« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日 (金)

オリンパス35IVb(?)

Dscn3863新型コロナのニュースでわが国では例年ほど盛り上がっていないが、米国で大統領選挙を行うらしい。何かとお騒がせなトランプさんの対抗馬となるのが民主党のバイデンさんだ。あまりTVを見ず。もっぱらラジオで情報を得ている拙僧なのだが、どうもバイデンさんもイイ線をいっているらしい。確かにトランプさんのパーソナリティには大いに問題がありそうだ。しかし、バイデンさんが大統領になった方が我が国にとってマシな選択肢とは限らない。何かと不甲斐ないところもあるが、こと外交に関しては割と安部さんは頑張っているんじゃないかなと思っている拙僧は、バイデンさんが大統領になることでわが国と米国の関係性がリセットされてしまうのは、ちょっと気がかりではあるな。

おっと、拙僧のブログは割とタイムリーな政治の話題は避けることにしているのだ。政治的なファクターでちょっと遊んでみるというのが拙僧のブログのポリシーである。それでバイデンさんなのだが、たまにTVでみると名前のロゴが量販店の「エイデン」によく似ている気がするのだ。バイデンさんがエイデンのロゴをマネするとは考えにくいし、その逆もまた無いだろう。つまり「他人の空似」なのだが、TVを見るたびに思ってしまう。

Img469

 本カメラはオリンパスの35mmフィルムカメラとしては黎明期の遺伝子を直接継承するものである。小ぶりでオートマットを実現した身軽いスナップカメラである。シリーズ初代モデルはいわゆる日本判で、ちょっと田舎者感があったのだがGHQに怒られたり、朝鮮戦争で特需が発生したりして精錬されたのだろう。本カメラの完成度は高い。惜しむのは本カメラのユニークなスタイリングは後裔のオリンパス35Vでは平凡なコンパクトカメラのモノになってしまった。

なんだか大統領が変わることや朝鮮戦争で国の実権が変わることと、オリンパスのブランドの遷移が重なるのではないかと思ったのですが、うまくまとまりませんでした(mm

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (4)

2020年7月18日 (土)

オリンパス ペン(初代)

Dscn9159既にSMCペンタックス45~125mmF4のコンテンツで触れたのだが、オリンパスが民生カメラ部門をブランディングホールディングな会社に売却してしまうようだ。それでオリンパスのコンテンツを作ろうと思ってOM707を取り上げようとおもったのだが、実際にOM707を使った実績がない。拙僧は基本的には一度は撮影に使ったカメラ・レンズをブログでは取り上げることにしているのだ。おりしも梅雨の時期で散歩写真も難しく、別のオリンパスを代表するカメラを探した。それが本カメラである。本カメラが、オリンパスを代表する幾つかのカメラに入ることは異存ないのではないだろうか。

Img651本カメラは様々なコンテンツで褒められているので、特別拙僧のブログでは話題を広げないことにさせていただきたい。オリンパスのファンというのは、オリンパスファンというよりはペンFのファンとかOMシステムのファンといった限定的な感じでニコンやペンタックスのファンといったブランドに惚れるのとははちょっと違う気がするな。

オリンパスの歴史的傑作の本カメラと歴史的駄作のOM707の出どころはそれほど違ったものではない気がする。「6000円でも売れるカメラはこんなものだ」と「AF一眼レフなんて嫌いだからこんなものだ」というのはベクトルは違うかもしれないけどモーメントは大して変わらないんじゃないかな。

Dscn9167今回、コンテンツを書くまで知らなかったのだが、本カメラには生産先行モデルとしてオリンパスではなく、委託先の三光商事モデルというのが存在する。リスクに投資を渋るオリンパスらしい無難な選択だ。

その三光商事モデルというのは結構なプレミアムらしいのだが、そんなことは拙僧は知らないので捨て値で処分してしまったな。いずれにしても、あまり思い入れが無いカメラなので構わないが。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »