« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月 3日 (土)

サムヤン(?) maginon28mmF2.8

Dscn2860韓流ブームというのは我が国にとどまらず世界のカルチャーシーンに幅広く浸透しているようだ。何だか実感がないがビルボードにチャートインするくらいだからな。 欧州ではわからなけど北米では一定の支持があるようだ。そういえば「ブリジットジョーンズの日記」最終章でも「カムナムスタイル」が流れていたしな。欧州でも認知はされているのかもしれない。それはそれだけの話のようだが、困ったことに韓流の著名人は大小有れど反日ロビー活動を行っていることだな。拙僧のブログは「今起こっている政治的な活動」からは距離を置くのがスタンスなので話を展開させないが、そういうのに疎い我が国というのは残念でもある。

Img150レンズでも韓流が一定の市場を展開しているようだ。これが15年前だったらサムソンのミラーレス一眼なんて韓国人も使わなかったけど、野心的なラインナップと低価格で浸透しているらしい。共産中国のレンズも同様のようだ。以前であれば「こんなブランドのレンズをつけて恥ずかしい」というヒエラルキーが存在したが、グローバリゼーションの世の中では「ドイツ製」だの「純国産」などといったカビの生えた解雇主務を越えてくる。

何せ21世紀も20年も超えているのである。「ドイツの純潔なミューズの女神」などというのは1970年生まれの拙僧に先の第二次世界大戦を語るがごとしなのだろう。

それでフィルム時代のサムヤンもしっかり写るかというと、ちゃんとそんなことはありません。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (2)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »