2015年7月15日 (水)

キャンプツーリング演習

R0010001本稿公開時には拙僧は北海道を満喫しているかトラブルで泣いている筈だ。せめて天候に恵まれてほしいと祈りながら、予めブログを描いている。

拙僧もキャンプツーリングは5~6年ぶりだから、予め演習をしておかないとな。今回の話は北海道上陸前に作戦を想定した演習を近場で行った話である。

R0010002まずは装備を積まなければなのだが、拙僧はどうしても荷物が多くなってしまうので、このような夜逃げ状態になってしまう。3週間にも及ぶツーリングで半分以上はキャンプを想定しているので、どうしても装備は削れない。悪天候も想定しなければだし、8月だって雨が降れば凍える程、北海道は寒いから寒さ対策だって必要だ。

R0010005テントは「BUNDOK BDK-17 ツーリングテントA」という安物で、アマゾン価格は送料込みで4300円と驚きの安さ。これが使い物になるのかも演習の重要な目的だ。テントのインプレッションについてはサブブログにまとめたのでご覧いただきたい。

R0010010演習場は首尾よく近場に無料キャンプ場を見つけたのでラッキーだった。点在する街頭とトイレ、飲用不可の井戸しかないのだが十分である。水を確保するために片道6km程、単車を走らせなければならなかったのだが、こういう事態も想定しないとな。今回はあくまでも演習なので米を焚いておかずは秋刀魚缶のみ。あとはインスタント味噌汁とコーヒーくらいなので2Lのミネラルウォーターを1本確保した。あとは勿論、ビールだ。

R0010023拙僧はキャンプでもそこそこ調理をするので調味料は必須である。今回はあくまでも演習なので使わなかった。

R0010017今回の演習で良い教訓になったのが、予備ガソリンタンクは不要ということだ。CRMでは必須の予備タンクもジェベル250XCでは、まず必要あるまい。かなり重いし嵩張るので装備から外すことができるのはアリガタイ。

R0010031何はともあれ米である。米を焚くというのは、なかなか重要な儀式なのだ。これの成果が旅の疲れを癒すのに大いに影響する。拙僧はコールマンのガソリンストーブを使うので、火が強いのがコツがいるところだ。音と香りで水が全て蒸発したタイミングを探るのである。

R0010039結果は思いのほか上手く焚けた。感は鈍っていないモノだなあ。

折角の北海道なので美味いモノはケチらない予定だが、このキャンプでも炊事もツーリングの重要なアクセントなのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

リコー G600 と ニコン クールピクス3200

Dscn1114明日のフェリーで北海道に出発である。8/5着のフェリーで返ってくる予定なのだが、どうなることやら。本ブログも当面、リコメントができないのだが、御了承いただきたい。予めコンテンツを貯め込んでいるので更新は行う予定である。ただ、週1回の更新になってしまうかもしれないが、重ね重ねご了承いただきたい。

Dscn1098ロングキャンプツーリングに持っていくカメラとなると限定される。最終的に動員したのはリコーの「G600」と予備でニコンのクールピクス3200である。もう一台、予備でキャプリオG500ワイドを検討したのだがパッキングの都合上装備から外した。

Dscn1115G600はいわゆる工事カメラである。なので防水・耐衝撃性はお墨付き。雨にもさらされ、転倒の危険もあるツーリングには最適だ。この個体はジャンクコーナーでも高くて2000円くらいした。なので一度はスルーしたくらいだ。しかし、この種のカメラは高いし何よりスイートなのは、コーティングは剥がれまくりだがワイコンが付いていたのである。これで広角側は28mmから22mm相当になる。これまた、ツーリングの一人旅にはピッタリだろう。電池はパナソニックのルミックスDMC-FX01やフジフィルムのNP-70と互換性があるもので、手持ちに幾つもあるしな。充電器は持っていかない。基本的にはキャンプツーリングなので充電は制限されるのだ。

Dscn1136クールピクス3200は防水でもなんでもないのだが、小さいのと単三型電池2本で稼働するので予備とした。ちなみにG600も単四電池2本でもひとまず動くようだ。

SDカードは2GBを2枚だけ。G600だと2GBで450枚くらい撮れるから十分だろう。

では行ってまいります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)