2017年11月23日 (木)

覚王山アパート合同展示会

Dsc09885繰り返しで申し訳ないのだが、本日から日曜日まで、名古屋の地下鉄東山線覚王山駅に近い覚王山アパートで合同展示会を開催している。拙僧も昨日、展示をしたのだ。4名の参加メンバーの中で、無論モノクロ印画紙を焼いているのは拙僧ぐらいだな。モノクロオンリーに使用とも思ったのだが、やっぱりちょっと花がないなと思ってカラープリントを3枚キタムラでプリントした。

Dsc09884


概ね上段が水着女子、下段がスポット。つまり1枚しか写真を用意していないモデルさんのエリアにした。勿論、中央は「ガンガールズ」である。

Photo
センターはベビーブローニングの速射女子のカラープリントにした。カラシニコフ女子の写真をもう1枚くらい展示したかったのだが、スペースの都合上と同じモデルさんの写真が5枚貼ってあるので断念。拙僧は彼女が気に入っているらしくて展示できなかったプリントをアルバムに入れたのだが、圧倒的に彼女が多い。困ったものだ。

ちなみに印画紙は六つ切りが普通に期限キレで安く買ったバリグレードWP、四つ切りが期限が何時切れたか見当もつかない風化したリサイクルショップで500円で買ったフジブロFM3の100シートである。案の定、店員がデリカシー無く袋を開いたらしく感光していたが、1/4以上は大丈夫だった。ラッキーだったと個人的には思っている。

Dsc09886拙僧はプリントにゴミが写り込んでいたりプリントが傾いていたりしても大して気にしない。モデルさんの顔にゴミがついていたら焼きなおすが、ゴミに目がホールドされて魅力的なモデルさんに注目されない写真は最初からダメだというのが拙僧のポリシーだからな。それでダメだなと思われた、それは拙僧が下手だということだ。

実際、メンバーの中には真面目な方がいらっしゃって、ゴミが写りこんでいるとゴミしか目に入らないそうだ。彼は高校時代に暗室を経験しているので、そういうスタンスで写真を創作していたのろう。彼はデジカメの世の中になってもスタンスは変わらず、撮影後の画像にきめ細かな補正をするらしい。1枚の制作にとても時間がかかるようだ。しかし、確かに彼の写真の発色は正しく美しい。拙僧とはスタンスが真逆だな。

Dsc09887拙僧がお世話になっているのが「フォトクラブプレミア」なのだ。主催者の方とは会話があるのだがメンバー同士のコミュニケーションというのは今まで殆ど無かった。今回、展示の後に4時間くらい写真展や撮影、写真について語り合ったのだが良いものである。

拙僧も来年は真面目に(いやいつも真面目だけれども)露出とか考えようかなと思うようになった。つまり適正露出であれば絞りはF8かF11に固定、もしくはプログラムAEというのではなく、望遠レンズで絞りを開放にして背景をぼかすような露出だ。

今年も12月に2回の撮影会が控えているのだが、ちょっとは頭を使おうかなと考えるようになったのだ。いつも口は使っているのだが。

「xxちゃん、アイラインが凄く綺麗よ。ああ、この角度だとフェイスラインの柔らかさが引き立って最高だ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月30日 (土)

秋季名古屋中古カメラ・用品大バーゲン戦争

105_0582この秋も中古カメラ・用品大バーゲン戦争が名古屋で勃発した。拙僧の師団は辛うじて定数を満たしていたものの、なにせ今年はサバイバルゲーム関係のアイテムの為に大出血をしており、単車のタイヤのスリップサインも出ていた。将兵の戦闘意欲も低く、当初は参戦も回避しようかと思っていたのだが、参戦しなければそれはそれで惜しかった気がするに決まっているので駆逐艦”めいてつ”と大発を乗り継いでマルエイ高原へ向かう。

105_0583足取りは軽くなかったが戦場が近づくにつれ気分の高揚を抑えることができなかった。最前線の割と良い位置に布陣することができたのだが、前衛にキャリーバック片手の買い付け師団が陣取っており、これを迂回するのが機動の要になると思われた。大陸人の強奪部隊かと思ったのだが会話は日本語でLineは英語。ちょっとよくわからない国籍不明部隊だ。ともかく、10:00開戦である。

Dscn5289師団の斥候部隊はエスカレータを駆け上がった。1個キャリーバック旅団に先行を許してしまったが、その後に続くキャリーバック旅団は次々と脱落していった。戦場についた時は完全にイニシアティブを確保できたのだ。

しかし、今回はいささか拙僧の師団は狡猾さに欠けていたとしなければならない。最初の堡塁で200円のヘキサノン35mmF2.8(プリセット絞り)との戦闘とレジ待ちで師団の進撃は遅滞し、折角のイニシアチブを完全に失ってしまった。その後転戦するものの目ぼしい敵は見つからなかった。後で交流のある将官からの話ではペトリ製のカレナー28mmF2.8が800円で転がっていたそうだ。そういうのは本来拙僧の師団が打破するべき帝国主義軍であろう。

Dscn5290コニカ ヘキサノン35mmF2.8(コニカFマウント、プリセット絞り、200円)

シュナイダー クセノター105mmF2.8(シンクロコンパー・ボード付き、2500円)

コニカFS+ヘキサノン52mmF1.4(ボディ完全ジャンク、1000円)

キエフ17(1200円)

オリンパス OM2(スペシャル?、革ケース付き、1000円)

リコー FF-1(500円)

ISO400カラーネガx5(2015年期限キレ、100円)

カメラ冊子x3(200~300円)

Dscn5291もはやボディは増やさない方針なのだが、そこそこボディが増えてしまったのが反省点ではある。

クセノター105mmF2.8はシャッターも程度がよく後玉の枠が少し歪んでいるだけで光学系も綺麗だった。これでボードがホースマンプレスに対応していれば申し分ないのだが、まだ試していない。

コニカFSは完全に壊れていたが、そこそこの程度のヘキサノン52mmF1.4がついていたので確保。このヘキサノン52mmF1.4は以前落下で修理不能な破損をさせてしまったので思いがあるのだ。

Dscn5292キエフ17は絶対に使わないと思ったのだが、最近ソビエトモノの熱が再燃しているので確保。ひとまず撮影できるようだけど、酔狂で動員するかは未定。

OM-2は既に戦闘が終息に向かっている頃に確保したもである。これも余剰のある物件なのだが試しに革ケースから出して裏蓋を空けてみたらシャッター幕の保護シートが入っていてびっくり。よく見ると「SPECIAL」の刻印がある。しかし、ケースにはマーカーで適当に描いた「林」の文字があり、これは林さんスペシャルなのだろうか。色々と面白そうなので巻き上げレバーが若干怪しかったが確保。大抵のOM-1やOM-2の巻き上げレバーは大小の怪しさはあるものだ。

リコーFF-1は電池をつめたら動いた。今回の戦争で最も有効的な打撃はリコーFF-1かもしれないな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

「ガンガールズ」シリーズ

P6150025今回も日記系ブログである。割とだらしないブログなのだが、基本的にはテーマをカメラやレンズと写真や感材の話題や派生する話題に限定している。最近、ちょっとブレているのを自覚している。オートバイの話になるときもあるが、それは意図的にボルトアクションとして組み込んでいた。が、しかし、最近はなし崩し的に日記系ブログになってしまう。アラフォーのおっさんの日記なんて誰も読みたくないから、気をつけないと読んで下さる方に申し訳がない。

P6150035確かに最近、カメラやレンズを買うのは極端に減ったのだが撮影はマメに行っている。そもそも、全く買わなくても2~3年は余裕でネタに困らないほどカメラはヤードに転がっている。理由はちゃんとしたコンテンツをつくる時間がちょっと作れないのだ。もっとも、その理由が静岡県の天竜・南アルプス方面の二泊三日のキャンプツーリングだったりするのだが、そういう理由で日記がぶれるのに眉を顰める読者の方は少ないだろうが、やっぱりカメラやレンズの話題が少ないとバランス的に好ましくないよな。

Dsc_0814この3週間ほどシリアスな撮影はしていないが、再来週あたりから始まるキャンペーンの準備はしている。最近、熱心なのは「ガンガールズ」というシリーズで、要するにモデルさんにガン(拳銃)を持ってもらうシリーズだ。これは個人的には非常に興味深く、ガンを扱う簡単なレクチャーを行うのだが、すぐに入って様になるモデルさんと、なかなか入ってこないモデルさんがいる。ガンとフィットしないモデルさんの写真もそれなりに良いものだが、やっぱりビシッと決まるとカッコいいよな。

裏ブログで「美女とチープガン」というシリーズを立ち上げたのだが、何せ本ブログがこの状態なので手つかずである。

Dscn4303それで数種類の廉価なトイガンを手に入れれば幸せで済むのだが、拙僧のことなのであっという間にこういうことになってしまうな。

Dscn4302_4ハンドガンやぎりぎりサブマシンガンはともかく、撮影場となる公共の公園で長物のライフルをモデルさんに持っていただくことなんンて極めて不可能なのだが、一度エンジンに火が付くと止められない拙僧だ。この1カ月で5ダースはガンが集まったな。大陸製の安物も含めて。完全に病気である。

Dscn4304それで資金面が何とかなっているのはカメラやレンズの大粛清が追いついているのだ。幸い、フィルカメラが本当にちょっとしたブームになっているので、それなりにさばけるのである。

世の中、割とうまくいくのものだなあ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争:戦果報告

Dscn7387最近、我が国の1930年代に再注目しており、「美濃部達吉の天皇機関説」や「ノモンハン事件(ハルハ河の戦い)」を引っ張り出して、面白そうなコンテンツを書こうと思っていたのですが、諸般の事情で余力なく、先の大戦の戦果報告も簡単にさせて頂きます。

ちなみに、この画像には「ニコン AF-Sニッコール 18~200mmF3.5~5.6G VR(動作チェックOK)」が写っていません。既に実戦配備したので。

Dscn73292017年春季「名古屋 中古カメラ・用品大バーゲン」戦果 :

・ニコン AF-Sニッコール 18~200mmF3.5~5.6G VR(500円、動作チェックOK)
・ニコン オートニッコール テレフォト-ズーム 8.5~25cmF4~4.5(1200円)
・ニコン Aiズームニッコール 35~135mmF3.5~4.5 (200円)
・コンタックス バリオゾナー 80~200mmF4(3000円、埃多し、ヤシコンマウント)
・オリンパス ズイコー オートズーム 35~70mmF3.6 (100円)
・シグマ 50mmF2.8マクロ(100円、ヤシコンマウント)
・シグマ 18~35mmF4.5(300円、αマウント、元箱付き)
・マミヤ セコールズーム 55~110mmF4.5(1000円、マミヤM645用)
・フジ写真光学 フジノン.W 150mmF6.3(1000円、木製ボード、セイコーシャッターNo.1付き、動作チェックOK)
・コニカ アイボーグ(500円、動作チェックOK)
・コダック レチナIa(300円、貼り革剥がれ、動作チェックOK)
・ミノックス 35EL(1000円、未チェック)
・ペンタックス エフィーナ(500円、未チェック)

・マミヤRB用TTLファインダー(1000円、未チェック)

・フジフィルム 記録用カラーフィルムISO400/36枚撮りx2(100円、2006年期限キレ)
・フジフィルム 400スーパー24枚撮りx1(100円、有効期限不明)
・フジフィルム ネクシア400/25枚撮り3本パックx1(100円)
・レンズキャップ&ボディキャップx20 (100円)
・ストラップx1 (100円)

・ニコン 肩がけ・背負い(リュックサック型)両用大型カメラバック (1800円)

・カメラ毎日1980年2月号 (200円)

Dscn7439_2まだ、ごく一部しか整理していません。どこから手をつけていのやら。多分、ミノックス35ELはダメでしょうねえ。

しかし、あれだけの大混乱と凄惨な戦場を進撃した割には、意外と出血は抑えられた気がします。合計、15200円の出血は敵に与えた打撃に比べれば健闘と言えるのではないでしょうか。

このところの名古屋の戦争は戦火の縮小になる一方でした。しかし、本当にフィルム写真の再興の動きはあるようで、セラーもバイヤーも熱い戦いでしたね。開戦1時間後の11:00には、既に戦場の全てのジャンクコーナーにめぼしいものは残っていませんでした。嬉しいことにniconico殿と合流し、吉野家で「うな牛丼」という満足な補給を受け、お互いの戦果報告をした後に、niconico殿とは矢場町で分かれました。しかし、拙僧が我ながら馬鹿じゃないかと思うのは、上記の装備で、まずはレモン社名古屋店とキタムラ中古買い取りセンター名古屋店を眺めた後、スナップ写真を撮りながら大須のコメ兵に向かい、コメ兵が休みだったので、栄に戻って午後から戦場に再突入したんですよね。新宿から大久保まで歩いて新大久保経由で新宿に戻ってきたようなものだと思って下され。

Dscn7555しかし、午後に至っては既に戦場はペンペン草も残っていない程、荒廃していました。なので、1個100円のボディキャップやレンズキャップを買いあさったんですよね。最近の大粛清で気づいたのは、レンズキャップやボディキャップをしていないとレンズやミラーに埃が堆積して厄介なんですよね。今更、気づくかよって感じですが。

前回の報告では「ニコン オートニッコール テレフォト-ズーム 8.5~25cmF4~4.5」で近距離からの直接標準で大口径カノン砲を直撃した話をさせて頂きましたが、同じ戦場で重榴弾砲の脅威に曝されました。

Dscn7559それは既に撃破したブツをレジでカウントしてもらっている時にジャンク籠に戻って発見した「コンタックス バリオゾナー 80~200mmF4」ですな。3000円?うわっ、高けえ!と一瞬思ったのですが、冷静に考えれば、そんな値段で転がっているブツではありませんな。拙僧も着弾の爆裂音と硝煙で正常な判断に支障が発生していました。

見ればブツは外観・レンズとも綺麗で、ズーミング・フォーカシング・絞りの動作も正常なようだったのですが、後群に堆積した埃かごく薄いクモリのような物が発見できました。しかし、この程度のクモリならプラナー50mmF1.4なら3万円以上で普通に転がっています。一瞬の躊躇が戦場での生死を左右します。速攻ゲットです。休息は戦後に持ち越し。まずはロクにチェックなんてしないですから、レジのカウントの最中に、カウンター台の上のブツを、可能な限りの動作チェックします。時間との闘いで我が師団の荒廃は決するのであります。

他に木製レンズボードの「フジノン.W 150mmF6.3」とか、話を広げればきりがないのですが、何せまだ2割も満足にチェックしていないので、今回の報告はここまでで、ご了承頂きたい。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争:速報

Dscf4090昨日、大戦に突入した我が師団は消耗しきっており、現在経っても損害を把握していません。というのは、最近は戦線拡大を制止し、それが有効に活用できるブツなら少なからず損害を出しても、ピンポイントで重要な標的を確保するも、安物のジャンクはスルーという師団運用要領だったんです。なので、ショウウィンドウの中のフィッシュアイタクマー17mmF4やSMCペンタックスFA50mm2.8マクロなど、重要な標的に絞って活動を行っていたんですよね。

Dscf4093_2ところが、折しもフィルム回帰の傾向で民族解放同盟の参戦が多い一方で、敵諸王国連合の惜しみない人海戦術に翻弄され、熾烈な速度戦に陥ってしまいました。早々に、軽装備の警戒・偵察部隊は本格的な戦闘を開始し、簡単なチェックのみで敵戦車・将兵を両脇に抱え、拿捕した敵軍をレジに追い詰めてから、店員が値段をチェックする間に、レンズはクモリが無いこと、カメラは巻き上げてシャッター・絞りが動くことのみを確認し、次の戦場に進撃する暇もない無停止突撃の再来でした。

Dscf4094_4最近、フィルムのムーブメントが小規模ながら発生しているのは本当のようでした。このところの中古カメラ市では開戦20分も前に到着すれば最前線か少なくても同盟軍からイニシアチブを奪える前線近くに陣地を設置することができたのですが、今回は結構な同盟軍が既に陣地を展開していました。しかも、単身女子を複数確認。彼氏の付き合いではなく、単身女子を発見したのは、極めて稀じゃないでしょうか。拙僧も「エスカレーターと飛び石作戦」で、それなりに警戒部隊を先行侵入することができたのですが、目の前のフェイクレザージャケットの若者は「2段跳び」などで強行突入しており、流石の拙僧も後れを隠し切れませんでした。

戦場に到達した時には民族解放同盟が既に3個軍は展開していましたね。

Dscn7336最初の1ブロックを突破した拙僧の強襲警戒部隊は2ブロック目で完全に停止してしまいました。熾烈な敵のパックフロントからの攻撃です。何とこのプライスタグ。綺麗なシグマ90mmF2.8(100円)、新同品元箱付きZEN崩れ無しのシグマ18~35mmF3.5~4.5(300円)、AF-Sニッコール18~200mmF3.5~5.6G(500円、リアキャップ付き)。なんなんだ、この敵の先鋭部隊の捨て身攻撃は。拙僧の主力部隊は完全に足止めされました。もう、真面目にチェックしている場合ではありません。極めて簡素なチェックで光学系に問題が無く、フォーカスリングとズーミングと絞りが動いたら、速両脇に抱えました。

限定的な攻撃という当初の作戦要領は吹き飛び、師団は大混乱。久しぶりに「全ての脅威を排除し、無停止突撃」の号令の発動となりました。

Dscn7328大戦翌日の現在に至っても損害、戦果の確認は出来ていません。しかし、いくつかの戦果を報告します。まずは、「オートニッコール テレフォトズーム 8.5~25cmF4.5」です。あっしは、その異様な風体の重戦車はスチルカメラ用のレンズではないのではと勘ぐりましたよ。しかし、Fマウントのカニ目がついている。これは、ニコンのズームレンズとしては極めて初期のものですな。まだ、ボディにつけてもいないので何かしらの不具合があるかもしれないのですが、経年にしては立派な光学コンディションで1200円。なんだか、ニコン歴史のマイルストーンとしてだけでも損害の価値がありそうですな。

ちゃんとしたチェックはこれからなのですが、どうも、今回の戦争はいつもと違う、そんな予感がします。

Dscn7326他にもマミヤM645用55~110mmF4.5(1000円)とか、バリオゾナー80~200mm(ヤシコンマウント、3000円)とか、随分な撃破・鹵獲品があるのですが、現在に至っても師団内は混乱しており、詳細な報告は後日とさせて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

2017年名古屋中古カメラ・用品大バーゲン春季戦争

Img_0513桜の花が咲き始めた頃、拙僧の師団にも通達が届いた。今年、初めての戦争である。拙僧の師団は師団長兼妻による大号令の元に振幅はあるものの粛清の真っ最中だ。それで全くことが進んでいないかというと、そんなこともないので、師団はそれなりに定数を満たしていた。しかし、師団長の知らぬとことで拙僧は要らぬ大出血をしていたので、現在も作戦規模の動員が可能かどうかは微妙である。

Dscn7150例えば、こんなブツである。SMCペンタックスFA50mmF2.8マクロ。これはレンズ内に明確なゴミが1点確認できるので、少しは安かったが、基本的には半年の保証が効くような物件だったので、1度の会戦の半分ほどの損害が発生した。それでも欲しかったのは、最近の拙僧がポートレイト撮影に熱心で、50mmF2.8という焦点距離と明るさは魅力的と判断したのだ。拙僧はマクロレンズは大きい拡大率に対応するため、緻密な描写をすると信じている。

Image92レンズやカメラを買うばかりではない。ヘリコイドグリスの固着したマミヤM645用のセコール45mmF2.8をOHした。価格帯は1.5万円。これは拙僧の師団の1回の会戦を行いのに十分な動員だ。ジャンクで拾った本レンズは最初からヘリコイドが重かった。それでも、1000円だか2000円高だったので気にもしなかった。これが、恐らく頻繁に使っていたら固着は避けられたのかもしれないのだが、稼働率は圧倒的にペンタックス645Nが高かった。ペンタックス645Nは本当にいいカメラだからな。

Dscn7098それだけではない。最近の拙僧はポートレイト撮影でも「ガンガールズ」というシリーズに挑戦しているのだ。そのうち撮影会の主催者の友人に怒られると思うのだが、今のところは呆れているが一緒に撮っている。

先日、モデルさんに拙僧のグロック17のガスガンを持っていただいたら「重ーい」と、ちょっと大変そうだったのである。なので、もっと軽くて見栄えがおもちゃでないモノを確保しようとネットオークションやリサイクルショップ巡りを久しぶりに始めたのである。一度始めたら、拙僧の師団は無停止突撃だ。瞬く間に戦場は炎上した装甲車両で埋め尽くされた。

現段階では、それなりに戦争に備えた動員は目処が立っている。しかし、最近の拙僧はジャンク漁りも、少し単価が高くなっているので、「まあ、今年はレンズを買うのはこれが最後だと思うし、ちょっと頑張るか」などと言って大出血を被りながら、最後になったためしがない。

とにもかくにも、今日の10:00。開戦である。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

本年もお付き合いありがとうございました

Img_7934ああ、気づいたら今年も最後ですな。本年も拙僧の稚拙なブログやコンテンツにお付き合い頂き、ありがとうございました。来年も是非、よろしくお願いします。

自分で言うのも何なのですが、拙僧のブログやコンテンツの文章は稚拙なのは致し方ないとしても、割とこじらせているので読みにくいですよね。あまりマジな方やヤカラに絡まれるのが嫌なので、しばしば「無関係な角度から切り込んで最後に本テーマに強引に戻す」というのは意図的にやっているのですが、角度のエッジが利き過ぎていて何が何だか分からないケースが多々あると思います。

こんなブログですが、お付き合い頂いているのは皆様の寛容のお陰です。

Image11拙僧は、あんまりブログのアクセス解析は熱心ではないのですが、それでもタマにはチェックする時もあります。本ブログの想定読者は「関東圏在住の40~50代の割とカメラやレンズを悟ってしまった方」なのですが、アクセス解析をすると、しばしば10~20代の方が半分くらいの時があるんですよ。30代の方も含めると2/3くらいを占めることがある。そう言う方々に「三式単戦”飛燕”の動体保存」とか「ウクライナ人が放り投げた中途半端な状態の航空機搭載型重巡洋艦をでっち上げた練習空母”遼寧”」とか「R1-Zときたら2日に1lの2stオイルを消費するんだけど、乗っていた方やガンマやRZR乗りの方が”そんなもんすよ”と仰るので、そういう単車なのだろう」という話を面白く感じて頂けるのか凄く不安なのですが。

Image28ちなみに、どんな話題がアクセス数が多いかというと、これは圧倒的に「チノン」です。通常の3倍というシャア少佐のザクくらいのパフォーマンスがありますね。「水着モデルポートレイト撮影」よりも遥かに打撃力がある。拙僧のブログはネット検索で引っかかるケースが多いので、デジの世の中でも「チノン」に癒しを求める方が多いのでしょう。

Image30なので、チノンのコンパクトカメラはジャンク籠に転がっていたら積極的に拾うのですが、セラーも分かっていてニコンやキヤノンのコンパクトカメラは200円なのにチノンは1500円だったりするんですよね。敵も侮りがたし。

Img_7997ネット検索という意味では、割とメジャーなカメラでもYahooで検索すると拙僧のブログかコンテンツがビックリするほど上位に位置することが少なくないんですよね。別に自慢じゃないのですが、ブログの場合は継続的にニフティのココログを使っているので問題ないのですが、コンテンツはフリースペースを渡り歩いていたので、現在は更新していないか消滅してしまった場合が多いんですよね。なので、ニフティの有料のスペースを用意して引っ越しをしているのですが、遅々として進みません。でも、あんなにYahooの検索エンジンが拙僧のブログやコンテンツを評価しているのですから、ちゃんとしたいですよね。

やっと今年の総括と来年の方向性ですが、ポートレイト撮影に舵を切っています。世知が無い世の中なので、街中をぶらぶらスナップをするのがしんどくなってしまったんですよね。今のところ文句を言われたことは無いんですが、商店街の監視カメラには確実に写っているので、いつ難癖をつけられることやら。

今のところは「祭り」というのは撮影OKになっていますが、そんなに遠くないうちに制限されると思います。

それでモデルポートレイト撮影に力を入れているのですが、ちゃんと現場でカメラが壊れるんですよね。なので、最低でも半ダースのボディは用意します。全く困ったものだよ。同じカットがカラーとモノクロで並んでいますが、カラーはEOSキスデジX4+EF40mmF2.8でモノクロはペンタックスSP+スーパータクマー55mmF1.8ですな。

Image36

それで、どうかというと抜群にスーパータクマー55mmF1.8ですよ。EOSキスデジX4は写りすぎ。モデルさんの写って欲しくないディテールまで再現するんですよね。やっぱりデジ一眼レフは600~1000万画素級が具合いい。そして、最も具合がイイのはモノクロフィルムだ。

なので、来年もモノクロフィルムを臆せずに消費することを宣言します。

とはいえ、感材が高くなったので、水のようには使えませんなあ。

よいお年を。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

名古屋歳末中古カメラ・用品大バーゲン戦争開戦

Dscf1004この2~3ヵ月の例のない大粛清でカメラ・レンズを200台近く処分している。個々は大した金額ではないのだが、なにせ量が多いので気づけば纏まった運用資金になっていた。これならば師団の定数を十分に満たし、予備の部隊も編制できる。なので、今回の戦争では重装備の空中強襲旅団を編成し、敵の帝国主義諸国連合の背後を完全に駆逐するつもりでいた。
ところが開戦前日にヤシコンのプラナー50mmF1.4と壮絶な打撃戦で師団兵力は完全に消耗してしまい大規模な強襲作戦は事実上不可能になった。なので、開戦前からの待機する速度戦も控え、戦争の勃発から30分以上も経過してから戦場に到達したのである。

Dscf1005_2戦禍報告:

コムラノン24~35mmF3.5(Fマウント)3000円
シグマAF18mmF3.5(EFマウント、激しいベトつき)3000円
シグマ35mmF2.8(OMマウント、旧フォント)3000円
書籍4冊

他にシグマAF18~35mmF3.5~4.5(EFマウント)3000円も欲しかったのだが、とにかく1カ月以内にまとまった出費の予定があるので無念の撤退。

先日の撮影会で動員したマミヤ645用の45mmF2.8のヘリコイドが固着していたのに、毎度のことながら前線で気づいたのだ。ヘリコイドのグリス交換となると自分ではできないのでキタムラの馴染みの店長に日研テクノの相場を聞いてもらっているところだ。安ければ7000円くらいだというので、それなら直すのだが、新宿の中古カメラ屋なら普通の中古で6000~8000円のブツだから悩みどころである。そもそも、拙僧のブツだってジャンクで2000円だかで拾ったものだしな。

それで名古屋の中古カメラ市だと、いくらだろうと探したら1.6万円もしたよ。足元を見られているなあ名古屋人は。

面白いのは「調整済」「OH済」「関東カメラサービスOH済」と状態をランク付けしているブースがあったのだ。確かにOH済って言いながら「どこをどうしたんだよ」って物件もあるから、「関東カメラサービスOH済」って書いてあると、少しは財布の紐が緩むだろうな。デジカメ時代の名古屋の方々がピンと来るかは分からないけど。

Dscn6067
それに、もしかしたら来年の1月の初めの方に3泊程度で台湾に旅行に行くかもしれない。何かと入り用なのだ。

なのに、帰りのキタムラ中古買い取りセンター名古屋店でソニーのE16~50mmF3.5~5.6を取り置きしてもらっちゃった。NEX5のレンズが1本もないんですよ。

Eマウント->ニコンFマウントアダプターを借りたので、試しにニューニッコール50mmF1.4をつけてポートレイト撮影をしてみたんですが、画像を拡大したフォーカシングなんて、拙僧のリズムに合わないので、やっぱりAFの利くレンズが1本くらいは欲しいんですよね。

ソニーは肌に合わないので展開するつもりはないのだが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

名古屋歳末中古カメラ・用品大バーゲン戦争

Dscn6038今年、最後の戦争への参戦通知が来た。このところ、師団内では過去にない大粛清の嵐が吹いており、お陰で資金的には師団の定数を概ね満たしている。現段階の戦力を維持すれば、今回の戦争では、思うような戦闘行動が実践できそうだ。

Dscn5814もっとも、師団の戦闘資源維持は必ずしも楽観的ではない。なにせ、この1カ月以内にニコンD70は液晶ビュワーが非表示になるトラブルが発生し、代わりに久しぶりに動員したソニーα100のバッテリーはパー。代わりの動員したキヤノンEOSキスデジNは、そもそも、ちょっとAFが不安定気味だったのだが、前線のポートレイト撮影会でとうとう使い物にならなくなった。怒りをもっとくれ。

Dscn5766 α100のバッテリーはアマゾンなりで非純正バッテリーを格安で手に入れるとして、問題はニコンとキヤノンだ。ニコンはAFをシャフトとカプラーで動作する旧モデルでないと困る。無論、高級機種は論外である。そうなるとD70、D70s、D50に選択肢は狭まるのだが、この種のカメラはジャンク籠で3000円くらいで拾うのがトラッドだろう。しかし、今更、D70がジャンク籠に転がる可能性は低く、キタムラネット中古で9000円も出して買った。ネットオークションでも、普通に7000円越えなのだ。

Dscn5944それは苦渋の選択としてもEOSキスデジN の後裔機はしばらくほっておくことに決めていた。キヤノンのレンズは、これといって使いたいレンズはEF50mmF1.8とEF40mmF2.8くらいだからだ。しかし、結局、EOSキスデジX4をキタムラ中古買い取りセンター名古屋店で確保してしまう。ニコンと違ってEOSキスデジは安いのだ。

その上、全く稼働していないNEX5用にE16mmF2.8でもつけようかと模索中。あまり評判がよろしくないレンズなのだが、ライカ判換算で24mmというのは、ちょっと興味がある。別に拙僧はPCで画像を拡大して細部を眺める趣味は無いしな。

なので、開戦まで師団の戦力を温存できるかは不安定だ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

秋季四季の森モデル撮影会作戦

Imgp3693実は、今回はクールピクスS200を掲載する予定だったですが、ちょっとコンテンツが間に合わなかったんですよね。クールピクスS200なんて、ちょろっと書けばいいじゃんって話なんですが、とにかく間に合わなかったんですよ。なので、先日、友人の主催する撮影会に参加した話を展開させて頂きます。よくよく考えると、クールピクスS200よりも、はるかに興味深い話ですよね。

P1140807それで、少し涼しくなったし、季節的にはおかしいのですが、モデルさんにウシャンカをかぶって頂いたんですよ。ウシャンカってのはモンゴル人やロシア人が冬に被る毛皮の帽子のことです。画像を観て頂ければ、「ああ、あれね」と分かって頂けると思います。で、ちょっと悪乗りをしてテーラーズジャケットも羽織ってもらったんですよ。なんだか、カザフ族やウィグル族っぽくていいんじゃないかなと思ったんですよね。撮影会も毎回、同じようなカットが多いのでファッションも季節感もずらしたかったし、モデルさんのちょっと戸惑った感じもチャレンジしてみたかったんですよね。

Imgp3794日本人女性にカザフ族の恰好をさせるというだけで、妻にはかなり叱られたのですが、発想としては悪くないと思ったんですよ。でも、なんだか、ちょっとノリに違和感を感じたんですよね。

それで、その友人に軽く謝罪したのですが、つまり「モデルさんに帽子をかぶらせて帰ってからにおいを嗅ぐ連中がいるから、知らない人の帽子をかぶるのに抵抗があるモデルさんもいらっしゃる」って返信が返ってきたんですよ。

正直言って、そんな発想は拙僧には全く浮かばなかったんですよね。でも、確かに、その通りだと思うんですよ。そんな変態はいるし、モデルさんは警戒して当然だと思うんですよね。率直に拙僧にデリカシーが無かったのを反省しています。

普通に街中をスナップしているだけで職質されて、下手をすると駐在所まで連れていかれちゃう世の中じゃないですか。それで、ネットでの露出を了解していただいているモデル撮影会を最近は重視しているんですが、当然のことながらマナーがあります。今回の話は完全に拙僧にデリカシーが欠けていたのですが、謝罪をして反省して次回から気をつけることで済むと思うんですよ。それは問題が軽いからではなくて、主催する友人やモデルさんが寛大だからです。

でも、スナップで職質されちゃうと寛大というわけにはいかないですよね。

今のところ、祭りや観光地ならカメラをブラブラさせても問題にはならないけど、それも何時までかはわからないですね。拙僧は「叱られたら謝る」という程度に考えているんですが、世の中は遥かにナーバスなんですよね。

正直、写真なんて辞めちゃおうかなと思うこともあります。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧