2019年3月23日 (土)

旭光学 ペンタックスSP

Dscn6699今回もカメラ史において重要なマイルストーンである。というか今更って感じだな。しかし、実際のところ、後年のコシナのベッサフレックス(新)は別として、安心して使えるプラクチカマウントのボディとなるとペンタックスSPシリーズということになるんじゃないだろうか。意外と本家の東ドイツ製のプラクチカは使える可能性が高いけど、ソビエト製となると撮影自体がおみくじでも引いているような楽しさになってしまうし、ヤシカはダメだ。フジカもモノによっては使い物になるのだが、急激にコストダウンが露わになってしまっているのでイマイチ戦場で背中を任せられないな。オリンパスFTLとか色々あるだろうが、やっぱりペンタックスSPシリーズの安定感にはかなわないだろう。

Dscn1592なので拙僧は本カメラの事を「一眼レフカメラの標準器」としたい。様々な意見がおありだろうが、拙僧は本カメラが大衆機として広く浸透した点に重心を置きたい。確かにニコマートFTNは良くできているが、当時、気さくにニッコールレンズが買えただろうか。

そういう大衆的な愛好家が多いからかペンタックスSPシリーズには蛇革のブツが時折散見できる。これがペンタックス(旭光学)の純正サービスなのかショップカスタムなのかはわからないけど、庶民に近いペンタックスとはいえ、高価なものには変わりなかっただろうから、何かと見栄を張りたくなっちゃうのかな。三河にも多そうだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

タムロン 19~35mmF3.5~4.5(Fマウント)

Dscn6013本レンズは2004年ごろに棚ずれ新品で確保したものである。価格は半値で1.5万円程度だったと記憶する。当時はデジタル一眼レフカメラも撮像素子はAPS判サイズで600万画素級が主流であった。価格も決して安く無かったから本レンズのレンジでいつか現れるライカ判フルサイズのデジ一眼レフカメラを夢見た方もいらっしゃるだろう。

Image17確かに本レンズの稼働率はそれほどでもなかったのだが、逆に言うと妻との旅行写真などには動員した。19mmから始まるズームレンズというのは当時でも「超広角」というには難しい代物であったが、拙僧のようなコシナ20mmF3.8で楽しい思いをしたオールドタイマーにとっては夢見るものだ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

カールツアイス プラナー50mmF1.4

Dscn6060「空母いぶき」という「かわぐちかいじ」さんのマンガがある。読んでいないので内容には触れないが、最近の半島との外交や海上自衛隊の航空機搭載型護衛艦の空母化と極めてリンクしているのが興味深い。もっとも、現在の「いずも」や「かが」にF-35Bが離着陸できても、それは「固定翼機運用化の実現」ではあっても空母化というのは、ちょっと大げさ過ぎるんじゃないかな。要するにメディアの左利きの方々がセンセーショナルな出来事にしたいのだろう。

Image35実際に我が国がひとまず「V/STOL機であろうとも固定翼機が離着陸できる護衛艦」 を保有するのは大いに意味があるとは思う。無論、「いずも」や「かが」をいくら空母風にしたところで機動打撃軍を編成するには至らないだろう。しかし、きたるべき「マジな空母」の登場の為に十分な運用実績、要するに訓練するのには初めの一歩として偉大なる一歩になるんじゃないかな。共産中国の「遼寧」だって練習空母という位置づけだ。

実際のところ我が国の排他的経済水域を守るとしたら空母よりも対潜水艦システムになるだろうが、何しろ「空母」という言葉の響きにはブランド力がある。耳に心地いし視覚的なインパクトは圧倒的だ。 国際観艦式だって見栄えが良い。日本の空母を好意的に受け入れるアジア諸国は少なくないだろう。空母なんて1隻では殆ど効力がないのだがタイやブラジルがひとまず空母を持っているのというのも国威発揚とか周辺国にハッタリをかますとか、そういう価値がある。

今は知らないがかつてはソビエト海軍の所有する空母に見えるモノはキエフ級にしろワヤリーグ級にしろ「航空機搭載型巡洋艦」だった。何故かというとトルコとの条約でボスポラス海峡は空母を通過させないことになっていたからだ。ソビエトやロシアが丁寧に守っているのは不思議だが、とにかくソビエトでもっともマシな造船所のあるクリミア半島のニコライエフから出向するのは空母ではない。しかし、視覚的なインパクトという点ではまぎれもなく「空母」なのでなんだ問題はないだろう。

Image114やっとカメラやレンズの話になるのだが、カールツアイスというのは十分に空母といえるブランド力がある。カールツアイスから発艦するプラナーは、さしずめ海軍型F-35Bといったところか。いや、時代的には「AV-8BハリアーII」かな。

実はコンテンツで本レンズをあまり褒めていないのだが、ハリアーIIだと思うとしっくりくる気がするな。ハリアーIIは決して「戦闘機の帝王」でもなければ「偉大なる標準」でもない。ユニークなパフォーマンスを発揮するが、運用はデリケートである。プラナーでなければ写真のクオリティが落ちるとしたら撮影者の問題だろうが、確かにハリアーIIならではの結像力や調子はあるだろう。コンテンツには書かなかったのだが本レンズは「女神さまなど宿っていないがいいレンズ」なのは確かだろう。

「空母いぶき」もブックオフで安く転がるようになったら読んでみたい。本レンズも安いうちに買いたかったが他のヤシコンマウントのレンズほどではないにしろ、ちょっと高く買ってしまったのが残念だ。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

ミノルタ α3700i

Dscn5789「機能をギリギリまでそぎ落としたのが逆にカッコイイ」と言うのがある。例えばヤマハSDR200辺りだが、オフ車ベースのキレッキレの200ccの2stパワーソースに見ていて不安になるほど細いパイプのトラスフレームで見ていて痺れる。勿論、あらゆるシチュエーションでホンダNSR250やスズキガンマ250より速いわけはないのだが、その潔さに独自の美学を感じてしまうのものだ。

ヤマハはそういう「独自の美学」を大切にする会社で、シンプルな空冷単気筒のSR400を長いこと生産していた。残念ながらエゲツナイ排ガス規制で一度は生産終了となったのだが、どうやらエンジェクション仕様にして復活するそうだ。シンプル至上のSR400がエンジェクションになるのは寂しい気もするが、それでも生産を続けるというのはヤマハの男気にフォロワーは感謝しているだろう。

Dscn5792カメラの分野でも「機能をギリギリまでそぎ落とした」というモデルは存在する。有名どころはプログラムAEのみの一眼レフカメラであるキヤノンのT-50だ。カメラの場合は美学やコンセプトというよりは「はっきり言ってコストダウン」の為なのだが、それはそれで潔くカッコイイなと思ってしまったりもする。

本カメラの2ラインだがプログラムAEのみのエントリーモデルだ。しかし、シンプルな軍艦部やエッジの効いたデザインで結構カッコイイのである。

ただ、困ったことに本カメラの生存率は低い。どうも、ミノルタの4桁シリーズ(α7700iを除く)や3桁のsiシリーズの生存率はやたらと低い気がするな。

あれば格安なのだが、祈るような気持ちで手に取るのも一興である。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

ヤシカ ヤシノンDS50mmF1.7

Dscn2698ああ、コンテンツは作ったのにブログを更新するのを忘れていました。取り急ぎなので短いブログになりますがご了承ください。

Imagey22ヤシカの技術と言うのはレンズ先行と言う気がしてきました。本カメラはヤシカTLエレクトロに付属していたらしい。どうも富岡光学生と言う噂もあって、そうだったら嬉しいなろいう感じだ、写り具合はメリハリがあって実に好ましい

しかし、ヤシカTLエレクトロというのは決して褒められたものではない。その前のヤシカJシリーズはまず壊れているような代物だ。どういう訳かヤシカの一眼レフカメラはボディに恵まれなかった。本レンズはプラクチカマウントのレンズなのでペンタックスのカメラにでもつければパフォーマンスを発揮できるが、ヤシカのボディの信頼性の低さはヤシコン時代になっても重くのしかかるのだ。

前回がヤシカスナップという底辺のカメラだったので、今回は一眼レフカメラのレンズを楽しんでいただきたい。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

フジカ ST701

Dscn2104一時期ほどではないが、穏やかな暖かさでフィルムカメラのムーブメントは続いているようだ。なんでもアクロスの再販運動のようなことも起こっているらしく、できれば参戦したいところだが、既に虚無感の方が多い。

販売終了の延期はシングル8でもあったので、満更可能性がないわけではないだろう。

Dscn2107ムーブメントとは言っても旧世紀のクラシックカメラムーブメントと違うのは、あの頃はいかに他人と違うコーディネーションであるかを競っていた。ライカに8枚玉ズミクロンの方もいらっしゃったが、拙僧には関係の無い話で、もっぱら中古カメラ市で戦いになるのは聞いたことが無いブランドのプラクチカマウントのレンズだったりしたのだが、モダンな戦争を行う方々はジャンクですらスマートフォンで相場を見るのだ。だからという訳ではないのだが、値が上がっているのは特定のブランド、特定のモデルのみである。

そいう意味で、本カメラはブランドとしては忘れられているだろうな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

ニコン F50

Dscn6751最近、戦闘的シグマ解放運動に熱心な横須賀与太郎殿なのだ。ところが、どうも時折ニコンF70やF50といったニコンAF一眼レフカメラの中でもマイナーな機種名が登場したり添付画像に写り込んでいる。なので、ニコンF50のコンテンツを作ってみた。

ニコンF50はご存知の通り、当時のニコンのAF一眼レフカメラの底辺に位置するベーシッククラスのカメラである。外観や安っぽく、レリーズするとベコーンと緩慢な音がする。しかし、本カメラはペンタプリズムを搭載しDパターン速攻なのだ。「羊の皮をかぶったオオカミの子供」と言ったところだろうか。その分、価格も他社のロワークラスのライバルよりも若干高めの価格設定だったらしい。

しかし、やっぱり店頭で重要なのは見てくれだ。本カメラの操作系は特殊で合理的だがエキセントリックである。同じロワークラスのEOSキスに比べるとほぼボタンのみで構成したインターフェイスやゲームウォッチを彷彿としポジティブには受け取ることはできなかったんじゃないかな。

コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年10月28日 (土)

リコー リコーフレックスTLS401

Dscn6060「あれもしたい。これもしたい。もっとしたい。」と多感な青年(女性も含む)が渇望するのは当然である。しかし、それを実現するとなると相当な覚悟と気合とリスクを背負わなければならなかった。それがわかっているからこそ、ブルーハーツのヒロトの歌声は胸に響いたのである。

大抵の場合、人間は一つのことだけでもできたら大したもので、昭和だったらそれはサラリーマンを維持するということだった。それができなければ家庭を持つことなど到底不可能である。他にはせいぜい生活必需品を兼ねた四輪でドライブするとか、場合によっては絵や写真を趣味とするくらいだった。大の大人がアマチュアバンドを組んで小さな箱でライブをするとかシルクロードを単車でツーリングするとか、SF小説を書いたりマンガを描いたりして同人誌を発行するとか、そういうのは極めてまれで生活不適合者だと思われても不思議ではなかった。

Dscn6067ところが21世紀も17年も経つと「あれもこれも」なんでもできるようになってしまった。それを実現したのは言わずもがなテクノロジーであって概ね制御系とネットワーク(ネットワーキング)だ。拙僧などはインスタ映えなんていうのがどういうものなのか何となくは知っているが、何が楽しいのか全く分からない。そんな時間があれば単車を転がすとか他の事をする。しかし、スマートフォンとそのサプライヤーの組み合わせは西荻窪の焼き鳥屋の「ぼんじり」を撮影して画像を世界中に晒すことも出切れば、帰宅中の混雑した中央線の車内で自宅のクーラーのスイッチを入れることもできる。ヒートアイランドだのエコロジーだの節電などと言っても真夏の終電の中央線で関心を持ちたいのは冷えた自宅の部屋だけだ。

なんでもできる現在と違い、1970年代は2つの方向から被写体を見ることを可能にするのも難しかった。本カメラはウェストレベルファインダーとアイレベルファインダーを両立する稀な一眼レフカメラである。基本スペックはペンタックスSPに準ずるのだが異なる2つの事を実現したのだから大したものだろう。

もっとも、当時のテクノロジーでは限界があり大成功したとは言えなかった。しかし、これは半世紀近くも前に実現した2つの事なのである。今やバリアングル液晶ビュワーのデジカメが普通の世の中では、当時の方々の苦労はわかりづらいだろうな。それでも、本カメラを「時代のあだ花」だの「面白カメラ」扱いするのは拙僧は反対だ。両方のファインダーを器用に切り替える方は少なかっただろうが、ウェストレベルファインダーを貴重とするプロフェッショナルな方々にとっては代えがたいカメラだっただろう。

コンテンツもご覧下さい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

チノン CM-5

Dscn8779そんなにアクセス数を気にしているブログではないのだが、このところアクセス数が急落している。この3カ月間で2/3から1/2くらいになってしまった。週2の更新から週1の更新へと変更したときには、それほど大きく変化はなかったから、拙僧のブログかコンテンツの魅力が落ちたのだろう。あるいはYahooかGoogleの評価が落ちたのかもしれない。度重なる引っ越しでコンテンツの幽霊がさまよっている状態だから、検索エンジンの評価が落ちても仕方がないな。

Dscn8783そんな訳でチノンである。不思議とチノンのフォロワーの方々は多いようでチノンを取り上げるとアクセス数が上がるのだ。もっとも、一般的にはチノラーの趣味はコンパクトカメラにあり、あまり一眼レフカメラは興味がないかもしれない。実際、廉価なKマウントボディでしかないしな。

国内ではチノンはマイナーだが北米を中心に海外では知られた存在だ。もっとも、レビューとかシアーズとかアーガスなどのリングネームを使っている場合は多い。北米人は日本人よりカメラのブランドに対してドライだ。本カメラの登場した80年代には日本ブランドは一定の安定的な評価を受けている。北米では当時から通販が主流で、聞いたことがないブランドだが日本製のKマウントボディを抵抗なく買うというケースは少なくなかっただろう。

なので、本カメラをネット検索で調べた時には海外のサイトが多くヒットした。拙僧のいい加減な英語能力と断片的な日本人のコンテンツからまとめたものだが、コンテンツもご覧いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

KMZ ゼニット12XP

Dscn6613ゼニット12XPは1983年に登場したゼニット12の改良型であり、同年に登場している。主な改良点は指針式TTLが内蔵LEDにより適正露出を表示するようになった。これは上下二つの赤いLEDを使用するものである。上のLEDが点灯していればオーバー、下のLEDが点灯していればアンダーを意味し、両方のLEDライトが点滅すれば適正露出を意味する。露出計そのものがナーバスだし、一般的な3点LEDに比べるとだいぶ使いづらい。

ちなみにゼニット12SDとういうカメラも存在するのだが、Camera-wikiを読んでもゼニット12に何かしらの改修を行っているらしいのだが、よくわからない。ともかく、ゼニット12シリーズは1994年まで製造され10年近くのベストセラーとなった。

Dscn6614ゼニットはM39マウントで始まった。これは内径とネジピッチはライカLマウントと同じだがバックフォーカスが一眼レフカメラ用レンズなので大きく異なるもので、規格を作る際に「少しでも面倒なことはしたくない」というロシア人のダルさが聞こえてきそうである。主に流通しているものにゼニット3Mがある。

dscn6619ニコンFがニコンSPをベースにミラーボックスを組み込んだものだとすれば初代のゼニットやゼニットCはゾルキーにミラーボックスを組み込んだものである。これらはキュートなスタイリングで楽しいものだが、ソビエト連邦も見て楽しいカメラではなく売って楽しいカメラの製造に気にするようになった。

Dscn66221965年にゼニットEがプラクチカマウントで登場する。ちなみに西側で大ヒットとなったペンタックスSPはTTL式露出計で1964年の登場だ。これはM39時代のあか抜けないスタイリングから逸脱していないが、いくらかモダンになった。内容的にはシャッターダイヤルが非回転式になっている。ということはLマウントライカやその多くの仲間たちのようにM39マウントのゼニットはシャッターを切るとシャッターダイヤルが回転するものだった。これは大きな進歩だろう。しかし、それ以外は大した進歩はない。セレン式外部露出計だし手動絞りだしフィルムカウンターは手動リセットだしクイックリターンではなかった。後裔モデルでも手動リセットは変化せず、小さなミラーにより視野率は西側の感覚では信じられないほど狭かった。スローシャッターは概念がない。

1972年にゼニットEMが登場して、やっと自動絞りに対応するようになった。世代的にはニコマートELと同世代である。あまり西側の時間軸と照らし合わせても意味がないのだが。1977年になるとやっとゼニットTTLが登場する。1983年にゼニット12が登場する。これはゼニットTTLと基本的には同じもので指針式内蔵露出計カメラである。おそらく材質の廉価か工程の省略があったのだろう。同時期にLED式内蔵露出計の本カメラが登場しているのはよくわからないが上位機種という位置づけなのだろう。ペンタックスKMとペンタックスK2の違いのようなものか。

Dscn6629_3ゼニット12SDとゼニット12XPにはペンタ部を斜めに削ったスタイリングの変わったモデルが存在するが、あまり見かけることはない。ゼニット12SDの輸出版をゼニットゼニット12XPだとするコンテンツもあるのだ、ゼニット12SDは指針式露出計なので、それはないだろう。もっとも、当時の西側の人民に親しかったのはゼニット12SDの方だろう。双方にキリル文字のバージョンが存在する。

拙僧の個体は底部に明らかに後付けの蓋がしてあるが、ネットで見ると別の個体でも同様のようだ。ネットで調べたところでは指摘が無いのだが、これはフォトスナイパーの取り付け器具じゃないかと想像する。実際のフォトスナイパーに使われたのはゼニット122Sなのだが、どうせ中は同じようなものだろう。ゼニット12XPの2点LED式露出計が3点式露出計に進化したのがゼニット122だ。ゼニット122Sの底にはあからさまにレリーズボタンがあるので外観上は区別は容易だ。多分、生産分として本カメラがゼニット122Sより後なんじゃないかな。それにしても穴を埋めるくらいなら、穴のない底蓋を生産し続ければいいと思うのだが、共産主義的な合理化なのだろう。

Dscn6617ちなみに拙僧が手に入れた個体はメイヤーのオレストン50mmF1.8が付いたもので、もちろんレンズが目当てだった。価格は2000~3000円あたりで悩む余地はない。

それでオレストンは大当たりだったが、本カメラでもひとまず撮影はできた。

本カメラはそういうポジションのカメラだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧