« パナソニック DMC-ZX1 | トップページ | グロック26(フィリピン製?) »

2020年12月12日 (土)

SMCペンタックス M28mmF2.8

Dscn4709ラジコ(Radiko)というウェブサービスがある。簡単にいうとインターネットでラジオが効けるものだ。このラジコが生まれてから10周年だというのだ。

拙僧は殆どTVは見ないので情報の多くはラジオから得ている。通常、ラジコのサービスは圏内。つまり関東だったら関東圏の、東海だったら東海圏のローカル放送しか聞くことができない。しかし、月額500円のラジコプレミアム会員になると全国のローカル局が聞けるのだ。タイムフリーサービスもあって、過去一週間にさかのぼって番組を聞くことができる。紀伊半島の山の中でもインターネットに繋がりさえすれば「成瀬心美のぷるるんハニートラップ」を聞くことも可能だ。キャンプツーリング者としてはLEDランタンくらい革命的なアイテムになるな。

拙僧の生地のイルクーツクではTBSラジオですら満足に入らず、ノイズ交じりのスピーカーに辛うじて聞こえる「ラジオはアメリカン」をアンテナをつまんだり本体の向きを変えたりしながら必死に聴いていたのも懐かしい思い出だ。

Image29そんなほろ苦い楽しみを2020年現在でも楽しむことができるのがフィルムカメラとそのインフラだろう。カラーネガやポジフィルムの方々からは悲痛な声が聞こえてくるものの、モノクロネガに関しては21世紀初頭に聞かれた悲観的なイメージよりも楽観的に思える。しかし、そのカメラやレンズとなるとカメラボディはゴミかプレミアム価格。レンズも高いものとなってしまった。それはそれで仕方がないことなのだが、フィルムカメラ用に設計したレンズをレンズアダプターでミラーレス一眼などに付けて遊ぶために広角レンズが高くなってしまったのは残念だ。かつて最も安いレンジの単焦点レンズは28mm、50mm、135mmだったが、28mmだけはAPS判デジカメで準標準レンジのレンズになるようでそれなりに人気がある。

アダプター遊びも批判するつもりはないのだが、フィルム時代のレンズをアダプターでミラーレス一眼につけて、やれ収差がどうだの解像度がどうなどというのは如何なものかと思うな。そんなケチはミラーレス一眼用に設計したレンズでやればいいと思うのだが。

 

本レンズはレンズアダプター遊びの方々に割と批判的に語られることが多いようなのだ。残念だなあ。

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« パナソニック DMC-ZX1 | トップページ | グロック26(フィリピン製?) »

コメント

お変わりございませんか。フィルム価格も高値安定で、供給自体も細くなりがち。いつまで使うか、そこが私自身も課題になりました。

投稿: HOOD | 2020年12月12日 (土) 20時10分

どもども、HOOD殿。

フィルムの供給はデジカメが完全勝利した新世紀初頭の悲壮感に比べれば楽観的だと思っています。英国製とはいえSPDの使えるアクロスIIをフジフィルムが出してくれたのは福音です。

変わったかといえば自身は変わりました。つまり、カメラやレンズは当面楽しめそうだけど、人間のパフォーマンスの限界の方が早く来そうだということです。単車やサバイバルゲームなど、向こう10年はできそうだけど20年先は年齢的に難しいなと思い、比重を片寄せています。何のかんのと20年くらいはフィルムカメラを楽しむことができるのではと楽観的です。

もっとも、印画紙は高くなりました。最近、過去のPCに取り込んだ画像を整理しているのですが、やはりレンズを語るには印画紙に焼いたものでないと不満足ですね。

投稿: Rikkie | 2020年12月12日 (土) 21時39分

若い頃、FMレコパルとかエアーチェックとか色々やっていたましたがそれも過去の話、今に若い人にはもうわからないでしょうねえ。前の仕事がデスクワークでしたのでラジオはつけっぱなしでしたがとんと聞かなくなりました。フィルムカメラも少し前はなんでもかんでもポジで1/3段づつ
段階露出をしてとかなんだかFM放送のほうが優位だったみたいな?感覚とおんなじです。いまではカラーネガがあるだけありがたく、ネガのラチチュードさまさまです。それだってお金持ちの道楽になりそうですが、(あぁいまでもフィルムカメラでつまんないスナップ撮り歩きたい)
私めもMXからカメラを始めたのでペンタックスのMシリーズには感慨があります。当時もうキヤノンAE-1とか自動露出機構が発達してコマーシャリズムのキヤノンに憧れがなかったわけでもない子ども時代ですが、なにかマニュアル露出カメラに憧れて当時のカメラ友達とAEなど女子供のつかうものだ!と、コドモが差別発言をどうどうと述べていましたっけ。この28mmはパンケーキとは言わないまでも他社にくらべ十分小さく使いかっても良かったですねぇ、最近は使わなくなりましたが今でもこれ1本あればって思えるレンズです。ズイコーの28mmほど線が太くなく、海外でも人気があると読んだ記憶もあります。先日中野のジャンク館で4000円とあって、もう買えないなぁなんて思っていました。本来の価格帯に戻ってきたんですけどね。
(MEsuperの派生型はのき並べてダメダメばかりでMシリーズファンとしては残念です。 Aシリーズはキヤノンみたいでどうも好きになれませんです。)

投稿: k-1! | 2020年12月15日 (火) 11時54分

どもども、k-1!殿。

最近、ラジオの視聴率が上がっているようです。もっとも、ラジカセでエアチェックということはなくスマートフォンでタダで音楽が聴けるというのに注目されているのでしょう。
カラーポジはおいそれと使えなくなってしまいましたね。カラーネガももっぱら期限キレの安物を使っていますが、それだって機会があれば確保です。モノクロネガが1本1000円くらいですが、趣味の散歩写真で使えるのは、そのくらいがギリギリで1本1500円になるときついですね。最近、昔の撮影画像を整理しているのですが以前は半日のポートレート撮影でも5本くらいモノクロネガを使っているんですよね。今は多くても2本なのでフィルム運用は寂しくなっています。

レンズのペンタックスMシリーズはAシリーズよりリーズナブルでよい友人ですが、玉数は少ないようです。金属外装のカメラやレンズはジャンクでも軒並み高くなってしまって手が出ません。それなりのコンディションならともかく、コンディションによらずとにかく高いですね。ズイコーは良いと評判で実際に持っているのですがイマイチ稼働率が低いです。200mmF5なんて良いレンズなのですが。

ペンタックスもMEシリーズは壊れていますね。Aシリーズもまず壊れているしPシリーズも壊れています。キヤノンもAシリーズは壊れている可能性が高く、この世代の電子シャッター機は背品寿命が終わっているのでしょう。

その中でもMXシリーズはちゃんと使えるのでペンタックスのサイドキックフレンドとしてのポジションは不動です。MEシリーズはよりもKMあたりの方が安心して使えるのが助かります。

投稿: Rikkie | 2020年12月16日 (水) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パナソニック DMC-ZX1 | トップページ | グロック26(フィリピン製?) »