« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月21日 (金)

ミノルタ MDロッコール28mmF2.8

Dscn5333 昔々、電場新聞社から「All About NAMCO」および、「All About NAMCO2」 という分厚いムックがあった。紹介している最新ゲームが「ドラゴンバスター」だったから、そのくらい昔だと思っていただきたい。今やバンダイと提携して「バンダイナムコ」となったナムコだが、「パックマン」や「ギャラクシアン」以降、ナムコブランドというのは巨大な勢力だった。「ナムコでなければゲームでなし」といわれたほどだ。マイコンベーシックマガジン(ゲーメストだったかも)の人気ゲームキャラクターランキングの上位は、ほぼナムコゲームのキャラクターで占められていた。ナムコという会社が自社のゲームキャラクターを大切にしていた、というのは事実だったが巣鴨のキャロットを中心に熱狂的な支持者がいらっしゃったのだ。徳間書店の「ナウシカ」さんみたいなものか。その末席に拙僧もいた。

話はナムコが中心ではない。その「All About NAMCO」は「ゼビウス」なりのスクロールマップを掲載していたのだが、当時のゲームはパソコンで動画を記録してカットアウトするような時代ではない。おそらくモニターの前に箱をかぶせてポジで撮影していたのだろう。実際にどうやってゲームをしながらフィルムカメラで静止画を撮影できたのかわからないが、そうそう高度なテクニックと根気が必要だったんじゃないかな。実際に、そのムックのスクロールマップの露出はマチマチだったのだけれども、今では考えられないような労力を消費していたに違いない。拙僧もコンピュータグラフィックスをかじっていてモニターを撮影したことがあるが、あれは静止画だった。ゲームをプレイしながら静止画を撮影するなんて考えただけでも恐ろしい。

Img515

本ブログはカメラや写真のブログだから、その時撮影していたレンズに興味がわくのだ。湾曲が少ないレンズとなれば50mm前後のレンズが妥当だろうが、アーケードゲームの画面を移すにはモニターからカメラの位置がかなり遠くなる気がする。拙僧がシリコングラフィックスのインディゴで作成した3Dモデリングツールを撮影した時はズームレンズだった気がすするのだが。

本レンズのような28mmなどという超広角レンズを使ったとは思えないのだが、ゲーム実況が流行る中でかつてのゲーム画面の撮影の困難さをおもんぱかるのも悦だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

| | コメント (2)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »