« アイレス IIA | トップページ | ニコン LTW2D(ピカイチ テレエクセル) »

2021年2月26日 (金)

ペンタックス Zoom60

Dscn4169_20210226161301失ってから「あれは惜しかったなあ」というのは、どなたでもちょくちょくあるだろう。拙僧なんて今でも10歳の時、新車で買って6万km走ったスズキGSX400Rインパルスを「手放さなくてよかったな」なんていう夢を今でも見る。コケてあちこちボロボロだったので、今は無きニフティの個人売買で二束三文で手放した。今ほど選択肢は無かったしな。最初の単車が原付のウルフ50だったりしてスズキというブランドには一種の愛着がある。もっとも、その後スズキの単車や四輪に縁は無かったが。そのスズキの名物社長が御年91歳で引退するようだ。偉大なる「中小企業のオヤジ」である氏の天才的なセンスでスズキはなんとか世界、とりわけ第三世界に名をとどろかせたのである。その社長の交代は一スズキファンとしては心配だな。今でも心が折れそうなときは、「キリン」の「カタナ」を正座して眺めるのだ。

Image5そんなスズキには「業界に先駆けて」という冠がよく似合う。GSX-1100Sカタナ、RG-250ガンマ、GSXR-1100(油冷)など、「あの、か細いキャストホイールのスポークはリッター車のモノとして耐久性は大丈夫なのか?」と素人を魅了するに十分だった。一方で「露骨なコストダウン」というのはスズキの悪評に当たらない。GSX-R250がカタナ250になったってコブラになったって嬉しいじゃないか。スズキは単車乗りに身近なサイドキックフレンドである。

カメラのサイドキックフレンドといえば、やはりペンタックスということになるだろう。ペンタックスも業界の先駆けになることが多かった。一眼レフカメラの普及、クイックリターンの導入。ペンタプリズムの搭載に完全自動絞りだ。そんなペンタックスは一眼レフ以外のカメラ。つまりAFのコンパクトカメラには遅れてしまったが、世界初のズームレンズを搭載したコンパクトカメラを市場に投入したのはペンタックスだった。

本カメラは、その世界初のズームレンズを搭載したコンパクトカメラの廉価機なのだが、素性の良さは引き継いでいたんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

 

|

« アイレス IIA | トップページ | ニコン LTW2D(ピカイチ テレエクセル) »

コメント

こんばんは

我が家では親父の代からスズ菌に感染しており4輪ではフロンテ、ジムニー、ハスラー
2輪では蘭、バーディ。

カメラではフィルム、デジタルともに初めての一眼はペンタックスでした。
庶民の味方って感じでしたね。

おそらくこの後継機であろうエスピオ140をフリマに出品しました。
そこそこの高値で売れました。
コンパクトカメラ需要は若者中心にまだまだ続きそうですね。

投稿: koh | 2021年2月26日 (金) 19時05分

katanaは650Gが今でも気になります。1100Sは昔は未来が来たと思ったのですが信徒にはなり損ないました。ガンマなんか懐かしいなぁ、僕はRZ-Rだったのでバックステップにあこがれたものです。SUZUKIは一方で変態性を言われてしまいますがそれは褒め言葉だと思っています。出る杭は打たれるってやつです。あの名物会長みたいな人はやはり大事な存在です。
ズーム付きコンパクトカメラなんて、昔の自分ははなっから相手にしていませんでした。あんなにF値の暗いズームつかいものになるかって。でも本当はこんなの1台で旅行にでかけたら肩肘張らずにもっと素直な写真をたくさん撮れたことだと思います。ネガフィルムの進化と共に生まれたんだと思いますが、今のデジカメはこのあたりの存在がなければ発達しなかったことでしょう。いわゆる高倍率ズームカメラはやりすぎの感が否めませんがほどほどのズーム比率だとやはりとても便利な存在です。ペンタックスは、使ったことがない人は小馬鹿にしますが、自分はキヤノンよりも使いやすいカメラばかりだと思います。SUZUKIも乗ってみたことがないので悪口もかけませんが、
EOSの良さが今でもわかりませんですぜ。

投稿: k-1! | 2021年2月28日 (日) 11時27分

どもども、koh殿。

ジムニーからハスラーという線はあるようですね。確かにハスラーの面構えはシティーボーイを気取るジムニーのようで好ましいものです。そういえば。あっしはMRワゴンを全損させてロードスターNAに乗り換えたのですが、多分、MRワゴンの方が早いですね。
MRワゴンでは本気で死ぬか重症という寸前だったので、以来、軽自動車は怖いです。軽自動車には罪が無いのですが。

ペンタックスは地の塩ですね。あっしもいまだに*istDLを使っています。2GBまでのSDカードしか使えないのが数少ない欠点です。

エスピオ120がそれなりの価格で売れましたか。メルカリですかね。
実はメルカリの方がヤフーオークションよりもプラカメのようなものは売りやすいのは分かっているのですが、あの値引き交渉が面倒でやめてしまいました。

なんだかヤフーもLINEを買い取ったりして、今後の粛清の方向が楽しみでもあります。

投稿: Rikkie | 2021年3月 1日 (月) 21時46分

どもども、k-1!殿。

650GってGS50GKATANAでしょうか。渋い選択肢ですね。生き残っている個体は貴重な気がします。

実は単車屋にはSV650の広告を見て行ったんですよね。それはとっくに売れていたのですが、入ったばかりのW650が目に入りました。拙僧も経年劣化で2stスポーツに乗り続けたら死ぬなと思っていたので空気が変わりそうなW650を選択しました。期待は存分に満たしてくれたのですが1点の読み違いがありました。遅いんですよね。いや、650ccのバーチカルツインが常識的な速度で遅いということではないのですが、W650という単車は100km/h以上の速度で安定的に走ることは不可能です。なので、いい気分で乗っていると軽自動車に失礼に抜かれたりしてガックリしてしまいます。

そういう走りの見え方を自ら選択したことなのですが現実を突きつけられるというのは躊躇するものです。いずれ、W650という単車の色がついた人間になれると思って楽しみにしているのですが。

うろ覚えですがコンパクトカメラのズームレンズの望遠側は180mmF19くらいまでヒートした気がします。ISO800のカラーネガが「コンパクトカメラ用」として売っていたのも二昔前です。

EOSは600系EOSは意外といいですよ。ファインダーでピントが確認できます。AFもおおらかに合うし、レンズアダプターでプラクチカマウントのレンズをつけてMFでEDレースを流し撮りしていました。

これが10の倍数系になってしまうと煮ても焼いても食えなくなりますねエ。

投稿: Rikkie | 2021年3月 1日 (月) 22時00分

これも、売りましたです。もっとも70Sとかの方が2倍の倍率はあるのでそっちの方がいいですよといいたくなるのですが、少し安いのと少しコンパクトなのとでちょっと売れました。安い意味でいうと2焦点の倍率低いものの方が安くなるのでそっちが売れましたけれど。
Zoom70はフラッシュの強制OFFができず、70S(2
代目)は強制OFFができるようになったのだと記憶しております。併売していたかもしれませんが私が売り場にいたころは70Sが最前線でした。昭和63~64=平成元年(1988~1989)でした。

投稿: 横須賀与太郎 | 2021年4月 5日 (月) 21時37分

どもども、横須賀与太郎殿。

お久しぶりです。お元気でしょうか。
意外と売れたんですね。二焦点カメラは好きで拾いますが、これも高くなって簡単に手が出ないくなりましたねエ。
70はフラッシュ禁止モードが無いんですか、それは困りますね。ならば70sが欲しいかな。もっとも、今はブツがありませんよね。

先日、名古屋中古カメラ戦争に参加したのですがキヤノンオートボーイSが8800円もしました(ーー

投稿: Rikkie | 2021年4月 6日 (火) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイレス IIA | トップページ | ニコン LTW2D(ピカイチ テレエクセル) »