« ニコン Aiニッコール85mmF2 | トップページ | 太陽堂光機 ビューティーフレックス »

2022年10月29日 (土)

コダック DC25

Dscn53161996年というと、今の10代や20代の方には「戦後に作ったカメラです」と注釈が説明が必要かもしれない。「戦後」というのも「太平洋戦争」とは限らず「湾岸戦争」とか「アフガニスタン戦争」のことかと思われてしまうかもしれないな。

今やコダックがデジカメを作っていたことを説明するのも怪しいが、「コダック」というのがどういったメーカー、ブランドなのかということも説明が難しい。映画のテロップで「Kodak」の文言が消えて久しい。今でも写真用フィルムを作っているが、とても高くて買えない価格帯になってしまった。「フィルム」というのも「写真用」と説明を入れておかないとスマートフォンの保護フィルムが頭に浮かびそうだ。

Dcx0001h_1

本カメラはコダックが(おそらく)最初に記録媒体にコンパクトフラッシュを採用したものだ。同時期に発売したDC20は内蔵メモリ機で液晶ビュワー非搭載だった。

それで喜んで撮影すると、コンパクトフラッシュに記録した画像が専用フォーマットで正常によむことができないのだ。

しかし、拙僧の記録フォルダにはそれなりに撮影した画像が残っているので、20年前は対応したビュアーソフトがあったのか、カメラにそういう設定があったのか、よくわからない。

なぜかというと既に処分してしまったからだ。20年前だったら値が付かなかった本カメラだが、試しにネットオークションに出したらそれなりの価格帯で旅立っていった。そういうケースは本カメラだけではなく、ひょっとしてクラシックデジカメを紹介したマンガかアニメがあるのかもしれないな。

 

コンテンツもご覧いただきたい。

|

« ニコン Aiニッコール85mmF2 | トップページ | 太陽堂光機 ビューティーフレックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニコン Aiニッコール85mmF2 | トップページ | 太陽堂光機 ビューティーフレックス »