

拙僧は初期のころしか読んでいないのだが「グラップラー刃牙」というマンガがある。これは少年チャンピオンらしいエッジの効いたハードボイルドな格闘マンガなのだ。詳細は割愛することにして、「グラップラー刃牙」のアニメ化にはファン層は大きなショックを受けたのではないのだろうか。主人公の顔がまるで違うのだ。あの某カルト教団の元宣伝部トップで新たなカルト教団のトップに似た「底知れぬ不安定な青年」が「並の格闘少年」になってしまった。拙僧も大人なので分かるのだが、アニメーションという分散産業には、原作者の板垣恵介さんの絵は徹底的に向かない。良く言っても「量産化」、悪く言うと「クオリティの劣化」がなければとても納期に間に合わない。いくら作画がコンピュータ化したとはいえ、代々木アニメーション学院の新卒さんが描くには板垣恵介さんの絵はエッジが効きすぎている。

同じ「ガンダム(初代)」だって、著しく作画のクオリティが低いスタジオの話があったからな(例:ククルス・・・以下略)

それで本レンズの「テッサー型」が「ガウスタイプ」Image67の「クオリティの劣化」だと思っているわけではない。確かにコストはかかっていないかもしれないけど「ザク」の例に外れず 、「量産型」にフォーカスしてしまうリビドーというのもあるのだ。

ちなみに「銀河鉄道999」の場合はアニメ映画版の主人公の方がイケメンになっていたが。あれは金をかけられなかったアニメTV版の方が「量産型」だったのだろうか。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (6)

2020年6月 6日 (土)

トキナー AF 28~80mmF3.5~5.6(Kマウント)

Dscn9024 既に6月になるのだが、去年の12月31日から今年の1月の12日までモロッコ旅行へ行った。成田発だったので暇な拙僧は、そのまま帰京し散歩写真と勤しんだのだ。いくつかのカメラは衣類と一緒にイルクーツクの実家に送ったのだが一眼レフカメラは無かった。それはそれで寂しいので新宿のBOXでやれたチノンの確保。イルクーツクのキタムラで本レンズを780円ほどで確保した。勿論、チノンはAFカメラではないのでMFで使うことになったのだが、いうほどの問題ではないな。仕上がりはそれなりだが、散歩写真の手持ち無沙汰を満たすには十分だ。

Img434 その後、三河の駐屯地に帰還しQUEENのコンサートに行ったのが1月中の出来事である。これらが1カ月後だったらコロナ禍でどうにもならなかっただろう。背筋が凍る思いだ。

撮影結果に新宿の散歩写真を掲載したが、これはコロナ禍直前の写真である。全国的な外出規制はひとまず緩和されたが、以前の新宿や浅草のような賑わいは戻っているのだろうか。三河の田舎に住んでいると東京の状況は分かり辛い。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »